美容室・エステサロンの、Facebookページを使った集客

「Facebookで集客できる!」 あなたも、このような声をどこかで聞いたことがあるでしょう。これは半分真実であり、半分間違いです。

Facebook自体は、たしかに美容室やエステ、治療院といった店舗の集客に活用できる場合もあります。

でも下手をすれば、全くの逆効果となる可能性もある諸刃の剣。そんなFacebookの活用について、活用方法や注意点をご紹介します。

 

そもそもFacebookは集客に不向き?

そもそも、Facebook自体は、SNS(ソーシャル・ネットワークサービス)の1つ。そして、SNSとは人々が交流を楽しむ場と言えます。

交流を楽しむ場で、ドンドン自社の宣伝をしても嫌われるのがオチです。

「Facebookで友達5000人にして、いいね!を増やして成功しよう!」

みたいな集団が一時期いましたが、そんな事をしても何の意味もありません。お店としてFacebookを活用するのであれば、それなりの準備とルールが必要です。

美容室やエステといったお店で集客を考える場合、個人のアカウントとは別に、Facebookページを用意するのが良いでしょう。

次章から、詳しくお伝えしていきます。

 

Facebookページとは?

Facebookページとは・・・

企業や著名人、アーティストやブランド、コミュニティなどが、ユーザーとの交流のために作成・公開したページを「Facebookページ」と呼ぶ。 Facebookページの「いいね!」を押してファンになると、そのFacebookページに関する情報をホーム画面で読めるようになる。

つまり、Facebookページとは、ファンサイトのような役割を担っています。「田村聡」のような個人アカウントとは別モノです。

個人アカウントでは「友達」として繋がりますが、Facebookページのアカウントでは、そのページに対する「ファン」としての繋がりとなります。

Facebookページの作成は、ご自身のFacebookホーム画面、左サイドバーにある、

「Facebookページを作成」

から、カンタンに作る事ができます。必要な情報を順に入力していくだけなので、今スグ作っておきましょう。

 

お店がFacebookページを活用するには?

サロンなどのお店がFacebookページを活用するには、大きく2つのパターンがあります。

  1. Facebook広告を使って拡散する。
  2. 個人アカウントでFacebookページの投稿をシェアして、拡散する。

1は有料広告です。おおよそ1日千円前後から出稿でき、低予算での出稿も可能となっています。Facebook広告の詳細については、改めて後述することにします。2に関しては、

  • Facebookページで自社のホームページ情報やキャンペーン情報を投稿。
  • その投稿を、スタッフの個人アカウントでシェアして拡散する。

という流れになります。Facebookページ単体では、はじめの内は拡散力はほとんどありません。ページに「いいね!」の数が増えてくれば、その分、多くの人の目に触れることになります。

ですから、Facebookページで投稿した記事を、さらに個人アカウントでシェアするという、ひと手間が必要となります。

 

普段の投稿によってはウザい存在に?

前章で紹介した、2のパターン、

「個人アカウントでFacebookページの投稿をシェアして拡散する。」

この行動は無料で出来ますので、継続的にやっていくといいでしょう。ただし、普段の個人アカウントで、ほとんど投稿していない方は、

「なんか宣伝っぽいのばかりでウザいな。」

と感じられてしまう可能性が高いです。普段から商売とは関係なく、Facebookで発信や交流を楽しんでいるという事が前提となりますので、ご注意下さい。

また、あなたの個人アカウントで見込客との繋がりが全くない場合。上記の方法でも拡散は小さいものとなってしまいます。

Facebook広告に関しては、言うまでもなく有料となります。まだまだ成功事例も少ないのが現状なので、実験的な導入がオススメです。

 

Facebook単体ではなく、他のメディアとの連携が重要。

Facebookページを活用する時。単体ではあまり役に立ちません。情報を発信していくには、その発信元。例えばホームページやブログといった、別の媒体が必要です。たとえば、

  1. ブログでキャンペーン情報を更新
  2. Facebookページで1の記事をシェア
  3. Facebookの個人アカウントで、2の投稿をシェア

というような、流れが必要となります。Facebookのみで成り立つのではなく、他の自社メディアが必要だということです。

メディア同士を連携させるという事が、ここでは重要になってきます。

 

まとめ

ここまで順を追ってお話してきましたが、実際にやってみると、Facebookページの運用はカンタンです。ただし、間違った使い方をしてしまうと、誤解を生む原因にもなります。

自社メディアを用意した上で、計画的に取り組むのが好ましいでしょう。とはいえ、Facebookページの活用は前章でご紹介した通り、

  1. ブログでキャンペーン情報を更新
  2. Facebookページで1の記事をシェア
  3. Facebookの個人アカウントで、2の投稿をシェア

という、たった3ステップです。また、広告を活用することで、上手く集客につながる場合もあります。時には起爆剤のような効果を生み出した事例も。

 

実際、自社サロンでFacebook広告を1ヶ月のみ取り入れた際、

「新規予約数が平均の2倍近くに増加した。」

という事がありました。ただし短期的に取り組んだモノで、年間を通して出稿してもそれほどの効果は見込めないでしょう。メインの集客手段ではなく、あくまでサブ的な扱いにはなります。

Facebook広告に関してはまだまだ成功事例が少なく、誰にでもオススメはできません。もし、Facebook広告をお考えの方は、実験的に導入してください。

Facebookページ自体は、無料で運用が可能です。興味のある方は、早速Facebookページを作成して、実験してみて下さいね。

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA