ネイルサロン開業に成功した3児のママ|女性オーナーのストーリー

「サロンを開業したいのですが、上手くいくか不安です。」

こういったご相談は、お会いした方からもよく伺います。

今回は、実際に昨年(2015年3月)田村のランチ会でお会いして、

  • 数ヶ月以内にサロンオープン。
  • 順調に集客を伸ばして成功している

という女性の実例を見ながら、サロン開業に成功するポイントを、紐解いていきましょう!

 

3児のママ|ネイルサロンの開業・成功事例

今回ご紹介するのは、大阪府貝塚市のネイサロン、「テテ」さんです。

こちらのオーナー、梅津さんは、3月のランチ会で初めてお会いしました。その時はまだ、今のサロンはない状態。僕の、

さっさとテナント出店した方がいいですよ。まずは、開業に必要な資金を調べましょう。多くの方は、それが出来てないですから。

というコトバ通り、ソッコーで物件調査を開始。1ヶ月と経たないうちに、理想の物件と出会い、サロン開業に至りました。

 

ネイルサロンテテ

 

ちなみに現在。

開業当初から人気を集め、すでに繁盛サロンとなって、今も順調に業績を伸ばしています。

少しプライベートにも触れますと、オーナーの梅津さんは3児の母親でもあります。決して、時間に余裕があった上での開業ではなかったハズです。

しかし、やるべき事をシッカリと行動し、立派なサロンオーナーになられています。

出来ない理由を考えるのはカンタンです。

しかし、出来る理由にあなたがフォーカスし始めた時、状況はドンドン変化していきます。

 

サロン開業|成功のカギは?

まず、何と言ってもサロン開業「成功のカギ」は、

初期集客の徹底

です。これには、オープン予告も含まれます。

  • オープン前から広告宣伝などの予告を徹底。
  • オープン後は、当然、初期集客の活動を徹底。

ココを、オープン前後というただでさえ忙しい機関に、どれくらいの質と量こなせるか?

これが成否の分かれ目と言えます。

具体的な行動としては、たとえば、

  • オープン前から、地域に新規オープンのチラシを配る。
  • オープン前から地域広告を出して、露出しておく。
  • ホットペッパーなども使うなら、オープン前から掲載する。
  • オープン前から、先に看板(もしくは垂れ幕など)を設置しておく。(この時、いつオープンするのか?どんな業種かを明記する。)

といったモノが有効な手段です。

モチロン、上記だけでなく、

「できる事は徹底的にやる。」

というスタンスでオープン告知を行っていきましょう。

まさに、「映画の予告のように」オープン予告を行っていくのです。

 

サロン開業に成功した、女性オーナーの共通点

今回ご紹介した梅津さんをはじめ、サロン開業を成功させる女性サロンオーナーには、いくつかの共通点があります。

  • 行動が早い。
  • 判断が早い。
  • 素直に実行する。

といった部分。そして具体的な行動としては、

  • 初期集客を徹底した。
  • テナントに出店した。
  • サロンの内装にもこだわった。
  • 安売りで集客していない。

などの点ですね。

つまり、同じように行動できれば、サロン開業の成功率は高まるということです。

 

モチロン、サロン経営は甘くない。でも・・・

今回は、サロンの開業についてお話してきました。

もちろん、サロン経営は甘くはありません。

サロンの開業というのは、スタート地点にすぎないのです。

でも、成功率を高くする行動パターンは、すでにある程度見えています。

行動の内容そのものは、すごくシンプルです。

「短いスケジュールの中で、どこまで行動できるか?」

ココが、キモになってきます。

今回ご紹介した女性オーナーも、「絶対の自信」をもって開業したワケではないでしょう。

やるべき事を明確にし、1つ1つ行動する。

このスタンスが、サロン開業の成功につながったと言えます。

 

関連記事|

自宅サロン開業|成功する自宅サロン・7つのポイント

美容室を開業する前に「これだけは知っておきたい」ポイント7選

 

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!