1000円で、1200円の価値を提供できたらアナタの商売は成功する。

こんにちは。田村です。先日、商売のキホンについて、すごく分かりやすいお話を耳にしました。

僕がお伝えしたい「リピート」や「価格<価値」の話って、カンタンに言えば、こういう事です。

あなたの商売も、これさえ出来れば必ず成功します。

 

何でリピートが決まるのか?

先日、こんなお話をされている方がいました。

1000円で、1100円の価値が提供できれば、そのお客さまはリピーターになる。

1000円で、1200円の価値が提供できるなら、そのお客さまは、もう1人お客さまを連れてきてくれる。

リピートって、そういう「価値の積み重ね」で、増えていくんじゃないかな。

もう、「おっしゃるとおり!」と、心の中で叫んでしまいましたね。(笑)

 

つまり、コレだけでアナタの商売は成功する。

サロン経営も商売の1つ。そして、商売は、

1000円で、1200円の価値を提供できれば成功する。

という、シンプルなものです。

あなたがサロンのメニューにいくらの価格をつけようが、

「それ以上の価値がある!」

と、お客さまが感じるのであれば、どんどんリピーターになっていきます。

 

サロンオーナーの前に現れる落とし穴

では、一生懸命、技術やサービスを提供すればドンドンお客さまは増えるのか?

実はココに、大きな落とし穴があります。

サロンオーナーには、技術者的な考えが強い人が多いのも事実です。つまり、

「良いものを提供している自信はある。」

という方は、けっこう多いのですね。でも、集客なんかには苦労している。

その理由は、こんな落とし穴が存在するからです。

あなたは、落とし穴に落っこちないように注意してくださいね。

 

落とし穴1|価値を伝えられていない。

そもそも、どんなに価値がある技術やサービスでも、

その価値を100%伝えるという努力。

コレが必要です。サロンに来店されたお客さまはモチロン、まだサロンに来店された事がない方に対しても、その価値を伝えること。

この視点が抜けていると、上手くいきません。

 

落とし穴2|集客は別モノと知らない。

サロンに限った話ではありませんが、「技術やサービスの向上」と「集客」は別モノです。

「技術やサービスの向上さえ頑張っていれば、いつか報われる。」

というのは、残念ながら多くの場合は幻想です。

提供する価値の向上は、ただの前提条件。

集客は別モノとして、しっかり対策する必要がありますし、そこには戦略も必要です。

 

落とし穴3|提供している価値が、他と大差ない。

これは、今こうして書いていても、ちょっと胸が苦しくなる話なのですが・・・。

本人にはその価値に自信があっても、お客さまは大差を感じていない場合が多々あります。

ハッキリ言ってしまえば、これでは自己満足の世界です。

 

上手くいってる人は、「演出も価値」だと分かっている。

サロン経営において上手くいっている人は、演出も上手い人だと言えます。つまり、

演出も価値をつくる1つの要素

という事が、身にしみて分かっているのです。

演出って、いろんな要素がありますが、

  • サロンの雰囲気
  • スタッフの服装
  • メニューの名前
  • 技術の魅せ方
  • 立ち居振る舞い
  • サロンのコンセプト

など、ありとあらゆる場面で、違いを生み出します。

そういった部分にもこだわる意識があるからこそ、成功しているサロンオーナーって、

「そんな所にこだわるの?」

といった一面を持ってる方が多いのですね。

 

まとめ

まずは前提として、価格以上の価値を提供すること。よく言ってますが、

価格<価値

にさえなっていれば(お客さまがそう感じているなら)、価格はいくらでも構いません。

ただし、その価値を100%伝える努力をすること。

意外と、ここでソンしているサロンさんは多いのです。

「1000円で、1200円の価値を提供し続ける。」

これさえ出来れば、あなたの商売も必ず成功します。

そのための準備を、今スグ始めましょう!

 

関連記事|

価値をシッカリ伝える手段の1つが、キャッチコピーです。「サロン集客が2倍になる!キャッチコピー作り8つのポイント

価格に対する思い込みは、下記の記事で外れるかもしれません。

サロンの客単価を上げるには?3ヶ月で実現する具体的な対策

サロンの 失敗しない 値上げ戦略|成功したサロンのヒミツ

 

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!