経費ゼロ|サロンの口コミ集客を増やす「イベント開催」の具体例

こんにちは。田村です。サロンで「口コミ集客の仕組み」をつくる上で、1つの武器になるのが「イベント」です。

実はサロンでイベント開催ができると、口コミ集客を強力に後押しします。

今回は、「どんなイベントを、どのように?」という、疑問の多いサロンのイベント開催について。

具体例を交えながら、分かりやすくお話します。

 

 

楽しめればOK

まず気軽に取り組みやすいのが、「楽しめればOK系」のイベント。

軽いノリに見えますが・・・。実際、軽いノリで開催します。(笑)

しかし、効果は絶大。

なぜなら、「話題」になりやすいから。

具体的には、サロン主催で、

 

  • お花見
  • スノボツアー
  • 飲み会
  • 日帰りバスツアー
  • 温泉同好会
  • 他●●同好会
  • 共通の趣味の会
  • ●●を観に行こう!ツアー

 

などなど。いろんなモノが浮かびます。で、実際僕も上記の多くを開催しました。^^

まずは、

「楽しんで頂けるモノであること。」

「参加したい!という人がいそうなもの。」

であれば、何でも構いません。(お客さまに実際うかがえばいい)

 

また、

 

参加資格は特にありません。ぜひ、お友達やご家族もお誘いください!

 

という旨をしっかりとお伝えしておきましょう。

「1人で行くのはちょっと・・・」

という方もいらっしゃいますし。サロンを知って頂くキッカケにもなります。最重要なのは、

 

  • あなた自身の「人となり」を、「お客さまの知人」に知ってもらう機会になる。
  • お客さまとサロン「以外の場」で繋がり、より強固な関係をつくる。

 

この2点です。

ただ、難しく考える必要は全くナシ!

イベント開催=上記の効果を含んでいますからね。^^

 

 

スーパーインパクト

ちょっと変化球になりますが、

  • とにかく「オモシロイ!」
  • とにかく「インパクトがある!」

こういったモノは、一気に話題となる可能性が強いです。

たとえば、僕の考案ではありませんが、

 

「死んだらごめん」ツアー

危険な雪山を登山する。とんでもないバンジージャンプを皆で飛ぶなど。

とにかく「危険がつきまとうような企画」を主に開催。

 

「サイババに会いに行こう」ツアー

サイババの超能力は本物なのか?実際に会いに行って確かめる。

サイババのいる修道院に宿泊してサイババに会うというガチツアー。

 

など。^^;

こういった「話さずにはいられない体験」をイベント化し、話題になったお店も存在します。

 

 

役立つイベント

ここまでお話してきたような「楽しめればOK系」のイベントとは別に、「お役立ち系」のイベントもオススメです。

例えば、

「イタリアンのシェフが主催する料理教室」

などが人気だったりましますが、これもその一種。僕が実際に行ったイベントで好評だったものをご紹介すると、

 

 

お家でも3分で出来る!アイロンを使った巻き髪講座

実際にお使いのアイロンを持参して頂いて、なりたいスタイルに合わせて使い方をレクチャー。

 

簡単なコツや、必要なスタイリング剤などもアドバイス。

アイロンをお持ちでない場合はサロンの物をレンタル。購入希望者がいれば、予約注文をもらう。(一定数必ずいる。)

 

 

失敗しない「セルフ前髪カット」講座

カットハサミをお持ちの場合は持参いただく。ない場合はレンタル。

失敗の前例も伺いながら、

「絶対に失敗しない、自分で行う前髪カット」

をレクチャー。ご希望の方には、安価でも使えるカットハサミを受注。

 

 

失敗しない「お子様の前髪カット」講座

上記と似た講座ながら、「人の前髪をカットする」というのはセルフカットと似て非なるもの。

特に小さなお子様の前髪カットにテーマを絞って開催。

 

 

可能な方は、実際にお子様連れで。お一人参加の場合は、練習用ウィッグを使用。

全員、事前に練習用ウィッグでレクチャー。

美容室にはカット練習に使ったウィッグが山ほどあるので、経費はかからない。

 

 

まぁ、他にも色々やったのですが、上記はどれも好評でした。^^

 

 

