集客できないサロンのチラシは「導線」が欠けている!

こんにちは!田村です。集客できるチラシと「できない」チラシ。その大きな違いの1つに、「導線」があります。

どうせチラシを作るなら、1人でも多くの方にご来店いただきたいですよね?

知ればカンタンな話なので、ぜひあなたのチラシにも取り入れてください!

 

チラシだけでは来店しない時代

そもそも論で、「チラシで人は集まるのか?」という話ですが、その答えはイエスです。

特に地域密着の商売であるサロンにとって、今もチラシの存在は重要。

ただし、「チラシ見ただけで来店する」という時代は終わりました。

 

 

たとえば100人があなたのサロンのチラシを手に取り、そのうち10人が、興味を持ったとします。

この10人のうち、少なくとも5人以上は、あなたのサロンを「検索」する時代です。

そして、サロンのホームページを見て、

「行くかどうか?」

判断します。

 

【チラシを見る】→【予約】

ではなく、

【チラシを見る】→【検索】→【ホームページ】→【予約】

この流れを、覚えておいて下さい。

 

 

検索の「しやすさ」

ここで重要になってくるのが、

「検索しやすいかどうか?」

という点。

僕はよく、クライアント様のチラシを添削しています。中でもよくある間違いが、

「ホームページ https://salonsblog.com/」

といった記載。これって不親切なのです。そうではなく、

「田村エステ」で検索

のように、

「どんな単語で検索するとホームページが1発で出るのか?」

を記載しましょう。そしてこの記載は、「十分目立つように」しておいて下さいね。

 

 

女性なら8割スマホで検索

ちなみにですが、女性客の場合おおよそ8割の方は「スマホで」検索します。

「サロンのホームページ集客|スマホ意識しないと終わってます。」

でも詳しくお話していますが、サロンのホームページは、

「スマホでも見やすいか?」

しっかりチェックしておきましょう!

 

 

ホームページの完成度

チラシをキッカケにホームページを検索して、予約に至るということは、

「ホームページの完成度」

が、チラシ集客の成否を大きく分けるという事です。サロンのホームページに関しては、

「サロンのホームページを「集客できない失敗作」にしない具体策」

で、詳しくお伝えしているので、参考にしてくださいね。

 

 

検索される「キッカケ」

【チラシを見る】→【検索】→【ホームページ】→【予約】

この流れの中でまず重要なのは、

「いかに、チラシが検索されるキッカケになるか?」

というスタート地点。もちろんホームページが駄作なら予約に至りませんが、それ以前の話ですね。

未来のお客さまはチラシを手に取り、

 

  1. 今の自分に必要かどうか?
  2. 自分に合いそうかどうか?

 

即座に判断します。

 

 

1 自分に必要かどうか?

その方にとって、あなたのサロンが必要かどうか?これは、「キャッチコピー」や「メニュー内容」が大きく影響します。

「サロンに来た人が、どうなるのか?」

キャッチコピーで明確に伝えましょう。もちろん、この部分が「目立つ」ことも大切です。

また、メニューは「全部載せ」しようとせずに、キャッチコピーに合わせて見せるメニューを絞ってください。

 

 

2 自分に合いそうかどうか?

キャッチコピーに興味をひかれても、

「自分に合いそうかどうか、判断できない。」

となれば、そこでアウトです。判断材料をしっかりと用意しておきましょう。

これは「サロンの店内」や「施術の雰囲気」などの写真が大きく影響します。

また、あなたの「人柄」を感じてもらえるよう、固くなりすぎないプロフィールや、あなたからのメッセージを添えてください。

 

 

八方美人は最悪

ちなみに、

  1. 今の自分に必要かどうか?
  2. 自分に合いそうかどうか?

「お客さまは即座に判断する。」

と言うと、多くの人は「八方美人なチラシ」を作ろうとします。

誰にも嫌われないように・・・

でも、これが最悪です。

「そこのアナタにも、あちらの方にも、向こうの方にもウチの店はおすすめです!」

というのが、1番響きません。結果、誰も振り向かないのですね。

常に、「たった1人を口説く」という姿勢で、チラシを作ってください。

 

 

「強力な」キッカケ作り

ちょっと極端な話ですが、

「チラシはホームページ検索へのキッカケ」

と完全に割り切れば、オモシロイ試みもできます。たとえば、

「87%の人が、3ヶ月で10キロ痩せたエステサロン ●●で検索」

みたいな文面がデカデカと「メインで」載ってるチラシがあってもいいワケです。(笑)

また、

未来のお客さまが「必ず興味を持つであろう情報」が、サロンのホームページに掲載されている事を、メインに伝える。

というのも、1つの手ですね。たとえば、

「87%の人が、3週間で5キロ痩せた!自宅で出来る●●を動画で公開中」

「アイロン苦手な女子が【3分で出来た】超カンタン!スタイリング技を動画で公開中」

「パソコン原因の肩コリが【1日3分で解消】する自宅ストレッチを掲載中」

のような感じです。

上記はあくまで一例になりますが、あなたのサロンでも出来ることがあるハズです。

 

 

まとめ

今回のお話で、

【チラシを見る】→【検索】→【ホームページ】→【予約】

この導線を意識することが、どれほど大事か?分かって頂けたかと思います。

もちろん「チラシだけで」来店されれば、それに越した事はないですが。今は本当に、

【興味・関心】→【検索】

という流れが、何事においても定着しつつあります。

また、ホームページまで誘導できれば、「どうしてもチラシだけでは不足してしまう情報」も、お客さまに見て頂くことが出来る。

結果的に、チラシの反応率は必ず伸びるでしょう。

 

チラシの作り方そのものについては、

「美容室のチラシ反応率が2倍になる|7つのポイント」

で、重要ポイントをお話しています。参考にして下さいね。

 

四国は徳島より、あなたのサロンの成功を応援していますよ! 田村さとし

 

 

【無料セミナー】1日5分で学べる!月商100万サロンのつくり方

1日5分。10日間に分けて、「個人サロンが月商100万円をつくるコツ」を、お伝えします。

あのサロンは、なぜ人気店なのか?あなたは今、何に取り組むべきなのか?

何より、「あなたが何をどう改善すれば、売上が上がるのか?」この無料セミナーを通して、確実に見えてくるハズです。