美容室のチラシ反応率が200倍変わる?「最強のチラシ配布方法」はコレ1択!

こんにちは!田村です。チラシで集客するなら、当然その「チラシの出来」は大事。でも、

「配り方で反応率は大きく変わる!」

という点も見逃せません。今回は美容室で「最強のチラシ配布」について、詳しくお話します。

ハント

まず結論から言いますと、美容室で最強のチラシ配布方法は、「ハント」です。

チラシは大きく分けると、

 

  • ポスティング(家まで配る)
  • ハンティング(手配りする)
  • 店置き(自店の前や他の店に置いてもらう)

 

という3つの配布方法に分かれます。今回ご紹介する「ハント」とは、

「相手を厳選して、チラシをキッカケに会話まで持ち込み、来店に繋げる。」

というモノ。

普通の手配りでも、ポスティングよりは遥かに反応率が上がります。

ポスティングで0,1〜0,3%で上出来。手配りなら、同じ枚数でもその5倍から10倍の来客が見込めるのです。

しかしハントの場合、さらにその10倍。おおよそ、30%〜50%の反応率。

つまり、2,3人に1人は、来店されるという高確率になります。

これは、「チラシ集客」の中ではとんでもない数字です。

※駅前や路面など、チラシを配る時は事前に管轄の警察署への届出が必要です。

 

設定ターゲット以外はスルー

ハント成功のカギの1つが、「見極め」。手当たり次第声をかけてはいけません。

「あなたの理想のお客さま像」

に近い方にのみ、声をかけてください。相手は厳選しましょう!

テキトーに声がけしても、逆に効率が悪いですし心が折れてきます・・・。

またハントに限っては、「あなたが話しかけやすそうな人」に絞ってください。

チラシを手渡して終わり・・・ではなく、その場で会話するので。ここも大切です。

わざわざ「話づらそうな人」に声をかけるのって、疲労感がヤバいので。^^;

 

どう声をかける?

ハントをやった事がない人にとっては、

「どう声がけするのか?」

からして、分からないかと思います。また、あなたが男性で「女性に」声がけするなら、最初はナンパ(人によってはスカウト)と思われがちなので、そこは諦めてください。(笑)

本来、「女性が女性に」が最もスムーズです。

とはいえ、声がけはシンプル。たとえば僕なら、こんな感じでやってました。

 

こんにちはー。僕、この近くで「バニラ」って美容室を経営してます、田村さとしと言います。

今、30秒お時間いいですか?

 

大体、いつも1パターン。

というのも、色々やってみて僕の場合は、これが1番やりやすく、成功率も高かったから。

人それぞれ見た目もターゲットも違うし、キャラも空気感も違うので、正解はありません。

ただ、最初に「業種 店名 フルネーム」を名乗ってしまうと、「怪しさ」は緩和されます。

あと、

「少しお時間いいですか?」

は、ダメですね。具体的に、

「30秒」

みたいなのがいいです。実際は、3分以上、足止めするんですが。(笑)

 

 

その後は??

スムーズに足止めできても、

「サロンの説明」

なんかやってはダメ。僕なら、

 

もしよかったら、一度ヘアカットさせてもらえませんか?絶対に可愛くするんで!

コレ、持ってきてもらえたら、トリートメントをサービスさせていただきますね!

 

と言って、チラシを渡します。(僕の場合、当時チラシではなくリーフでしたが、まぁ似たようなモノです。)

ここから先は相手の反応にもよります。

イマイチな場合は、あまり粘ったりせず、「チラシを渡せたらひとまずOK」としてください。

反応が良い場合は、「チラシに掲載していても」場所の説明や予約のしかたなど、丁寧に伝えてください。

また、ホームページの検索についても、伝えておきましょう。

タイミングにもよりますが、そのままサロンに来てもらえる場合もけっこうあります。

できれば、それが最高。次に、「その場で予約をもらう」ですが、あまり欲は出さなくていいです。^^

 

 

あなた自身が「カギ」

ハントだけでなく「手配り」する時も同じで、お客さまは、あなたを見て来店を判断します。

雇われたバイトのように、浮かない顔をして配っているようでは、まず来店してもらえません。

ハントや手配りの場合、

「あなた自身が魅力的に映るかどうか?」

で、成否が分かれます。

昔お世話になった方に、こう教わりました。

「男も女も、モテなきゃダメ!モテない人は客商売に向かない。」

と。

コレ、未だ心に残っていますが、ホントにそうだと思います。性別関係なく、モテないとダメなんです。

 

 

名刺は常備

ちなみにハントや手配りの時、必ず名刺を持っておきましょう!

  • ハントの場合なら、名刺が先でチラシが後。
  • 手配りの場合なら、チラシが先で、会話になったら後から名刺。

と、どちらの場合も名刺は常備すべきです。

チラシやリーフなんか持たずに、名刺だけでお客を呼び込む人もけっこういますね。

 

 

他サロンでも出来る!

エステ系はちょっとキツいですが、これに近い事は他の業種でもできるハズです。

実際、ネイルサロンなんかで「ハント」やってる方に遭遇した事もありますし。

都会の夜の飲食店なんかでは、普通ですよね。あと、都会の美容室も。

できる環境なら、「やらないのはモッタイナイ」とさえ感じますね。

 

ど田舎でも出来る!

ただ、地方でハントやってる美容室って、まだまだ少ないです。

美容室「以外」なら皆無ではないでしょうか??

ちなみに僕がハントやってたのは、「県内人口」76万人しかいない、ど田舎の徳島県。

しかも当時僕がハントしてたのは、町内人口34800人しかいないエリアでした。

誰もやらないので、むしろ「やりやすかった」ですけどね。(笑)

最初はちょっと勇気いりますけど、数人声をかければ慣れてしまいますよ。^^

 

ハントのデメリット

ハントのデメリットは、ずばり「最初の勇気が必要」という点と、「時間はかかる」という2点ですね。

前者は仕方ないとして。^^;

でも後者については、こうも考えられます。

 

Aさんはポスティングを自分で5時間やって、1000枚配布できた。

結果、反応率は0,3%で3名の新規来店。

一方Bさんはハントを自分で5時間やって、15名に声をかけた。

結果、反応率は30%で4名の来店。

 

多くの場合「ハント」の方が、同じ時間でより多くのお客さまを集めることが出来るのです。

あくまで仮説にはなりますが・・・。

仮に同じ来店数だったとして、「コストの差」は大きいですよね。

また、同じ新規客でも、その「質・濃さ」は違うハズです。

後者の場合、「アナタを知って」来店されていますからね。

 

余談ですがキャバクラでは・・・

実は僕、若かりし頃に美容師アシスタントをしながら、キャバクラでバイトしていた時期があります。

今は条例で禁止されてますが、当時は「キャッチ」という業務がありました。

店のビラを持って、店のテリトリー内を通る一般人を呼び込むのです。

この時、単にビラを渡しても99%新規にはスルーされます。

(まぁ、サロンとは違いますしね。^^;)

脈がありそうな相手(今から女性のいる店に行こうとしているであろう個人やグループ)はしっかり足止めし、交渉に持ち込んで、来店に繋げる。

これが上手い先輩なんかは、毎日かなりの人数を呼び込んでいました・・・。

この経験も今思えば、「手配りよりもハント」という考えに至った要因の1つでしょうね。

 

 

超低コスト

ハントは基本、「超高確率・超低コスト」です。

沢山チラシやリーフを配る必要がなく、よく頑張っても1日数十枚しか減りません。

この「コストの低さ」も大きなメリットの1つです。

サロンの近く(もしくは目の前)で人通りがあったり、人が集まる場所があるなら、移動費用もないですしね。

 

 

まず美容室はチャレンジしたい!

正直、今回の「ハント」は、他の配布方法に比べて、経験のない方にはハードル高めに見えるかと思います。

でも、「超高確率・超低コスト」であることは間違いありません。

チャレンジできる環境の方は、ぜひ実践してみて欲しいです。

最初はしんどいですが、慣れてくると1番ラクな集客かもしれません。

だって、

「サロンの近くを歩いてる人」や「サロンの近くに来てる人」に、直接アプローチできますし。

 

しかも、新規来店の時点で「初対面じゃない」という状態です。

あなたが「この人!」と選んで声をかけ、すでにお話した事がある人。

その上あなたの話を聞いて、あなたを見て、あなたの雰囲気も知った上で、

「この人のサロンに行ってみたい!」

と感じた人だけが来てくれるのですから。

 

コレって、本当にスゴい事ですからね。こんな集客は、他にありません。

なお、その他のチラシ配布方法については、

「サロンのチラシ「配り方」を選ぶ基準。配布方法だけで、こんなに違いが?」

で、詳しくお話していますので、参考にしてください。

 

四国は徳島より、あなたの「ハント成功!」応援していますよ!! 田村さとし

【無料セミナー】1日5分で学べる!月商100万サロンのつくり方

1日5分。10日間に分けて、「個人サロンが月商100万円をつくるコツ」を、お伝えします。

あのサロンは、なぜ人気店なのか?あなたは今、何に取り組むべきなのか?

何より、「あなたが何をどう改善すれば、売上が上がるのか?」この無料セミナーを通して、確実に見えてくるハズです。