小さなサロンの必勝パターンを全公開。

自宅サロン→テナント出店→年商2000万のエステサロン

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980年11月10日生まれ 2009年、28歳で美容室を開業。2012年から、全国のサロンオーナー向けにセミナー活動を開始。 2013年から主催している私塾では、個人サロンを中心に、数多くのサロン売上UPに貢献。売上7ケタ達成・客単価3倍化に成功・前年比で売上が5倍・1ヶ月で50名集客など、メンバーは様々な結果を残している。 現在はサロンワークにも関わりながら、MacBook Airを片手に、全国に出向いたり、田舎に引きこもったりという日々。もうスグ2歳の愛娘と妻、3人で平和に暮らしています。^^
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!個人サロン売上UPアドバイザー、田村聡です。

「年商2000万超えました!」

と、素晴らしいご報告を頂いたので、「何が起きたのか?」ちょっと突っ込んで聞いてきました。

エステサロンオーナーさんは特に、参考になるかと。^^

 

個人エステサロンで年商2000万超え??

年明けに、こんなメッセージが届きました。

田村さん、こんにちは(^^) 突拍子も無い連絡ですが、1年間の報告を。 開業史上一番売上を叩き出せました(^^) 2150万でした。

 

送り主は、滋賀県のエステサロン「C-Qeen シークイーン」の青山オーナー。

 

 

 

何したの??

この辺りに関しては、突撃取材してきたので、また後日詳しくまとめますが・・・。

平たく言うと、

「脱毛メインのサロン」から、「フェイシャル」にも注力し、それが実った。

という事です。

 

あと、

「ニュースレターで、一気に150万以上売れた!」

みたいなお話も伺ってきました。(驚)

 

田村

執筆が終わったら、この辺りも詳しくレポ記事にしますので、お許しを。^^;

 

 

売れる時期に売れるモノを

 

極端な話、祭りの時って「たいして美味くもない」物でも、どんどん売れます。

対して、

「冬場に脱毛の集客をするには、どうすれば・・・?」

という考え方は、間違いなんですね。

 

冬に頑張っても、脱毛は売れにくい。

だったら、「冬に売れやすいモノを用意して売る」方が、100倍カンタンです。

青山オーナーのサロンでは、コレを実践したワケですね。^^

 

 

労働時間を伸ばさずに収益増

 

ちなみに青山オーナーのサロンでは、

「労働時間を増やさずに、収益を増やす」

という取り組みをされています。

実際、青山オーナーは「完全週休2日」にシフトされるそうです。

その中でのこの結果、もはや尊敬に値します・・・。

 

 

自宅サロン→テナント→スタッフ雇用

 

ちなみに青山オーナーも、元は自宅サロンからスタートされています。

自宅からテナントへ出店され、現在はスタッフ1名を雇用。

 

若干30歳という若手オーナーですが、ドンドン進化されているんですね。

今の僕と同じ年齢になる頃に、どうなってるのか??ちょっとイメージしきれません。^^;

 

 

青山オーナーの取り組み、パクれます。(笑)

ちなみに青山オーナーは、ご自身の取り組みを「フェイシャルスクール」でも、お伝えされているそうです。

彼女自身、

「収益増と労働時間の短縮」

に取り組まれた結果、素晴らしい実績を残されているので、説得力がありますね。

青山オーナーのスクールに興味がある方は、こちらからチェックして下さい。^^

 

「コンサルサービス」というワケではなく、あくまで「フェイシャルのスクール」ですので、その辺りはご了承下さいね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1980年11月10日生まれ 2009年、28歳で美容室を開業。2012年から、全国のサロンオーナー向けにセミナー活動を開始。 2013年から主催している私塾では、個人サロンを中心に、数多くのサロン売上UPに貢献。売上7ケタ達成・客単価3倍化に成功・前年比で売上が5倍・1ヶ月で50名集客など、メンバーは様々な結果を残している。 現在はサロンワークにも関わりながら、MacBook Airを片手に、全国に出向いたり、田舎に引きこもったりという日々。もうスグ2歳の愛娘と妻、3人で平和に暮らしています。^^
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© サロン集客部 , 2019 All Rights Reserved.