サロンのホームページSEO対策!1分で出来るキーワード選定「アラマキジャケ」を使ってみよう!

こんにちは!田村です。SEO(検索エンジン)対策の話をしていると、必ずぶつかる「キーワード選定」。

そもそも、「自分で考えたキーワード」をいくら盛り込んだところで、

「検索してる人」

がいなければ、何も起きない。集客もできない・・・。

というワケで今回は、サロンのホームページやブログ集客のSEO対策に欠かせない、「キーワード選定」について。

誰でも今スグ始められる、超カンタンなツール、「アラマキジャケ」をご紹介します。

 

 

アラマキジャケ

ご紹介するとは言ったものの、あまりにカンタンなので、1分で説明します。(笑)

ますは、こちらをクリックしてみてください。

「アラマキジャケ」

が、開くハズです。

 

 

田村

すると、こんな入力欄があります。

 

 

この入力欄にたとえば、

「徳島 エステ」

と、入れてみました。

 

 

チェックをクリック。

 

 

すると、こんな感じで、「月間アクセス予測数」が出てきます。

このキーワードの場合、

Yahoo! 468
google 430

なので、月間898件ほど、という数字です。

 

さらに、青文字でキーワードの羅列が表示されています。

こちらは「関連キーワード」ですね。

先ほど、「徳島 エステ」で調べたので、そのキーワードに関連の深いキーワードも表示されているのです。

 

 

せっかくなので、関連キーワードの、

「徳島 エステ フェイシャル」

をクリックしてみました。^^

 

 

すると今度は、

Yahoo! 13
google 12

という結果です。

関連キーワードまで自動で抽出してくれる、というのは、とても便利な機能ですね。^^

 

 

 

検索数が少ないキーワードは無視していいの?

 

ちなみにさ、「徳島 エステ」で、900近い数字だったじゃない?今回の、「徳島 エステ フェイシャル」は、少ないから無視していいって事??

 

いえ、もし僕のサロンにフェイシャルメニューがあるなら、必ずこのキーワードも狙います。

「徳島 エステ」で検索している人の方が確かに多いし、これも狙いたいキーワードです。

でも、2単語のキーワードは検索数が多い分、「検索する人の意図」が、不明確ですよね?

 

それに対して、「徳島 エステ フェイシャル」で検索している人って、

「高い確率で、徳島のフェイシャルエステを探している人」

なので、見込み客の可能性が高い。

そう考えると、後者のキーワードもしっかり狙っておくべきと言えます。

 

 

ふーーーん。一概に、「検索数が少ないから無視」ってワケじゃないって事ね。

 

おっしゃる通りです。^^

 

 

 

キーワードの「単語数」

キーワードは、「単語数」によって違いが出てきます。

 

(1)単一のキーワード

たとえば、

「エステ」

というキーワードでは、膨大な検索数があるハズ。しかし、

「エステ」

と検索している人の「意図」は、様々でしょう。サロンを探しているとも限らない。

仮に、サロンを探しているとして、「どこの地域で探しているのか?」も、不明確です。

つまり、このような単一のキーワードだけを狙うというのは、オススメできません。

 

 

2単語のキーワード

これが2単語になってくると、少し違ってきます。分かりやすいのでは、

「徳島 エステ」

といった、

「地名」+「業種」

のキーワード。検索数で言えば「1単語」よりもグッと減りますが、わりと高い確率で、

「徳島でエステを探している。」

という方が、検索の時に使うモノと言えます。(この限りではありませんが。)

 

 

3単語以上のキーワード

これが、「3単語以上」となるとさらに、

「検索している人の意図」

が明確になってきます。たとえば、

「徳島 エステ フェイシャル」

この3つの複合となると、検索数はさらに小さくなります。しかし、この場合明らかに、

「徳島で、フェイシャルエステを受けたい人」

が、検索している可能性が高くなるのです。

また、3単語以上のキーワードについても、調べておく価値はあります。

 

特に最初は、単語数が2から3くらいの複合キーワードを狙いましょう!

サロンの場合、

・地名(駅名)+業種
・地名(駅名)+メニュー名
・地名(駅名)+悩み

のような感じで、探していくといいです。^^

 

 

検索する人の「意図」「場面」をイメージ!!

カンの良いあなたは、すでにお気付きかと思います。

SEO対策のための「キーワード選定」には、

「検索する人の意図」を汲み取ること。その場面をイメージすること。

が、とても重要です。

 

「SEO対策」
「キーワード選定」

と言ってしまうと、何だか「コンピューター相手」のような錯覚に陥りがち。

でも、あなたがもし、SEO対策を通して集客に繋げたいと考えるなら、

相手は検索している「人」であり、「未来のお客さま」

という事実を忘れてはいけません。

 

「どんな場面で?」

「どんな情報を求めて?」

検索しているのか?

しっかりとイメージして、その人が「欲しいであろう情報」をしっかり提供しましょう!!

 

 

地名+○○で、検索数が出ない場合は?

ちなみに、あなたのサロンがある地名や駅名を使って、

「検索数が表示されない」

という事もあります。たとえば、

「鳴門市 エステ」

で調べても、検索数が出ないとか。そういった場合は、

「地名のエリアを拡大して調べる」

という事を、試してみましょう。上記の例で言えば、「市」ではなく「県」の範囲に拡大。

「徳島 エステ」

で、調べるという手順になります。

 

特に地方になると、こういった事が起こります。

 

 

正確な検索数は「分からない」

ちなみに、今回ご紹介した「アラマキジャケ」でも、

「月間検索アクセス予測数」

という表記がなされています。これは言葉通り、

「予測だからね。正確な数字じゃないよ。」

という意味です。^^;

 

ただ、これはグーグルの「キーワードプランナー」を使っても、似たような事が起こります。

「100〜1000」

といった、かなり曖昧な数字しか、算出できませんから。^^;

 

とはいえ、キーワード選定は必須と言えます。

冒頭でもお話したように、

「あなたのイメージでキーワード選定」

して、いくらSEOを頑張っても、

「そのキーワードで検索している人」

がいなければ、徒労に終わるからです。^^;

 

まずは今回ご紹介した「アラマキジャケ」のようにカンタンなツールで構わないので、

「そのキーワードの月間検索数」

を、しっかり調べた上で、キーワードを選定。

SEO対策に、役立てて下さいね。

 

 

PS|アラマキジャケに慣れてきたら、「キーワードプランナー」も使ってみましょう!

「競合性」や「入札額」なども見れるので、かなり参考になります。

 

 

「競合性」・・・「低・中・高」で表現される。カンタンに言えば、同じキーワードで上位表示を狙うライバルの数が、多いか?少ないか?という意味。

「入札額」・・・そのキーワードでクリック広告を使った場合の、1クリック辺り単価の目安。

 

 

関連オススメ記事|

●エステサロンでホームページを作っても「集客できない」理由と対策

●サロンのホームページを「集客できない失敗作」にしない具体策

 

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアントサロンの中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。