異業種に学ぶ|誰でもできる、サロンの理想的な差別化とは?

こんにちは。田村です。

「サロンを差別化できないか?」

漠然と、こう考える方は多いと感じます。

しかし、差別化は1つ間違えると、「誰も興味をもたないモノ」になってしまいかねません。

では、サロンにおいての差別化を、どう考えるべきか?解き明かしていきましょう。

 

そもそも、サロンに差別化は必要なの?

これを言い始めると、根も葉もないのですが。差別化できるなら、やるに越したことはありません。

ただし、その差別化が、お客さまに求められるモノであること。

ここがズレてしまうと、1人よがりになってしまいます。極端な話、

「ウチの美容室は、待ち時間にラーメンが食べられます!!」

と言ったら、確かにオモシロイし、よそにはないサービスでしょう。

でも、お客さまが喜ぶのか?それを求めているのか?

これは別問題です。

ここまで極端な例は少ないですが、似たようなことをやってしまってる店は沢山あります。

 

ラーメン屋に学ぶ差別化とは? 

最近、地元に新しくラーメン屋さんがオープンしました。とても繁盛しています。

で、ココで出されているのが、「鶏塩ラーメン」なるもの。実際、食べに行きましたが、味はモチロン、店内も色んな工夫をされていました。

商品の見た目にも、かなりこだわってます。

 

ラーメン

 

何より、僕が住む徳島県は、「徳島ラーメン」なる豚骨しょうゆラーメンが主流。塩ラーメンの店なんて、思いつきません。

そんな中、やはりあっさり系の塩ラーメンというのは、目立ちます。お店も、女性客が入りやすい雰囲気。

やはり、女性同士の来店なども目につきました。他にもそういう店はありますが、まだまだ少ないのが現状なのです。

 

塩ラーメンは誰でも知ってる。でも、差別化できてる。

コレ、究極の差別化じゃないかなって感じました。

「皆が知らないモノを扱って、差別化する。」

これは、本当にムズカシイのです。だって、認知されていないから。

  • まず、何なのか?
  • 何が良いのか?
  • どんなメリットがあるのか?

説明することから始めなくてはいけません。

でも、皆が知ってる商品で、地域になかったモノなら。カンタンに差別化できてしまいます。

モチロン、後々は真似されるでしょうが。先行者利益はじゅうぶん。先にぶっちぎっておけば、2番手はいつまでも2番手です。

 

サロンの差別化は、どう考えればいい?

まず、テキトーな差別化なら、やらないこと。その上で、お話しますね。

たとえば、あなたがエステサロンを経営してるとします。同じ地域にも、エステサロンは沢山あるでしょう。

ならば、「1つのメニューに特化する」という方法があります。

同業はたくさんいる。でも、

  • フェイシャル専門店はない
  • 美脚づくり専門店はない
  • 顔脱毛をメインにしてる店はない。

など。何かのメニューやジャンルに絞るという手があります。他のメニューをなくす必要はありません。

シンプルに、「うたい文句を絞る」だけでも、差別化になります。

モチロン、あなたのサロンで自信があるメニュー、ジャンルにすることは前提。

これに関しては、「サロン集客が2倍になる!キャッチコピー作り8つのポイント」も、役立つハズですので、まだ読んでない方はチェックしておきましょう。

 

ラーメン屋から学べること。

ラーメン屋の話に戻すと、徳島には「ラーメン屋」は沢山あります。どこも、味は違います。

ただ、ジャンルで言うと、その多くが「徳島ラーメン」。もっと言えば、豚骨しょうゆベースのラーメン。

そこに、「鶏塩ラーメン」が現れたのです。

「あっさり系のラーメンも食べたい。」

というニーズを、見事に掴んでいるのですね。でもコレって、サロンにも応用できると思いませんか??

 

今までなかった雰囲気のサロンをつくる

余談です。これは経費もかかるので、難易度が上がりますが。これから出店する人のためにも、書いておきます。

僕が今から新たに出店するなら、「今、地域にない雰囲気のサロン」をつくります。

サロン移転した時も、ココはかなり意識しました。とにかく、よそとは外観も内装も違う。

「こんなサロン、はじめてです。」

と言われるサロンをつくる。シンプルですが、これも差別化の1つです。

 

【まとめ】あなたが想像する差別化は、必要ないかも?

差別化というコトバって、あいまいです。で、多くの方が想像する差別化(ブランディング的なモノ)は、必要ありません。ただ、地域のサロンとして、

「ウチは、コレが得意です!!」

と、打ち出すことは、良い結果につながります。何かに絞る、特化するということですね。

実はこれを続けることが、1番の差別化。ブランディングになります。

「フェイシャルなら、あのサロンがいいよ。」

「縮毛矯正なら、あそこが1番上手いよ。」

「ヘッドマッサージなら、あの店があるよ。」

と言われ始めれば、口コミも起きやすくなりますよね? 今回はラーメン屋の話でしたが、カフェなんかでも、

「フレンチトーストが人気のカフェ」

「デカ盛りパフェが人気のカフェ」

など、飲食店ではよく使われている手段なのです。ぜひ、あなたのサロンにも取り入れてみてくださいね。

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!