初の100万達成|実例から考える美容室の集客

こんにちは。田村聡です。僕は2009年に美容室を開業していますので、ヘアサロンさんへのアドバイスも多く行なっています。こういったネットを通した活動に限らず、地元のつながりでご相談いただくことも多い業種なのですね。

今回は、「初の100万突破」となった美容室の実例と共に、美容室の集客についてお伝えします。

 

初めての100万達成

まずは、愛知県の美容室オーナーからいただいたご報告。

田村さん、お世話になっております。

田村さんのおかげで初めて売上100万円と達成することができました。

愛知県 美容室「SOLECIA」オーナー様

すでに集客の手段はお持ちでしたので、割と早い段階での100万達成となりました。今後のさらなる成長が楽しみですね。^^

 

美容室の集客は何がいい?

今回ご紹介したサロンさんも使っていますが、経費をかけていい場合、やはり「ホットペッパービューティー」は未だ強いです。

地域によってプランによる強弱はありますが、

「多少の経費をかけてもいいから、集客力を上げたい!」

という美容室なら、まず使ってソンはないのではないでしょうか?

 

関連記事|美容室の集客にとって、ホットペッパーは最強?それとも諸刃の剣?

 

ホットペッパー「以外の」選択

とはいえ、ホットペッパービューティーの掲載には毎月の固定費がかかる。特に都心部などでは高額になりやすく、

「ウチにはちょっとリスクが高い・・・」

と判断される方も沢山おられるでしょう。モチロン、「ホットペッッパー、一択」というワケではありません。

個人・自宅サロン|集客手段の選び方と、オススメ集客7選

でも詳しくお話していますが、

  • チラシ
  • ブログ
  • ホームページ
  • 地域情報誌
  • SNS

などなど。他にも美容室の集客手段は色々とあります。

 

そもそも「ここに美容室がある」と知らない

これは美容室に限った話ではありませんが、そもそも、

「ここに、こんな美容室がある。」

という事を知ってもらわないことには、始まりません。知らない店を選びようがないのです。これはセミナーなんかでもよくお話しますが、

多くの方は「あなたのサロンの存在」を知らないのです。

僕も最初に開業した1人サロンは5年同じ場所で営業していましたが、何年経っても、

「こんなところに美容室ができていたんですねー。」

といった声を、ご新規様からうかがったモノです。普通に、交通量のある通りに面した店にも関わらず・・・。

しかし、あなたも似たような経験はあるハズ。

「こんな場所に洋食屋さんあったんだー。」

なんてことはザラにあります。一切広報してない店であれば、なおのことです。つまり、

「知ってもらう努力はしているか?」

という点は、常に、何年経っても考えるべきですし、そのために行動すべきなのですね。

 

集客とはキッカケ作り

とはいえ、「存在を知ってもらっただけ」では、やはり来店にまで繋がりません。

よほど「入ってみたい」と思わせる店構えやPOP、看板の工夫でもないと、「通りがかりの人がドンドン来店される」なんて美容室にはならないでしょう。

その「キッカケ作り」こそが、「集客」なのです。

 

浮気したくなる?

単に、

「ここに美容室がありますよー。」

と広報しても、すでに普通の人には通っているサロンがあります。つまり、あなたにとっての新規客は、他のサロンからの「浮気客」とも言えるのです。

あなたのサロンには、「浮気」を誘う理由や魅力がありますか?

先ほどもお話した通り、集客はキッカケ作りです。男女で言えば、「出会いの場をどう作るか?」という問題。

ただし、ここをクリアしても、あなたのサロンに魅力がなければ、

「1度、行ってみようかしら。」

とはなりません。ココでやってはいけないのが、

「ウチはお子様から高齢の方まで、幅広い客層に支持されています!!」

みたいな打ち出しを行うこと・・・。コレ、何の魅力も感じません。そうではなく、

憧れの外国人風グレージュならお任せください!!

と言うべきなのです。

「ピンポイントに向けてメッセージを発信する。」

これが、最も重要なのですね。

 

美容室の集客はカンタン?

ちょっと難しい話もしましたが、実は美容室の集客って、他のサロン業種に比べてカンタンです。確かにヘアサロンは飽和状態。競合もひしめき合っています。

しかし、「髪はみんなカットする」のです。

  • 美容室に使う予算が下がった。
  • 来店周期が昔より伸びている。
  • パーマ比率が業界全体、伸びていない。
  • 低価格戦略サロンの増加

など、挙げようとと思えばネガティブ要素はいくらでもあります。

 

でも、

「しっかりと自サロンの強みを磨いて打ち出す。発信する。」

ココがしっかりと出来れば、間違いなくまだまだ集客できます。あなたの地域には、どれくらいの人が住んでいますか?

僕が最初に開業したエリアなんて、町人口3万人とかいうレベルですよ?(笑)

集客そのものは、手段をしっかり打てば大丈夫。」それよりも、リピート強化の徹底を念頭におきましょう。

 

関連記事|美容室のDM反応率を2倍にする 超カンタンなコツ

 

でも・・・

「そうは言っても、何で発信していけばいいのか・・・」

という方は、

個人・自宅サロン|集客手段の選び方と、オススメ集客7選

を、参考にしてみてください。きっと、あなたの美容室集客の参考にあるハズです。

 

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!