美容室を開業する前に「これだけは知っておきたい」ポイント7選

こんにちは。田村です。美容室の開業ラッシュは、まだまだ続いていますね。もうしばらくは、増加傾向が続くようです。

今回は、美容室の開業前に知っておきたいこと。知らないとソンするポイントなどを、7つにまとめました。

ちなみに、エステやネイルなど、他のサロンにも共通することが沢山あります。^^

 

資金繰り|日本政策金融公庫とは?

まず、多くの方がはじめに考えるのが、資金繰りについてですね。

自己資金でまかなえるなら、それに越したことはないですが。そうでない場合も多々あるでしょう。

美容室などのサロン開業において融資を受ける場合は、日本政策金融公庫の利用がオススメです。

日本政策金融公庫での創業融資については、

日本政策金融公庫の融資|審査に通るポイントまとめ

を、参考になさってください。

融資を受ける、サロン側の目線で書いています。^^

 

そもそも、美容室やサロンの開業資金はいくらかかるのか?

これはホント、一概には言えませんが。一般によく目にする開業資金は、高すぎる気がします。

たとえば美容室なんかでは、1人や2人で運営するサロンなのに、1千万とか・・・ちょっとかけ過ぎではないかと。^^;

モチロン、資金が潤沢にある場合は、それでいいのですが。多くの場合、そうではないですよね?

 

サロン開業にかかる費用は、ザックリ下記に別れます。

  • 物件取得費(保証金や仲介料など)
  • 改装費用
  • 設備費(シャンプー台や機材など)
  • 材料費(初期に必要なモノ)
  • 商品
  • 店舗家具、什器
  • その他備品
  • 広告費(チラシやweb制作など)
  • 販促物の作成費(カード類など)

物件取得は、都内なんかの好立地なら当然、高額になってくるでしょうし、ピンキリではあります。

 

しかし、その他のモノは、かなり調整できるのです。

高いモノで揃えれば、たしかに小さなサロンでも1千万くらいにはなる。

でも正直、美容室で1人サロンなら300万くらいから開業可能です。

500万あれば、かなり良いサロンが出来ますね。

もちろん、1千万かければ、好き放題できますが。(笑)

 

ただ、そのお金、結局あなたが返すんですよ??

まぁ、条件次第では、美容室でも100万くらいで出来る場合もあります。

高額な機材が必要ない業種のサロンなら、もっと安くできるかもしれませんね。

たとえばリラクゼーションサロンや、機器を使わないエステ、まつエク、ネイルサロンなどは、けっこう安価にオープンできる業種です。

 

内装の改装費って、そんな高くないです。

カベをつくるとか、その物件の構造自体をイジる場合は別ですが。

ふつうに壁紙や床、天井の張替えって、意外と安いです。(素材にもよりますが)

おおよそですが、20坪のサロン全体の床、壁紙を全部やりかえても、30万くらいで収まったりします。

照明関係を全部イジっても、プラス10万〜くらい。水道配管は少し高いですが、それでも15万〜という感じ。

意外と、改装費って、高くないんですよ。

 

保証金は信用度で変化する。

物件取得の時、保証金ってありますよね?店舗の場合、やたら高い物件もあります。

実はアレ、あなたの信用度で変化します。

「Aさんなら、10ヶ月分だけど、Bさんなら2ヶ月分でいいよ。」

みたいな世界ですね。ただし、はじめての開業の場合は、基本的に信用ゼロと思ってください。

これは、仕方のないことです。^^;

そういう意味では、はじめにお世話になった不動産屋さんと、良いカンケイを保っておく事は大切ですね。

 

機材の値段はけっこう値切れる。

たとえば美容室御用達のメーカーT社なんかは、

「割引はありません。」

の一辺倒だったりします。でも実際は、定価の2割ていど、割り引くことが出来るハズなんです。

実際、やってる業者はやってますしね。交渉次第です。ただし、マックス2割のようですね。

 

物件はとにかく数見るべし!

物件選びは、1番楽しくも、1番タイヘンです。とにかく、時間がかかります。

まずは、色んな不動産屋を回って、数見ていきましょう。

そうすると、そのエリアの相場が見えてきます。また、自宅選びと同じで、

  • 予算(いくらまで)
  • 絶対条件(駐車場付きなど)
  • 譲れる条件(広さなど)

などを決めておくと、物件も見やすいです。

また、不動産屋さんとキチンと関係を作っておけば、希望の物件が出た場合に連絡をもらえます。

不動産屋さんとは、仲良くしておきましょう。^^

 

立地 VS 家賃

立地と家賃の関係は、ご理解いただけると思います。

駅近など有利な物件ほど、家賃も高くなってしまいますよね?

これは予算の関係もありますが、基本的には、立地優先をオススメします。

「支払えるかどうか、かなり怪しい・・・」

みたいな物件は、さすがにオススメできませんが。^^;

 

いくら家賃が安くても、集客に不利になるのは大きな「マイナスポイント」です。

たとえば,

  • 物件A 家賃8万円
  • 物件B 家賃12万円

その差は1,5倍ですが、客単1万なら、月4人の集客で埋まる範囲。客単2万なら、たった2人です。

それ以上の集客差が立地で生まれるなら、高くても物件Aが有利といえます。

 

「大通りに面していれば良い物件」というワケではない!

歩行者の多い都心部ではべつの話ですが、

車社会のエリアでは、大通り沿いが正解というワケではありません。

  • 車で立ち寄りやすいかどうか?
  • 中央分離帯なんどが邪魔にならないか?
  • 駐車場に停めやすいか?

