Facebookやった方がいいサロンオーナー、やらなくていいサロンオーナー

「Facebookってどうなんでしょう?」という質問は、以前から多いです。今回は、「Facebookやった方がいいサロンオーナー、やらなくていいサロンオーナー」という視点でお話します。

Facebookやった方がいいサロンオーナー

まず、Facebookやった方がいいサロンオーナーから。いくつかポイントがあるので、チェックしてみてください。

 

既存客とすでに繋がっている。

すでに既存客とFacebook上で繋がっている方。こういうオーナーさんは、当然ながら触った方がベターと言えます。

お店以外でお客さまとダイレクトに接触できる機会って、実は想像以上に貴重です。

ようは、顧客フォローの一環になります。無理をする必要はありませんが、ソコソコ活用した方がいいでしょう。

「あー。この間、紅葉狩りに行ってましたねー。」

なんて会話も、自然と発生しやすいですしね。

 

見込客と繋がっている。

このパターンの方も、少なからずいらっしゃるハズです。例えば、

「これまで交流会なんかで仲良くなった人達とFacebook上で繋がっている。」

なんて方もいるでしょう。サロン等のお店をやってる場合、その中の一定数は見込客となります。何かの時に思い出してもらう事ができたら、

「あ、花子さんのサロンに行ってみよう。」

となる可能性は十分ありますからね。

思い出してもらうキッカケになり得るというワケです。

交流があれば、そもそも忘れられませんしね。

 

拡散したいモノがある。

FacebookはSNSの1つなので、ある意味、拡散力はあります。たとえば、ブログを書いただけだと、

  • そもそも知らない人は見ない。
  • わざわざ見に行かないと見れない。

というのが普通ですが、同じ記事でもFacebookに投稿する事によって、

  • 繋がっている人に見てもらえる可能性がある。
  • いいね!してくれた人の友達に見てもらえる可能性もある。

など、内容によっては拡散する場合があります。そういう意味では、いざという時に独特の力を持っているのは事実です。

 

広告費をかけてもいい。

Facebookで広告費をかけてもいいという方は、Facebook広告を利用するという手もあります。地域を絞って広告を打てば、商圏内のターゲット層にのみ、広告を表示させることが可能です。

費用対効果は運用のレベルで大きく変わるでしょうが、今後は実店舗のFacebook広告も、さらに拡大していくと僕は見ています。

 

Facebookをやらなくていいサロンオーナー

Facebookをやらなくていいオーナーというのは、つまり上記に全く当てはまらない人です。

  • 既存客と繋がっていない。
  • 見込客とも繋がっていない。
  • Facebook広告に興味はない。

という方は、やらなくていいかと。^^;

モチロン、新たにチャレンジするという意味では、「やってないより」やっている方が有利です。しかし、

「ネット集客に関して何も手を打っていない。」

という状況であるなら、Facebookはべつに優先順位の高いモノではありません。他にやるべき事があるハズです。

 

Facebookでの滞在時間を意識する。

あと、よく耳にするのが、「SNS疲れ」ですね。ついつい、長時間に渡って見続けてしまう。やってるうちに、

「コメントしなくちゃ!」

「いいね!しなくちゃ!」

なんてなっていたら、本末転倒です。活用される方も、利用時間を決めるなどの対処はしたいですね。

「Facebook開いたら、いつの間にか1時間くらい経っています。」

なんて、笑えない話です。

 

結論

結論、やらないよりは、やった方がいいのは明らかです。では、今からアカウント取得してまでやるべきか?と考えると、優先順位が違います。

また、短時間でこなせる人はいいですが、長時間SNSで過ごしてしまうタイプの方にはオススメできません。

ご自身の現状と、今回の記事を照らし合わせて、

「今、取り組むべきかどうか?」

ゆっくりと考えて判断してくださいね。

 

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!