エステサロンの「クレジット決済導入」回数券や高額コースも決済できる、クレジット決済会社をご紹介!

こんにちは!個人サロン経営アドバイザー、田村聡です。エステサロンの「クレジット決済」について、ご相談が増えています。

「現金商売」と言われる店舗サロンも、今は「クレジット決済できて当たり前」の時代。

しかし、「回数券や期間契約の決済はダメ」というのが、通例となっているのが現状です。

「高額になるからこそ、クレジット決済を導入したいのに・・・。」

今回は、そんなアナタの為に、

・回数券
・期間契約

も、クレジット決済できる。なおかつ、

「数日で自分の口座に送金可能」

というスグレモノの決済会社を、ご紹介しましょう!!

 

 

答えは「PayPal ペイパル」

まず、結論から言いますと、その決済会社名は、「PayPal ペイパル」です。

こちらをクリックすると、PayPalのトップページが開きます。

 

この「PayPal ペイパル」、僕も普段から利用しており、

・ユーザー数は世界2億人以上。
・利用店舗は1800万以上。
・支払う側はカード情報を伝えずに安全に決済ができる。

という、とても信頼度の高い会社になります。

 

 

PayPalペイパル決済導入、8つのメリット

オススメするからには、やはり、それなりの理由(メリット)があります。

ここでは、PayPalペイパル決済導入のメリットを、田村視点で、ご紹介しておきましょう。

 

 

メリット1)多様な決済が可能

まず何より、今回の話ではここがメインですね。

ペイパルを使うと、

・回数券の販売
・期間契約のコースの販売

なども、問題なく決済を行うことができます。

(通常のクレジット決済代行会社ですと、こういったものはNGとされています。)

 

 

田村

必要があれば、

「会費の決済を毎月、自動的に行う」

といった事も可能です。こういった面では、特にエステサロンにとって、利便性が高いと言えるでしょう。 

 

 

 

メリット2)利用無料

ペイパルは初期費用や、継続利用にかかる費用はゼロ。

決済時の手数料のみとなっています。

 

田村

初期費用などが必要な会社もあるので、何気に嬉しい点ですね。^^

 

 

メリット3)安全性

これは先ほども言いましたが、ペイパルは世界で約2億人以上。1800万以上の店舗で利用されています。

その膨大な取引数に伴い、システムの安全性や安心感は、高いと言えるでしょう。

 

 

 

メリット4)銀行への引き出しが早い

通常のクレジット決済ですと、決済後、あなたの銀行口座に入金されるまで、かなりのタイムラグがあります。

「毎月○日締め、翌月末入金」

といった場合が多いですよね。

これに対して、PayPalペイパルの場合、決済後、最短3日。3〜5営業日内に、自分の口座への出金が可能です。

ビジネスにおいて、スピーディーに資金を移動できるのは、大きなメリットと言えますね。

 

田村

ちなみに、僕の経験になりますが、資金移動後、ほぼ毎回3日後には入金されています。

 

 

 

メリット5)メールでも決済可能

これはサロンにとってメリットかどうか?

オーナーによって意見が別れるところでしょうが、ペイパルは、メールでもカンタンに決済ができます。

 

 

田村

人によっては、非常に大きなメリットとなるでしょう。

 

 

 

 

メリット6)ネットでカンタン登録

登録もカンタン。ネットで完結します。^^

 

 

田村

分からないところがあれば、サポートセンターに電話すると早いです。^^

 

 

メリット7)決済手数料が安い

これは詳しく後でお話しますが、一般的なクレジット決済代行会社よりも、手数料が安いです。

 

メリット8)自宅サロンでも導入可能

クレジット決済は、自宅サロンの場合、審査に通らないことも。

でも、ペイパルであれば、自宅サロンのクレジット決済にも対応してもらえます。

 

田村

この点に関して1つ。

厳密には「審査基準」が公開されていないので、「100%OK」とは断言できません。 

 

 

PayPal ペイパル決済のデメリット

とはいえ、ペイパルにもデメリットはあります。

良い事ばかり言ってもアレなので。^^;

デメリットもご紹介しておきますね。

 

 

デメリット1)「ピッ」で終われない

普通、店舗でのクレジット決済って、

「ピッ」

っとやって、サインなり暗証番号をもらう程度で、終わりますよね?

