美容室の新規集客|あなたのターゲット層はどこまで明確か?

個人サロン経営アドバイザー、田村聡です。美容室に限らず、新規集客に悩んでいるサロンオーナーは多いです。しかし、「そもそも、あなたのお客さまは誰なのか?」ターゲットが明確になっていないようでは、どんな集客も本領発揮できません。

ターゲット次第で集客の「手段」が違う?

まず、サロンの新規集客を考える時。あなたが「ターゲット」とする客層によって「メインにすべき手段」に違いが出てきます。

すごく分かりやすく言えば、

「60代以上がターゲットです。」

というサロンが、ネット集客だけを頑張っても思わしい結果に繋がらないでしょう。

そもそも、その客層が少ない場所で宣伝しても、成果は上がりません。

 

まずは「理想のお客さま」を明確に。

分かりやすいように「ターゲット」という単語を使っていますが、僕はこの言葉が好きじゃありません。(笑)

ターゲットとはつまり、あなたにとっての「理想のお客さま」です。ココを、出来る限り明確にしておく事をオススメします。

年齢や性別はモチロンですが、

  • 職業
  • 年収
  • 家族構成
  • ライフスタイル
  • 悩み事

などなど。まずはこと細かに洗い出してみましょう。

 

ただし、ココで注意も必要です。こういう話をすると、

「じゃぁ、私の理想のお客様は・・・女性社長で年収は3千万。7歳と4歳の男の子の子供がいて、週末はエステやショッピングを楽しんでる。年2回は必ずハワイに行ってバカンスしてて・・・」

みたいな内容が出てきたりする事があります。^^;

ダメとは言いませんが、そういう方が周りに沢山いらっしゃるのでしょうか?もっと言えば、そういう方が沢山いたとして、

「あなたのサロンに行きたい!!」

と、なるでしょうか?ここは真剣に考えるべきポイントです。モチロン、答えが両方イエスならオッケーなのですが。

 

ネットか?リアルか?

1つの大きな分かれ道としては、

「ネット集客か?リアル集客か?」

というモノがあるでしょう。モチロン両方出来るに越したことはありませんが、比重はどちらかに偏る場合がほとんどです。

あなたがイメージするターゲット層には、どちらがマッチしているでしょうか?立ち止まって考えてみてください。

 

どんなメニューがウケる?

最後に、あなたのターゲット層には、どんなメニューが喜ばれるでしょうか?また、同じ内容のメニューでも、どんな見せ方をすれば、興味を持ってもらえるでしょう?

もちろん、スグに答えが出るものではありません。

しかし、究極的にはこれが出来れば、あなたのサロンは必ず成功します。

  • まずは理想のお客さまを決める。(想定する)
  • その人が喜ぶメニューを提供する。(見せる)

実は、ものすごくシンプルです。

これを実現するファースト・ステップは、あなたの理想のお客さまを決めること。そして、

どこに行けば(どんな手段を使えば)その人達により多く、めぐり逢う(知ってもらう)ことが出来るのか?

これを考え、実行し続けることが集客に繋がっていくのですね。

 

オススメ記事|

個人・自宅サロンの集客を徹底解剖|プロが教える集客7選

 

関連記事|

売れる!サロンメニューの作り・4つのポイント

サロン集客が2倍になる!キャッチコピー作り8つのポイント

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!