美容室のチラシ反応率が2倍になる|7つのポイント

「チラシをいくら配っても反応が低い・・・。」美容室にかぎらず多くのサロンオーナーが、このように感じているのではないでしょうか? では、もうチラシは時代遅れなのか?

いいえ、今もチラシで集客に成功しているサロンはたくさんあります。

割引に頼らず「来て頂きたいお客様」が集まるチラシ。今回は、そんなチラシの作り方をご紹介します。

まず決めるべきはキャッチコピー

多くのサロンに欠けている視点がコレです。キャッチコピーとは、

「簡潔にサロンの魅力や特徴を伝えるパーツ」

とも言えます。たとえば風邪薬で、

「明日、どうしても休めないアナタに。」

といったキャッチコピーがありました。有吉弘行さんがCMされていましたが、これはチラシに使ったとしても、抜群のキャッチコピーです。

  • どんな人にオススメで?
  • その結果、どうなるのか?(得られるメリット)

この2つが明確なのですね。つまり最初に、「チラシを見てほしい相手」を明確にする。

その上で、その人達の悩みやお困りごとを解決する提案をすれば良いのです。たとえば美容室の場合でしたら、

「縮毛矯正の繰り返しで、パサついていませんか?」

のような唄い出しが使えるでしょう。サブコピーとして、

「当店の○○ストレートなら、繰り返す度に美しい艶髪に〜」

といったモノを用意すれば、明確なキャッチコピーになります。ちなみにキャッチコピーは、チラシの冒頭や、目立つ位置に配置しましょう。

キャッチコピーについては、「サロン集客が2倍になる!キャッチコピー作り8つのポイント」でも、詳しくお話しています。

 

オススメのメニューを絞るといい?

よく見かけるのですが、全てのメニューを記載してしまうと、スゴく見づらいチラシが出来上がります。チラシに掲載するメニューは、ある程度絞った方が良いでしょう。

具体的には、目立たせるメニューを1つ。多くても3つまでに絞る。

他に掲載したいメニューは、メインよりも小さく、補足的に掲載する事をオススメします。

そして絞ったメニューには、「キャッチコピー」の章で紹介したように、メニューのためのキャッチコピーを準備する事。

 

メニュー名の記載だけでは、十分にそのメリットが伝わらないからです。可能であれば、メニュー名そのもので、お客様のメリットが伝わるのであればベスト。例えば、

「2キロ痩せて見える小顔補正カット」

のようなメニュー名なら、キャッチコピーの要素も持ちあわせています。

 

(注意)全てのメニューにキャッチコピーがあると、逆に見づらくなります。あくまでウリのメニューに。「見やすい」は、基本中のキホンです。

 

関連記事|エステサロンの「集客できる」チラシ|メニュー全部載せはアウト?

 

「写真」がチラシ集客のカギを握っている。

美容室のチラシに限った話ではありませんが、写真はチラシ集客のキモと言えます。美容室であれば当然スタイル写真は掲載するとして、以下のモノは準備しておきましょう。

  • サロン店内の雰囲気写真
  • スタッフの雰囲気が伝わる写真
  • オススメのメニューの施術風景
  • ビフォーアフター的な写真
  • サロンの外観写真

これらが揃うほど、点数はアップします。はじめてのサロンを選ぶ時、お客様は不安です。どんな雰囲気なのか?どんなスタッフが担当してくれるのか?

そういった不安を、なるべく事前になくすこと。写真は、そういう役割も担っています、当然、

「写真でパっと見の目を引く。」

という事も重要です。チラシに掲載している写真を見ただけで、

「何かこの店、行ってみたい!」

そう思われれば、理想的ですね。また外観写真は、はじめてのお客様に対して親切心とも言えます。外観写真があれば、

「あー。あの店ね。見た事あるある。」

という現象も一定数起こります。それだけでも、来店のキッカケとなる可能性があるのですね。

 

ビフォーアフター写真は最強?

なお、写真の中でも、「ビフォーアフター写真」は最強の集客ポイントです。いくらあなたが、「良いですよ。」と言うよりも、お客様の実例が100倍説得力を持ちます。

そういう意味で、「事例を写真で見せられる」というサロンは、これをフル活用しましょう。

「ウチはまだ、事例の写真がなくて・・・」

という方は、「エステサロンの集客に欠かせない「お客さま写真」の増やし方」をしっかり読んで実行すれば、今後はドンドン増やせるハズです。

 

お客様の声は必須なのか?

