選ばれないサロンの共通点|サロン集客の初歩的な間違いとは?

先日、よく通る道沿いに、イタリア料理のお店ができていることに気づきました。

調べてみると、もうお店ができてから、2年ほど経っていたようです。

正直、全く気づきませんでした・・・

コレ、あなたのサロンでも同じ事が起きています。多くの方は、そもそもあなたのサロンの「存在自体」知りません。

知らないということは、選択肢に入らない。選べないという事です。

では、どうすればいいのでしょうか?

 

地域でサロン集客を考えるとき、まずやるべき事とは?

サロンというのは実店舗ですので、基本的には地域の方がお客さまとなります。

「地域の方に、どうやったら来店いただけるのか?」

と考えた時。

まず、最初にやるべきは、ネット集客ではなく、「チラシ」です。

ネットの普及は、言うまでもなく爆発的に伸びてきました。

それに伴ってネット上での有効な集客法も、いろいろと編み出されています。

しかしネット集客というのは、どちらかというと「媒体を育てていく」という感覚で行うべきモノ。

即効性はなく、しばらく時間がかかるのです。

 

なにより、検索や広告などを通じて、「ネットの中で見つけてもらう」という活動が必須となります。

単にホームページなどを作っても集客できないのは、ココが欠けているからです。

その点、チラシであれば、そういった問題は発生しません。

また、ネットを頻繁に使わない人達に対しても、アピールすることができるのです。

 

「チラシなんてもう古い」は、ウソ。

「チラシなんて全然反応とれないし、今時、必要ないでしょ。」

という声をたまに聞きますが、これは明らかに大間違いです。

チラシに限らず、「リアルな媒体」は、今も大きな力を持っています。

 

最初の話に戻りますが、僕は、

「よく通る道にできた飲食店に、2年も気づかなかった。」

のです。大きなお店や大きな看板。よほど目立つ外観なら別でしょうが、個人サロンのような小さなお店も、同じようなことが起きています。

まして、交通量が多い道に出ていないのなら、そう考える方が自然です。まずは、存在を知ってもらう必要があります。

大々的にやる必要はないですが、たとえば、

  • 町内と隣町は、全域ポスティングする。
  • 町内は、新聞折り込みを入れる。

などの行動は必要なのではないでしょうか?

 

「チラシなんてダメだ。」と言う人が間違っている2つのポイント

「チラシもやった事あるけど、反応なかったんです。」

という人は、ほとんどの場合、2つのポイントを間違っています。当然ですが、

「ただ配ればいい。」

というモノではないのです。

 

間違い1|チラシの造りが悪すぎる。

ハッキリ言ってしまえば、本当にダメなチラシも多々見かけます。

たとえば、

  • 地図がない。住所がない。
  • 店主の人柄がまったく伝わらない。

これでは、反応を上げるのは難しいでしょう。

美容室のチラシ反応率が2倍になる|7つのポイント

を参考に、反応がとれるチラシのキホンは押さえておきましょう!

 

間違い2|そもそも配布数が少なすぎる。

チラシの反応率は、良いチラシで0.1%と言われています。つまり、

「1000枚配って、1人来店されたら良い。」

ということです。

実際、僕が以前勤務していたサロンでは、1人あたま1日200枚、営業前に配っていました。

つまり、月に1人で5000枚ほどは配るのです。

仮に0.1%なら、これだけで月に5名の来店となります。

 

それなのに、

「今月は500名配りましたが、来店は1人でした。チラシってもうダメですね〜」

という意見は、根本的に間違っているのです。

そもそも、来客が少なくヒマなのであれば、チラシの1つも配るべきでしょう。

「サロンは待ちの商売」

なんて、そもそも大きな間違いなのですから。

 

チラシの反応率が2倍になる方法

これも経験があるのですが、

手配りは、ポスティングの2倍以上の反応率となります。

もちろん、ココにはあなたの魅力も加わるので、

この人のサロンなら行ってみたい。

と、思われるかどうか?

これが大きなポイントとなりますし、反応率にも出てきます。

確かに、ポスティングのように数はさばけませんが、人通りのある場所が近辺にある方は、この方法をオススメします。

 

チラシの印刷コストは大幅に安くなっている。

一昔前なら、チラシの作成にもけっこうなコストが必要でした。

しかし、現在は「ネットプリント」などの出現で、大幅にコストをおさえる事ができます。

また、ポスティングなども業者によっては安く代行してくれる会社があります。一度、

「あなたの地域名+ポスティング代行」

などで、検索してみてください。

場合によっては、代行に頼んだほうが良い場合もあるでしょう。

特に、開業前や開業当初などは、様々な準備などに追われます。

代行に頼める部分は外注して、あなた自身がやるべき事に集中するのも1つの手です。

 

作成からポスティングまで請け負う業者も、最近では出てきました。

ラクスルのスマートチラシ|激安でサロンのチラシが作れる?

で、詳しくお話しています。

 

どんなチラシでサロン集客すればいいの?

チラシに関しては諸説ありますが、

最大の目的は、まず存在を知ってもらい、選択肢に入ること。

と考えれば、手が止まることもないでしょう。

たしかに、ダメダメなチラシを配っても、たいした反応は取れません。

しかし、「まず知ってもらう」という意味では、

「チラシを配らない事の方が、ありえないほどのリスクとなる。」

と言えます。

 

サロン集客に使うチラシに関しては、

美容室のチラシ反応率が2倍になる|7つのポイント

サロンのチラシ代わりに集客できる|ニュースレターの作り方

も、参考になさってください。

 

まとめ|サロン集客を真剣に考えるなら、チラシは活用しておく。

今はたしかに、ネット集客にも有効な手段がたくさんあります。だからと言って、

「ネットだけでオッケー。」

という話ではありません。

まともにサロン集客を考えるなら、チラシはやっておくべきです。

その上で、ネット集客なども併用していくというスタンスが、理想的ですね。

もし、あなたが今の集客状況に満足していないのなら、一度お試しください。

 

参考記事|

美容室のチラシ反応率が2倍になる|7つのポイント

ラクスルのスマートチラシ|激安でサロンのチラシが作れる?

サロンのチラシ代わりに集客できる|ニュースレターの作り方

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!