あなたがサロン経営を続ける上で、不動産屋との関係は大切です。

サロン経営と切っても切れないのが、実は不動産屋さんです。

  • テナント出店時
  • 店舗の拡大時

など、必ずお世話になります。あなたがこの先、10年20年とサロン経営を続けていくなら、

「不動産屋とのカンケイ」

は、とても重要になります。

保証金は信用度で変化する。

コレ、衝撃の事実なのですが、保証金ってあなたの信用度で変わります。

物件取得の時、保証金ってありますよね?店舗の場合、やたら高い物件もあります。

実はアレ、あなたの信用度で変化します。

「Aさんなら、10ヶ月分だけど、Bさんなら2ヶ月分でいいよ。」

みたいな世界ですね。ただし、はじめての開業の場合は、基本的に信用ゼロと思ってください。

これは、仕方のないことです。^^;

そういう意味では、はじめにお世話になった不動産屋さんと、良いカンケイを保っておく事は大切ですね。

美容室を開業する前に「これだけは知っておきたい」ポイント7選」より抜粋

 

同じ不動産屋と長くお付き合いする。

意外と意識してる方、少ないと思うんですが。端的にいうと、

不動産屋さんとシッカリお付き合いしておけば、後々良いことがあります。

今は、あなたも考えていないかもしれませんが、この先10年、20年の間に、

  • 移転を考えたり
  • 拡大を考えたり
  • 新規出店を考えたり

という場面が、でてくる可能性は高いです。

そんな時、はじめにお世話になった不動産屋との関係を良好に続けておけば、良い情報をもらえる可能性が高まります。

 

本当に良い情報は、公開前に取得されている。

新築テナントの案件なんかは特にそう。人気物件も、この類に入るでしょうね。

世の中には、

○月頃に、○○町のあの辺りに、○○坪くらいの新築テナントを建設予定なんだけど。

今のところ入居は決まってないから、もしあなたのところが入ってくれるなら、いろいろ交渉もするよ。

新築だから外観も内観も好きなようにできるし。どう??

みたいな話が、けっこうあります。

でも、こういう情報って公開されません。

なぜなら、こういうパターンの場合、家主さんが担当の不動産屋さんに、

こういうの建てたいんだけど、どこか入ってくれそうな、いい人いない?」

という感じで、先に話をふるのです。

 

家主さんも新築なんかは当然、慎重なので、

全く知らない人 < 不動産屋がオススメする人

という図式になります。

考えてみれば、当たり前の話なのです。こういう時に、

「こんな物件でますけど、どうですか?」

と、話を振ってもらえる存在になっておけば、トクなのですね。

 

まとめ|不動産屋さんとは仲良くしておきましょう。

いろいろお話しましたが、カンタンに言ってしまえば、

「不動産屋さんとは仲良くしておきましょう。」

ということです。

何かあった時、不動産に関していえば、頼れるのは不動産屋です。

そして、サロン経営を長く続けていけば、何かとお世話になることも多いもの。

「用もないのに頻繁に会う。」

という事はないでしょうが、今後のためにも意識しておきましょう。

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!