小さなサロンの必勝パターンを全公開。

脱毛系エステサロン|ホットペッパー集客事例「ブログ集客よりラク」

田村 聡
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
田村 聡
1980年11月10日生まれ 2009年、28歳で美容室を開業。2012年から、全国のサロンオーナー向けにセミナー活動を開始。 2013年から主催している私塾では、個人サロンを中心に、数多くのサロン売上UPに貢献。売上7ケタ達成・客単価3倍化に成功・前年比で売上が5倍・1ヶ月で50名集客など、メンバーは様々な結果を残している。 現在はサロンワークにも関わりながら、MacBook Airを片手に、全国に出向いたり、田舎に引きこもったりという日々。もうスグ2歳の愛娘と妻、3人で平和に暮らしています。^^
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!田村です。脱毛に特化したエステサロンの場合も、集客は比較的カンタンです。ただ、よくある悩みとして、

「夏場以外の時期に集客が下がる・・・」

というご相談をよく頂きます。

脱毛サロンの効果的な集客。そして、年間売上の作り方について、事例を交えてお伝えします。

 

集客に時間と手間をかけなくてよくなった

元々、リピート対策にも取り組んでおり、業績は良かったサロン様です。

ホットペッパービューティーの運用を開始する事により、さらに集客が伸びています。

 

ホットペッパー攻略塾に入って実践した結果、ネット予約のご新規のお客様が増えました。

広告費として少しお金はかかりますが、ブログを更新するより集客にあてる時間がかなり減らせることができ、

その分お客様への施術やアフターフォローに気持ちの重点を置くことができ、良いサイクルになりました。

大手会社の広告に載せることにより、客観的にお店の信頼度も上がったのではないかな、と思います。

シンプルに「集客に時間と手間をかけなくてよくなった」というのが一番の感想です^ ^

滋賀県 エステサロン「C Queen」オーナー様

 

スクリーンショット 2016-02-19 16.35.32 

 

 

単価を上げるなら店内の雰囲気が大事。

今回ご紹介したサロンは、クーポンメニューも全て1万円以上です。

よくある、「初回お試し」でプライスダウンする形をとっていません。

はじめから上質なサロンの雰囲気を打ち出し、高単価を実現しています。

店内が全てというワケではありませんが、やはり高単価サロンで集客するには、必要な要素となってきます。

 

 

脱毛系のサロンが年間収益を安定させる為には?

脱毛系メニューがメインのサロンは、服装の露出が減る時期に売上も下がります。

夏場なんかは良いのですが、どうしても冬場は下がる。

「どうやれば、冬場の売上を安定させられるでしょうか?」

というご相談は、よく頂きます。その答えは、

「売れる時に、売りやすいモノを用意する。」

という事に集約されます。

 

 

売れるモノしか売れない

そもそも、冬場に脱毛の売上を上げようとする事自体が、負け戦です。そうではなく、

「季節に関係なく、お客様に喜んで頂けるメニューを用意できないか?」

という発想が必要となります。

例えば、メインは脱毛メニューとしておくとして、フェイシャルのメニューも取り入れてみる。

そして脱毛が売れにくい時期は、そういった売れやすいメニューをメインに打ち出していく。

こうする事で、年間売上の安定に繋がります。

 

 

今ないモノも、必要なら用意する。

「ウチは、脱毛メニューしか用意してないんです。」

というサロンも、必要なメニューがあるなら取り入れたらよいのです。

新しいメニューの導入は、手間や多少の投資も必要になります。しかし長い目で見れば、そういった努力は必要なのです。

「どんなメニーを用意すれば、既存のお客様も喜んで買うのか?」

この発想でニーズ調査すれば、新しいメニューもハズレることがありません。

実際、今回ご紹介したサロンもフェイシャルメニュー等を導入されています。

 

 

年間コースの販売で安定させる。

これは多くのサロンも取り組んでいますが、成約しなければ意味がありません。

こういった期間契約などのコース販売を、どうデザインするか?エステサロンにとっては重要な部分です。

ここで1つの提案として、

「期間契約が終わっても、また期間契約がリピートされる。」

という状態を作る。

それを前提に価格設定や来店サイクルを組んでいく方が、数年スパンで見た時に経営は明らかに安定します。

逆に、いくら期間契約が売れても、その後リピートされないのであれば、いずれは新規集客に行き詰まり、上手く回らなくなるでしょう。

 

 

まとめ

脱毛系サロンの経営を安定させる為には、まず、

  • 単価設定
  • 集客手段
  • 年間契約とそのリピート

これらを揃えていく事で、長く安定した経営へと繋がります。

こと集客に関して言えば、まだまだホットペッパービューティーも有力な媒体と言えるでしょう。

ホットペッパービューティーでの集客をお考えの場合は、「ホットペッパービューティーでサロン集客するポイント」を併せて読み込んで、ポイントを押さえておきましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
田村 聡
1980年11月10日生まれ 2009年、28歳で美容室を開業。2012年から、全国のサロンオーナー向けにセミナー活動を開始。 2013年から主催している私塾では、個人サロンを中心に、数多くのサロン売上UPに貢献。売上7ケタ達成・客単価3倍化に成功・前年比で売上が5倍・1ヶ月で50名集客など、メンバーは様々な結果を残している。 現在はサロンワークにも関わりながら、MacBook Airを片手に、全国に出向いたり、田舎に引きこもったりという日々。もうスグ2歳の愛娘と妻、3人で平和に暮らしています。^^
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© サロン集客部 , 2016 All Rights Reserved.