みたいな部分が重要ポイントとなってきますので、注意してください。

 

店舗デザインは、とにかく数を見ておく

本屋さんに行けば、店舗デザインやインテリアデザインの本は、数えきれないほどあります。

ネットで検索しても、沢山出てきますよね?多くの情報を見ながら、あなたのサロンのイメージを膨らませていきましょう。

デザインナーを入れない場合なら、

「壁紙はコレ。床はコレで、照明は・・・」

と、全てあなたが決める必要があります。

ココはもう、大量の情報を仕入れておきましょう。

色んなサロンに行ってみるのも、良いですね。^^

 

田村が今からサロンを出店するなら・・・

もし、僕が今から新たにサロン出店するなら、

地域には無いサロンづくり

を、徹底します。2コ目のサロンもそうでしたが。

次に作るなら、もっともっと突き抜けたコンセプトにしますね。

これは趣味の問題もありますが、

こんなサロン、見たことないです。

そう言わせただけで、ある意味、差別化と口コミの元になりますから。

 

開業スケジュール

サロン開業には、スケジュールの組み立てがとても大切です。

「いつオープンするのか?」

まずはココを決めて、逆算していくのが良いでしょう。たとえば、オープン予定が7月1日であれば、

  • 6月20日 プレオープン
  • 6月3日 什器、備品の搬入
  • 6月1日 改装工事完了
  • 5月3日 改装着工
  • 5月2日 オープン予告開始
  • 5月1日 物件取得

のように、はじめはザックリでいいので、スケジュールを組んでいきましょう。

往々にして、想定よりも時間がかかったり、工期がズレ込んだりというのは、よくあることです。

余裕を持ったスケジュールで動きつつ、業者には納期の確認などをこまめに行いましょう。

 

居抜き物件って、別に得じゃないですよ?

よく、美容室の居抜き物件とか、エステやネイルの居抜き物件ってありますね。アレ、そんなに得じゃない場合が多いです。

たまたま、自分が気に入った立地。しかも気に入った内装なら、お得に感じるかもしれません。

でも、居抜きはけっこう、改装が必要なんですよ・・・。

考えてみてください。前に、同じ業種のサロンがあったのです。内装そのまま・・・雰囲気もそのまま・・・

そんなサロン、行きたいですか??

あと、美容室の場合は、水回りとかボイラーに問題が出てくる場合がよくあります。

こういう点でも、居抜き物件いは気をつけた方がいいですね。

 

開業前から、いかに予告できるか?が勝負。

「開業さえすれば、何とかなる。」

コレは確実に、痛い目を見ます。実際に開業してしまえば、毎月の固定費が発生しますからね。

美容室に限らず、サロンの開業は、

いかにスタートダッシュできるか?

です。というのも、開業初期の方が集客しやすいのです。キャンペーンも打ちやすいですしね。

広告宣伝は、開業前から行いましょう。2ヶ月、3ヶ月前から予告する必要があります。

 

たとえば、「貝塚市のネイルサロン テテさん」とか、「滋賀のまつエクサロン エミリーさん」は、これがシッカリできていたので、オープンしてスグ、繁盛サロン状態です。

いかに事前予告できるか?

ココ次第で、オープン後3ヶ月の売上は決まります。

 

必要な売上をデザインする。

モチロン、事業をはじめるのですから、計画は必要です。僕は、

売上はデザインするモノ

って考えています。実際、売上はデザインできもの。デザインすべきものです。なんとな〜く考えた、

「これくらいの売上はいくでしょ。」

という計画は、なんとな〜く頓挫します。(笑)まさに、ヘアデザインと同じなのですね。ボンヤリしたイメージで、良いデザインは生まれません。

 

  • 何で集客するのか?
  • オープン予告は十分か?
  • リピート対策は万全か?
  • どのような計画で売上を伸ばしていくのか?

 

もちろん、はじめから100%の準備は不可能です。でも、出来ることはやっておく。どうせ、後からやることになるのですから。

 

まとめ|美容室やサロンの開業は誰でもできる。

サロンの開業そのものは、誰にでもできます。

大切なのは、開業を夢やゴールにしないこと。サロンの開業は、スタート地点にすぎません。

また、いくら計画しても、計画通りには進みません。(計画がムダという意味ではありません。)

ただし、本日ご紹介した内容は、覚えておいてください。全くの無計画では、グダグダな開業となり、開業3ヶ月後に慌てることになりかねません。

 

  • 開業に必要な資金を把握する
  • 開業に必要な資金を準備する
  • 店舗イメージをハッキリさせる
  • 開業スケジュールを組む
  • 立地条件を考え、候補を選ぶ
  • 候補の中から物件を選ぶ
  • オープン予告を徹底する
  • 売上をオープン前からデザインする

こういったポイントを、スケジュールに沿って進めていくことで、あなたのサロン開業はスムーズに進むでしょう。

サロン開業の際は、ぜひ、この記事をもう一度読み返してみてください。^^

 

参考記事|

日本政策金融公庫の融資|審査に通るポイントまとめ

 

関連記事|

美容室のチラシ反応率が2倍になる|7つのポイント

毎月200人の新規集客に成功して、潰れた美容室

美容室のDM反応率を2倍にする超カンタンなコツ

美容室・エステサロンの集客できるホームページとは?

美容室のホットペッパー集客事例|前年比120万アップ

 

 

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!