「お客様の声を掲載しましょう。」

あなたも、1度は聞いたことがあると思います。スペースが許すのであれば、掲載する方がベターです。

あなたも何かの購入を決める時。いわゆるお客様の声や口コミ、レビューといったものを参考にしているハズ。

特にビフォーアフターなど「事例で見せる写真」が無い場合は、代わりに「お客様の声」を活用したいところです。

ただし、あまり抽象的な内容の物はオススメしません。なるべく具体的な内容のもの。例えば、

「オススメのメニューを受けたお客様の声」

ここに絞って掲載するのも、1つの手です。また、年代や職業なども具体的に掲載した方が、より説得力を増します。

 

人柄を伝えると反応率が上がる?

写真の章で、「スタッフの雰囲気が伝わる写真が重要」と、お話しました。これは、お客様の不安を少しでも減らすため。

「どんな人が担当してくれるのか?」

あなたのサロンを知らないお客様にとって、これは大きな不安要素なのですね。これをクリアするだけで、お客様が受ける印象は、全く違います。

 

さらに写真に加えて、「一言メッセージを手書きで」添えると、なお良いです。チラシの文字は基本的に、このブログのようにタイピングされたモノ。

読みやすい反面、人柄は伝わりづらい。また、冷たい印象も受けやすく人間味を感じません。

ですから、チラシの一部でいいのでスペースを作って、一言手書きでメッセージを添えるといいです。スタッフがいる場合は、全員で書くといいいですね。

上記だけでも加えることで、美容室のチラシは反応率が変わります。

 

意外と「必須情報」が欠けているチラシが多い??

チラシでの集客を考えた時、必須情報というモノがあります。それらがないと、せっかくのチラシも集客力が半減してしまいます。

  • 分かりやすい地図
  • 分かりやすい予約連絡先
  • サロン住所
  • ホームページ(またはブログ)の検索方法

地図が欠けていたり、あるけど分かりづらい場合も多いです。

「近所なら、これで分かるでしょ。」

という考えは致命的。特に女性客は、地理に弱い方も多い。まして、引っ越してきたばかりの方などには不親切です。出来る限り分かりやすい地図を使いましょう。

 

また、よく見かけるのが、

「○○のホームページはこちらをチェック→ http://salonsblog.com/」

のような表記。これでは、お客様がわざわざURLを打ち込む必要があります。知らないサロンのホームページを、普通はURLまで打ち込んで検索しません。そうではなく、

「サロン集客部」で検索

といったように、簡単に検索できるキーワードを明記するのが良いでしょう。これなら、スマホでも簡単に検索する事が出来ます。

 

そもそもチラシは見ずに捨てられる?

残念ながら、多くのチラシはパっと見て捨てられています。理由はカンタン。パッと見で、

  1. 自分には関係ない。
  2. 魅力を感じない。
  3. 興味が湧かない。
  4. ゴチャゴチャしてて、見る気がしない。

このように感じられているからです。つまり、これらをクリアするすれば、捨てられないチラシになります。

1〜3に関しては、この記事で述べてきた内容を実践すれば、クリアできるでしょう。ここで気を付けてほしいのは、4の項。

「そもそも見る気がしない。」

という問題です。大切なポイントなので、もう少し詳しくお話します。

 

「見づらい」チラシにならない為に。

見づらい=見られない

これは、どんな媒体を作る時も、意識する必要があります。見やすいチラシを作る為には、いくつかのポイントがあります。

  • 文字の配色は2色まで。
  • 文字サイズは3種類まで。
  • 全体の配色を多色使いしない。
  • 全体に適度なスペースを作る。
  • 写真や囲み枠が、ガタガタしないように作る。
  • 長い文章の塊は作らない。(必要な場合は適度に空白改行を入れる。)

上記の点を抑えれば、ひとまず見づらいチラシになる事は回避できます。

 

まとめ

これまでの章で述べてきた7つのポイントを実践すれば、集客できるチラシが出来上がります。まず最初にすべきことは、

どんな人に、そのチラシを見て欲しいのか?

明確に決めることです。その人が悩んでいるであろう問題の解決。その人が望んでいるであろうメニューを提案できれば、チラシの反応率は上がります。

また、全体に見やすいモノにする点を心がけ、必須情報は必ず入れること。同時に写真を上手く活用すれば、さらに集客に役立つハズです。

美容室やサロンがチラシで集客を行う上では、0,1%の反応率の違いが、大きな結果の差となります。

ぜひ、チラシを作る際は、この記事の内容を踏まえて作成してみてください。

 

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA