初の60万突破|実例から考えるネイルサロン集客のコツ

こんにちは。田村聡です。僕が運営している「繁盛サロン養成スクール」「ホットペッパー攻略塾」では、いろんな業種のサロンオーナーさんが頑張っています。

今回は個人のネイルサロンで、「初の60万突破!」となったサロンさんをご紹介します。

今年の夏に新たに開講したスクールですが、メンバーさんの業種は様々です。

エステやネイルサロンはもちろん。美容室、整体、リラクゼーションサロン。また、アロマ系やよもぎ蒸し、フットケアサロンなどなど。すでにいろんな業種で、成果が出始めている状態なのですね。

先日も、ネイルサロンさんから嬉しい月報が届いていました。^^

技術売上 ¥599084

単価 ¥9821

物販 ¥4104

客数 61人

新規 6人

総売上 ¥603188

新記録です!単価も一番高かったです。

「初の60万超え!」となり、次は80万。そして100万を目指していく段階です。

 

ネイルサロンの集客に必要なモノとは?

ネイルサロンの集客を考えた時、多くの方が出来ていないのが、

「どういった部分に特化するのか?」

という、コンセプト。少し失礼な言い方ですが、一般のユーザーから見れば、どのサロンも違いが見えないのです。

もちろん、取り扱っているメニューには、どれも自信があるでしょうが、

「うちはコレが得意です!」

というモノを前面に打ち出すだけでも、他社との違いを見せることは出来ます。「ヨソには無いメニュー」である必要はないのです。

 

どんな手段で集客するのか?

これは色んなところでお話していますが、重要ですので何度でも言います。

「集客の第一段階は知ってもらう事。」

多くのサロンが集客に苦戦するのは、そもそも認知度が足りないからです。何も、全国に知れ渡る必要はありません。

「あなたのサロンに通ってくれるエリア内の人」

で、

「ネイル等に興味がある。美容に関心がある人」

に知ってもらえばいいのです。手段は色々とありますが、最もメジャーなところでは「ホットペッパービューティー」がありますね。

コスト面で不安がある場合は、チラシから始めてもいいでしょうし、ブログなどのウェブメディアを活用するのもいいでしょう。

関連記事|

個人・自宅サロン|集客手段の選び方と、オススメ集客7選

ホットペッパービューティーでサロン集客するポイント

 

どこで単価を上げていくか?

今回ご紹介したサロンも、単価が最高となり、ほぼ1万円近くまで上がっています。

ネイルサロンの場合、夏場は単価が上がりやすく、フットメニューが出ない時期は単価が下がる傾向。

このまま放っておけば当然、夏場以外の単価は落ちます。これは初めから見えている事なので、事前に対策を打つべきです。例えばですが、

「夏場以外にフットケアのキャンペーンを打つ。」

「通年単価をもらいやすい、爪の矯正メニューを導入して冬場に打ち出す。」

などなど。実際に通年単価を維持しているネイルサロンは、色んな取り組みをされています。

 

まとめ|ネイルサロンはもっと伸びる!

今回は、実例を交えてネイルサロンについてお伝えしてきました。ネイルサロンそのものは、今も増加傾向です。でも、

「ネイルサロンに行ってみたいけど、行った事はない。」

という客層も、まだまだ沢山います。また、しっかりと「認知度アップ」を意識して行動している個人サロンは、まだまだ少ないです。

そういった意味では、まだまだネイルサロンには伸びしろがあります。

しっかりとあなたのサロンの「魅力」を見込客にアプローチする行動をしていきましょう。

「実際に行動できているかどうか?」

という点が重要ですからね。^^

 

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!