サロン物販事例|物販0から月間17万まで伸びたサロン

こんにちは、田村聡です。僕はよく色んな場で、「物販はプロとして、やるべきです。」と、お伝えしています。今回は、物販が0の状態から月間17万まで伸びているサロンの事例をご紹介します。

技術売上は時間の「切り売り」

サロンというのは、キホン施術の商売。つまり、「時間の切り売り」なのですね。しかし、物販は違います。仕入れは発生しますが、時間と関係ない利益です。

しかもリピートされる商品であれば、次回からは勝手に売れていきます。

あなたにも、そんな収益があるといいですよね?

 

物販0から17万に。

今回ご紹介するサロンは9月のみで、「 物販売上 ¥174,720」となっているそうです。

 

物販が0だった事を思うと、だいぶ物販はお勧めできるようになったので、これからも物販にも力を入れていきたいです。

あと、施術はまだ単価が低いので、途中で止まっているメニュー作りと、新しいメニューを早く完成させて提供できるように練習します。

新しいメニューはメルマガ、アメブロ、ニュースレターなどで告知もしていきたいです。

大垣市 ハーブ蒸しサロン「YOSA PARK 潤葉」オーナー様

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-18-23-05-01

 

物販の間違った思い込み

もちろん、先にお話したように、物販には仕入れ代金が発生します。しかし、技術売上とは「質」が違う収益なのです。ある意味、天井がありません。そして多くの方が勘違いしているのは、

「物販」=「売り込む」

という意識です。コレ、思いっきり勘違いですからね。

【お客さまが欲しい結果に必要なら、100%提案する。】

これが、プロの仕事です。存在を知らせる、ご紹介するだけなのです。買う、買わないはお客さまの判断です。
しかし、提案すら出来ないのは、プロとは言えません。

サロンの物販に関しては、

サロンの物販を今日から伸ばす|誰でも出来るポイント7選

も、参考にしてください。

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!