自宅サロンが「口コミだけで」集客する具体策!「紹介の輪」が広がるサロンはコレをやっている。

こんにちは、田村です。僕が自宅サロンや個人サロンオーナーにオススメしている、口コミ集客。

今回は、その「仕組みづくり」について、詳しくお伝えしていきます。

口コミのパターンを知って実践すれば、あなたのサロンにも口コミを起こすことが出来るのです。^^

 

紹介の輪

サロンにおける口コミって、「紹介の輪」だと僕は捉えています。

「Aさんが、Bさんを。Bさんが、Cさんをサロンに呼んでくれる。」

そんなイメージ。

ですから大前提として、「お客さまとの信頼関係」が第一。

その上で、

このサロンを必要とする人が周りにいれば、ぜひご紹介ください。

というメッセージを、色んな手段で伝えること。

口コミを広げるノウハウは他にもありますが、まずはこれが、口コミ集客の「核」となります。

 

 

「紹介してほしい」を伝える

「紹介してほしい」というあなたの気持ちを伝えること。

これにハードルを感じる方が多いようですが、勝手に紹介してくれたら、それは棚ぼたに近い。

現実には、そこに頼っていてはダメです。あなたからアクションを起こし、

「紹介を広げる仕組みをつくる」

という意識をしっかりと持って、取り組みましょう!

 

 

「誰を?」を伝える

では、「どなたかご紹介して頂けませんか?」と言えばいいのか?というと、少し違います。

漠然とした要望には、人は応えづらいものです。そうではなく、

「具体的な人物のイメージ」

が浮かぶと、グッと紹介しやすくなります。

例えば何気ない会話の中で、お客さまの妹さんの話題が出たとします。

 

Aさんの妹さん、ホントに面白い方ですね〜。ぜひまた一緒にいらして下さいよ。^^

 

といった感じですね。

こちらから「指名」してしまうワケです。^^

想像力を働かせてみてください。

「あなたのサロンは、どんな場面で、どんな人に紹介される可能性があるのか?」

たとえば先ほどの例なら、

「Aさんが仲良しの妹さんと、いつものカフェでランチしている時。」

かもしれません。

この時、たまたまネイルの話題になればいいですが、そう都合良くはいかない。

しかし、こちらから事前にアクションしておく事で、

 

そういえば、いつも行ってるネイルサロンの人がさぁ〜。

 

と、話題に上げてもらえる可能性が上がります。

「その時、その場面」で思い出してもらう。

毎回イメージ通りとはいきませんが、逆指名はこの効果を持っています。

 

またこの時、普段からLINE@などを送っていれば、その場でスマホからホームページやブログにアクセスされる可能性もある。

もしくは、覚えやすく検索しやすい「キーワード」をハッキリ伝えておく事で、検索して頂けるかもしれません。

その場でアクセスできる!!

「お客さまが、いつでもどこでも、サロン情報にアクセスできる」

この状態を事前に作っておく事も、「紹介の輪」を広げるためには重要です。

 

 

LINE@やニュースレターの活用

口頭で、「●●さんを紹介してほしい。」という旨を伝えることも重要ですが、他の手段も併用すると、より効果的です。

たとえば最近は、LINE@などを導入しているサロンが多いですよね。

僕のクライアントさまなら、ニュースレターを発行しているサロンも多いのですが、この中で、

「ご紹介キャンペーン」

をたまに行う。ポイントは、「たまに」という点です。目安として年2回ほど。

この時の特典を、ケチらず「良いモノ」に設定しておくと、期間内に一気にご紹介が増える場合もあります。

ただし、やはり日頃から口頭でもお伝えしておかないと、効果は落ちるのでご注意ください。

 

 

スゲー紹介してくれる「キーマン」の存在

ちなみに、「口コミを広げてくれるキーマン」が、そのうち必ず現れます。

 

僕の経験談ですと、1人で10名以上のご紹介をくださる方が、ポツポツといらっしゃるのです。

そういった方は、「リアルでの影響力が強い」ことに加えて、「あなたを応援してくれる人」と言えます。

当然ながら、大切にしましょう。(笑)

 

 

「紹介カードの善悪」

ちなみに、昔からある手段として、「紹介カード」もありますね。多くの場合、

  • 紹介カードをお持ちで来店の新規様に●%OFF
  • ご紹介して頂いた方に、次回来店時●%OFF

という形です。

「今時、そんなんでお客は来ないよ!」

という人もいますが、おそらくその人は経営素人か?自分のサロンでやった事がないか?やって失敗したのでしょうね。(笑)

 

僕はこの手で、めちゃくちゃ紹介を増やした時期があります。

つまり紹介カードには、一定の効果が今もあるのです。

ただし、効果的な使い方が少し複雑な点。また、「使った方がいいサロン・そうでないサロン」があるので、万人にはオススメできません。

これについては「1記事レベル」のボリュームになってしまうので、またの機会にお話します。

ひとまずあなたは、使わない方向でOKです。^^

 

 

イベントの開催

イベントの開催というのも、1つの「口コミを起こす原因」となります。

難しく考える必要はありません。顧客向けに、

 

  • お花見大会
  • スノボツアー
  • ランチ会
  • 忘年会、飲み会

 

などを開催するだけでOKです。

この時必ず、「イベントの楽しそうな写真」を沢山撮影しておきましょう!

