1人サロンで月300万?あのエステサロンはどんな集客をしているのか?

1人サロンで月300万。しかも、地方のエステサロンのお話です。一体あのサロンは何をしているのか?以前配信したメールセミナーでも反響の大きかったテーマを、この記事でお伝えしていきます。

あなたの売上をさらに伸ばしていくヒントも、沢山隠れているハズですからね。

 

年末、「ネット対面コンサル」を行っていました。こちらは田村とネット上で直接ご相談にのったり、アドバイスを行うマンツーマン指導のサービスです。(不定期募集)

今回オーナーさんとは、移転オープンに関するご相談や、今後のサロンの方向性についてお話していたのですね。

数年前に僕のセミナーに参加頂き、その後もサポートさせて頂く機会があった方なのですが、

「現状、最高で月300万くらいになっています。」

との事でした。^^;

講座系などは一切やってないので、純粋なサロン売上です。技術売上メインで、1人でこの数字はスゴイですよね。では、こちらのオーナーさんは何をやっているのか?

先日、こちらのメールセミナーでご紹介したところ反響が大きかったので、改めて、少し突っ込んだ内容をお話します。

(ご本人は、追ってまた別記事にてご紹介させて頂く予定です。^^)

 

どんな集客を行っているのか?

まず、あなたも気になる集客に関して。今回のサロンの場合、集客の手段として、

  • ホットペッパー
  • チラシ(ピンポイントで折込)
  • ブログ(放置気味。笑)
  • ホームページ(ほぼ放置。笑)

という感じで行っています。後者2つは、現状さほど機能していないでしょう。(笑)

こちらのサロンの場合は、

  1. ホットペッパーで新規を安定させる。
  2. ピンポイントでチラシを数万部入れる。

この2つで、十分な新規が集まっています。チラシ作成自体はご自身で行っていますが、折込(新聞ではない)で数万部入れるので、コストもある程度はかかっています。

でも、「やっている事」そのものは、意外にシンプルだと思いませんか?ものすごい変化球は投げていない。むしろ、ど直球を投げています。

上記の取り組みは、あなたにもやろうと思えば出来る事です。

 

チラシを入れると数十件の戻りが見込める。

こちらのサロンでは、不定期にチラシを活用されています。3万部ほど入れれば、30件くらいの新規に繋がっているようです。

もちろん部数を増やせばさらに伸びるでしょうが、1人サロンですからね。十分な数字と言えます。費用対効果の面でも十分プラスです。

「出せば新規は増える。」

というモノを1つ持っているというのは強味ですよね。

 

新規来店数の平均はホットペッパーで維持できている。

チラシはピンポイントなので、普段の集客はホットペッパービューティーを活用されています。こちらも特に安く出しているワケではないのですが、新規数は安定しているそうです。

正しい運用方法も分かっているので、現状はさほど手間はかけていません。

 

媒体によって見せるメニューは変えている。

ここで大事なポイントとして、

「媒体によって見せるメニューは絞っている。」

という事です。こちらのサロンでは、チラシを出す時はあるメニューに絞って見せています。コレ、大切なのですが、意外にアドバイスしても出来る人は少ないです。

どうしても、

「アレも見せたい。コレも載せたい。」

という想いに負けてしまいます。

やはり、チラシも「出せばいい」というモノではなく、意図をもって活用する事で良い結果が得られるのですね。

ぜひ、あなたも次にチラシを作る時は、見せるメニューを絞って作ってみてください。

 

メニューの強化を常に考えていますか?

ここまで集客についてお話してきましたが、

「メニューを強化する」

という事は、とても重要です。今回ご紹介したサロンのオーナーさんも、

「夏場は繁忙期だけど、冬場の売上が落ちやすい。」

というメニューをメインに取り扱っていたのですね。そこでやはり、

「通年リピートされるメニューは何か?」

という事を常に考え、別メニューも導入されています。このように、「季節にどうしても左右される」というサロンは少なくありません。

その場合、

「売上が落ちる時期に、どうやって集客しよう?」

と考えるのではなく、

「今まで売上が落ちやすかった時期でも、関係なく通ってもらえるメニューを導入できないか?」

と考える方が得策なのです。もしくは、

「繁忙期の収益だけで、通年分の利益を上げる。」

という形を作るか?ですね。しかし後者は、やはり「サロン」という商売においてはハードルが高いように感じます。(不可能ではないですが。)

常にメニュー強化を考えること。メニュー構成を見つめ続ける事は、サロンオーナーにとって必須業務なのです。

 

リピートが命だと本当の意味で知っていますか?

先ほどのメニュー強化にも通じる話ですが、

「商売は結局、リピートが命」

という事が府に落ちているかどうか?これは、繁盛店とその他を分ける1つの大きな差になっていると感じます。

ハッキリ言ってしまえば、

繁盛店のオーナーほど「リピート」の事を考え、そうでないサロンオーナーほど「新規集客」の事を考えているのです。

 

集客が不要だとは言いません。サロンを続けていく上で、集客は常に重要です。しかし、

集客 < リピート

という構図を、忘れてはいけないのです。今回のオーナーさんも、

「一定期間で卒業されるメニューがメインになっているという課題」

に、しっかりと取り組まれています。

「どうやったら新規の方に、その後もずっと通い続けて頂けるのか?」

という事を、メニュー構成の部分から見直して対策されているのですね。

あなたのサロンでも、リピート強化に関してはしっかりと対策をしてください。もし、今のメニューそのものに問題があるなら、同じようにそこから見直すべきです。

 

まとめ|繁盛店には理由がある。

今回は、久しぶりにお話する機会のあったサロンオーナーさんを題材に(ごめんなさい。^^;)、

「繁盛サロンは実際、何をしているのか?」

というテーマでお話してきました。はじめに言った通り、

「ものスゴイ事をやっているワケではない。」

という事がお分かり頂けたハズです。とはいえ、やはり出来る事は常に考え、行動しているという事も伝わったかと思います。繁盛店には、やはりそれなりの理由があるのです。

可能な限りシンプルに言えば、

集客 ☓ リピート

の両軸で、サロンの商売は成り立っています。

今一度、この「ド真ん中の課題」を見つめ直してみましょう。あなたの課題は、どこにありますか?

まずは、紙に書き出してみる事から始めてみましょう!!

 

オススメ記事|個人・自宅サロン|集客手段の選び方と、オススメ集客7選

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!