でも、ペイパルにはこの「概念」がありません。カードリーダーなどの「端末そのもの」が、存在しないのです。

よって、お客さまに直接、情報入力していただく必要があります。

入力事項は、下記の内容です。

 

 

 

田村

これは「手間」と言えるので、デメリットでしょうね。^^;

ちなみに、この記入事項の下部に、

「ペイパルアカウント作成」

という事項がありますが、特にアカウントを作成いただく必要は、特にありません。 

 

 

 

デメリット2)お客さまのスマホが必要

「サロン側のタブレットやPCで、決済画面を開いておいて、決済していただく。」

これも可能で、かつ利便性も高いのですが。ペイパルいわく、

「盗難クレジットカードの使用など、トラブルを避けるために、この方法はオススメできない。」

との、回答を得ました。

こういった面で、必ず「お客さまのスマホ」など、「お客さまの端末で」決済していただく必要があるようです。

 

 

デメリット3)お客さまの「慣れ」がない

いくら世界中で使われているとはいえ、日本での「普及率」という面では、決して高くない「PayPalペイパル」。

お客さまにとっても、「店舗での決済方法」としては、「不慣れな方法」と言わざるを得ません。

 

田村

逆に、ネット上での決済には慣れているし、こういったことは日常的に行なっているハズですが。^^;

リアル店舗でやるなら、やはり、それなりの「説明」は必要となりますね。

 

 

 

PayPal ペイパルの決済手数料は?

ちなみに、ペイパルの決済手数料は、金額により異なります。

1件あたり(3.6%〜2.9%) + 40円

初期費用などは一切かかりません。

 

田村

ちなみに、クレジット決済を導入すると、必ず手数料がかかります。

一般的に、4%〜5%ていどの場合が多いので、ペイパルの手数料は、「良心的」と言えますね。

 

 

口座への振替手数料

PayPalで決済された金額は、一旦、自分のPayPalアカウント内に保管される形となります。

自分の口座に移動させたい時は、主導で自分が設定した口座へ「資金移動」が必要です。(1分で出来ます。)

この手続き完了後、3〜5営業日内に、自分の口座へ振替が行われます。

この資金移動の際に、移動させる額が5万円未満の場合、1回につき250円の手数料が必要です。

 

PayPalペイパル決済を活用して、ビジネスの幅を広げよう!

今回はエステサロンにおいて、

・回数券の販売
・期間契約のコース販売

でも、クレジットカード決済できる手段として、PayPalペイパルをご紹介しました。

初期費用・利用料も無料ですし、興味のある方は、導入してみるといいですね。使ってみて、

「これは便利。」

という点もあれば、

「ここは不便だな。」

という点も出てくるかと思いますが、

他の多くのクレジット決済で、回数券や期間コースが販売できない以上、利用価値は高いかと。

 

最後に1点だけ。

仮にあなたがこの記事を読んで、ペイパルを導入しても、僕には1円のメリットもありません。

紹介料なんかも、一切ありません。^^;

ですから、導入される際はあくまで「自己責任」で。

万一、不都合があった場合も、苦情は一切受付しませんので、予めご了承ください。(笑)

 

田村

本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

あなたの事業発展に、少しでもお役に立てれば幸いです。^^

 

 

補足|そもそもエステサロンにクレジット決済は必要なの?

 

サロン子

ってかさ、そもそもクレジット決済は必要なわけ??

 

田村

明らかに、ある方が好ましいですね。

 

サロン子

だって、決済手数料とかさ。モッタイナイじゃない。

 

田村

導入されないサロンさんは、そうおっしゃいますよね。でも、

人はクレジット決済(現金以外での決済)を前提にした場合、約1,5倍以上の金額を「使ってもいい」と判断する。

というデータがあります。つまり、売り手として、

「手数料や多少の手間を理由にクレジット決済を導入しない。」

というのは、明らかに間違った判断なのです。

 

サロン子

な・なるほどねー。うちも考えるわ。

 

田村

はい、考える余地は、ありませんけどね。(笑)

 

【無料セミナー】1日5分で学べる!月商100万サロンのつくり方

1日5分。10日間に分けて、「個人サロンが月商100万円をつくるコツ」を、お伝えします。

あのサロンは、なぜ人気店なのか?あなたは今、何に取り組むべきなのか?

何より、「あなたが何をどう改善すれば、売上が上がるのか?」この無料セミナーを通して、確実に見えてくるハズです。