異業種から学ぶサロン経営|リピートせざるを得ない飲食店

こんにちは、田村です。誰しも、いわゆる「行きつけの店」ってありますよね?

僕にもいくつかあるんですが、中でも、とある「とんかつ屋」さんが、

もはやリピートせざるを得ないレベル

に達しています。そのワケとは・・・

とんかつ屋でうどん?

元々、とんかつ自体はすごく美味しい店。

まぁ、これは前提条件です。

で、この店にはサラダバーがあるんですが、以前たまたま、

「サラダうどん」

が、その中にありました。うどん好きの2歳の娘は、こればっかり食べることに。^^;

 

たまたま存在したうどん・・・

で、次に行ったら、このサラダうどんはありませんでした。

聞いてみたところ、前回はたまたま、グループ店のうどん屋から余った食材として入っていたようで。

普段はない、特別メニューだったのだそうです。

まぁ、とんかつ食べに行ってるので、特に気にもしませんでしたが。

 

コレ、代わりと言ってはなんですが?

サラダうどんは無いものの、普通に食事を終える頃、

「コレ、うどんの代わりと言ってはなんですが・・・」

 

IMG_4767

 

なんとサービスで、デザートプレートが現れました。

そこには、

「うどんなくてごめんね。」

のメッセージ。(笑)

笑いと書きましたが、感動のサービスです。

 

次に行ったら、何も言わずに・・・

その次の回。ランチに伺ったんですが、注文したメニューと一緒に、

「コレ、よかったらどうぞ〜。」

って別皿でサラダうどんが出てきました。素晴らしすぎるサービス!!

 

高級店でも何でもない。

ちなみにこのとんかつ屋さん、高級店でもなんでもありません。

ランチなら、千円ほどで食べられるお店。

しかし、知り得る限り、味はピカイチ。そして、このサービス精神。

リピートしない理由がありません。

 

「特別扱いされてる。」と感じる重要性。

まぁ、僕らは確かに常連客ではあるんでしょうが、月に1回も行かない時だってあります。

よく行っても、月に2回くらいかな?

でも、こんなサービスを受けると、「特別扱いされてるかも?」って感じてしまう。

実際は、皆に同じようにキメ細かいサービスを心がけられているんでしょう。

でも、こういうパーソナルな対応を受けると、やはり特別感を感じるものです。

 

個人サロンの “強味” は、ある意味ココしかない!

個人サロンって、多くの点で、大型サロンに敵いません。でも、

パーソナルな対応ができる。」

この1点では、必ず勝つことができます。

1人サロンなんかだと、担当するのもあなた1人。

お客さま一人一人の好みやクセ、ポイントを網羅しやすい上に、ミスも生じづらい。

これを、最大限活かすべきです。

 

どうやって対応力を高める?

こうしたパーソナルな対応力を磨いていく。カンタンな一歩としては、

「カルテ記入の徹底と活用」

ですね。施術内容や購入履歴だけでなく、会話から汲みとった小さな情報。たとえば、

  • 家族構成は?
  • 休みの日は何してる?
  • 趣味は何?
  • 最近ハマってるものは?

みたいな内容も、記録しておけば後々役立ちます。

まずは、難しく考えずにココから始めてみましょう!

 

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!