これは、次回のイベント告知に使えるからです。

「前回のイベントは、こんな感じで開催しました!」

と、写真で見せることができます。普段から店内に飾っておいたりするのも良いですよね。^^

「楽しそうなコミュニティ」

は気になるもの。これも、口コミの原因となるのです。

 

サロンの口コミを加速する「イベント」に関しては、こちらで詳しくお伝えします。

 

 

SNSでの「繋がり」

日頃から顧客と「SNSでの繋がり」を持っておく事ができれば、口コミ効果をさらに発揮しやすくなります。

 

  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター

 

などなど。他にもありますが、メインはこの辺りですね。

「類は共を呼ぶ」

と言いますが、やはりお客さまの友人には、属性の似た方が多いのは事実。

間違っても、いきなり「お客さまの友人に友達申請」とか行ってはいけませんが。^^;

例えば、

 

  • あなたのサロンの投稿に、お客さまのAさんが「いいね!」してくれた。
  • あなたのサロンの投稿を、お客さまの Aさんが「シェア」してくれた。
  • お客さまのAさんが、サロン来店時の様子などをSNSで「投稿」してくれた。

 

これらは全て、

「AさんとSNSで繋がる友人・知人の目に触れる可能性がある。」

ということです。

 

 

ネイルと美容室ならインスタ!

余談ですが、SNSはその媒体ごとに特性が違います。

 

  • フェイスブックは「写真+テキスト」
  • インスタは「写真+ハッシュタグ(#)」
  • ツイッターは「テキスト+ハッシュタグ」

 

がメインと言えるでしょう。ここで特に、「2018年現在」注目したいのが、インスタです。特に、

「商品・サービスを写真だけで伝えることができる業種」

にとって、インスタは有効活用できます。

たとえばネイルサロンなら「ネイルデザイン」。美容室なら「ヘアスタイル」です。

特にインスタを使う世代がメインの客層なら、使わない手はないでしょう。

「インスタ口コミ」

は、現実に起きている口コミ現象の1つなのですから。

 

 

 

見込み客はどこにいる?

SNSを口コミ集客に活用しようという場合。最も重要なのは、

「そこに、見込客が多く集まっているのか?」

という点です。

実はここが最重要となりますので、あなたの業種・あなたのサロンとよく照らし合わせて、SNSを見ておくと良いでしょう。

 

 

 

情報不足を解消せよ!

ちなみに、「情報不足」は命取りです。たとえば、AさんがBさんにサロンを紹介してくれたとします。

でも・・・

 

Aさん:「そういえば、あのサロン、行った?」

Bさん:「それがさぁ、道がよく分からなくて。(笑)」

Aさん:「えー?説明したじゃん。だからC駅のB改札おりて・・・」

Bさん:「方向オンチなのよねぇ〜ワタシ。」

 

こういう事は、実際によくあります。

グーグルマップが使えない。それではたどり着かないという女性も多いです。^^;

これは、サロンの情報提供不足。

「ホームページを見れば、小学3年生でもたどり着く。」

という状態にしておくべき。他にも、お客さまの不安は尽きません。

 

「店内の雰囲気はどうだろう?」

「実際、どんな人なんだろう?」

「自分好みだろうか??」

 

 

ご紹介の場合、こういった不安は通常よりも緩和されます。だから、口コミは強い。

とはいえ、「お客さまは不安のカタマリ」です。

こういった不安を事前に緩和できるように、サロンの情報を開示しておくこと。

たとえば、

「ホームページさえ見てもらえれば、十分な情報がある。」

という状態を作っておき、

「●●」と検索すれば、うちのホームページが出ます。

と、常日頃からお客さまに伝えておく。もしくは、そういった内容をLINEやメルマガ、ニュースレターで伝える。SNS等で発信しておく。

そういう努力が、

「口コミ増加の可能性」

を広げてくれるのです。

 

 

 

お礼は必ず

ちなみに、ご紹介いただいた場合は、

  • ご紹介者
  • ご紹介による来店者

共に、キッチリお礼を伝えましょう。管理不足で、

「ご紹介にお礼を伝え忘れた。」

という事があってはなりません。

ご紹介くださって、本当に嬉しい!

ご紹介で来店いただいて、本当に嬉しい!

という素直な気持ちと共に、お礼を伝えましょうね。^^

 

 

どのように紹介されたのか?

口コミ集客にも注意点があります。

ご紹介の場合なら、

「どのように紹介されて来店されたのか?」

また、「誰の紹介」という程ではないけど、噂で・・・という、まさに口コミの場合は、

「どんな話を聞いて、来店されたのか?」

必ず、お伺いしましょう。

紹介客、口コミ客というのは、ナイーブな側面も持っています。

もし、事前のイメージと大きく違えば、違和感を感じてリピートされない・・・なんて事も起きるのです。

来店動機でいえば、「紹介」ですが、「どんな紹介か?」という中身はしっかりヒアリングしておきましょう!

 

 

まとめ

今回はサロンの口コミ集客について、一通りお伝えしてきました。まずは一気にやろうとせず、冒頭でお伝えした

「紹介の輪」

の項をもう一度読み返して、実践してください。確かに手間ではあるかもしれませんが、

「全くの新規客をサロンに連れてくる」

これを例えば広告で行えば、経費がかかります。また、仮にブログで行うなら、相応の手間と時間がかかります。

 

口コミ集客においては、一般の集客に比べれば「少ない手間」で。

しかも経費もほとんどかかりません。

ぜひ、あなたのサロンでも取り入れて、口コミの輪を広げてくださいね。

四国は徳島より、応援しております!^^

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアントサロンの中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。