これは美容室でなくとも、色んな企画が可能です。

例えばエステサロンなら、・・・フェイシャルのホームケア。自宅で出来る簡単エステ。「太りにくい」食事セミナー。etc・・・

リラクゼーションサロンなら・・・肩こり解消ストレッチ講座。腰痛改善セミナー。

などなど。難しく考える必要はありません。

あなたが「教えられる事」で、「お客さまに役立つモノ」

であれば、何でもイベント化できるのです。^^

 

 

副産物

イベントの副産物として必ず一定数、

  • その場で商品が売れる
  • 次回の予約を頂く
  • 新規のご予約を頂く

といった事が起きます。

ただし、「コレを売りたい!」とか、「この人、予約してくれないかなぁ。」といった事は、イベント中、一切考えないでください。

あくまで、

「イベントに参加頂いた方に、ご満足いただくこと。」

これが最優先であり、他は副産物と捉えましょう。下心は、見抜かれるものです。(笑)

 

 

 

社会的に役立つイベントなら・・・

あなたが考案したイベントが、「社会的にも役立つ」というモノになった場合。

地域の新聞や地域情報誌に、プレスリリースを出しましょう!

 

 

カンタンに言えば、

 

「当店では、こういったイベントを定期開催しております。●●な方のお役に立てるイベントですので、ぜひ取材に来ていただけませんか?」

 

といった内容を、書面で送ればいいのです。

内容、タイミングにもよりますが、一定の確率で取材に来てくれて、記事にしてもらえる事があります。

 

 

イベント開催予告

イベントは少人数で全然OKですが、

「たくさん集まってほしい!」

という時もありますよね?

イベントそのものに集客する場合、「事前の予告」で9割決まります。

映画やドラマもそうですよね。公開前の予告を徹底しています。

イベント集客の時も、あらゆる手を使って、

 

●●(日時)より、●●(場所)で、こんなイベントを開催します!!

 

という旨を、顧客にお伝えするのです。

 

  • 店内で口頭
  • 店内POP
  • 店外POP
  • メルマガやLINE@
  • ニュースレター
  • ブログやホームページ
  • 場合によってはDM
  • SNS

 

などなど。あなたが持っている、ありとあらゆる媒体やチャンネルを活用してください。

具体的には、開催1ヶ月〜2ヶ月前に、予告をスタートしましょう!

予告をしっかり行った上で募集すれば、

「お客のニーズ」

を外さない限り、閑散としたイベントにはならないハズ。

なお、お客のニーズは当然、普段の会話で探っておきましょう。^^

 

 

イベント後が重要!

イベント前も大事ですが、

「イベント後に何をするか?」

で、次のイベント集客が決まります。ここで最重要となるのは、

「楽しそうなイベントのレポート」

を、公開すること。

下の写真は、僕のランチ会からの1枚です。^^

 

 

これも予告の時と同様、「ありとあらゆる媒体で」レポートを公開しましょう!

具体的には、

 

  • 開催時の楽しそうな写真(複数)
  • 参加者のお声など(できれば欲しい)

 

などですね。^^

たとえば僕も、ランチ会など開催した際には、こうしてレポート記事を書きます。

 

こういうのがあると、

「楽しそう!」

「次、あったら行ってみたいな。」

という方が増えるものです。特に女性が対象のイベントは、

「楽しそうな雰囲気写真」

が、ある意味「命」とも言えます。

 

注意点として、

「写真の公開許可」

は必ず事前に頂いてください。顔出しNGの方は「ハートマークで隠す」などの配慮が必要です。

 

こうしてイベントレポを作っておけば、次回別のイベントを開催する時も、

「前回はこんな感じで楽しんで頂けました!」

と、お見せする事ができますよね。^^

 

 

参加費は??

ちなみに、このイベントのポイントとして、

「利益を出さないこと」

これも重要です。イベントはあくまで、

「お客さまに喜んでいただく。」

これが目的であって、利益は必要ありません。

僕のランチ会なども完全に飲食費の実費のみ。

サロンで僕が開催してきたイベントも、お金がかからない場合は無料。

飲食などお金がかかる部分のみ、実費という形で行ってきました。

 

 

お得意様にだけ・・・

少し付け加えておくと、

「お得意様だけご招待の●●」

といったイベントもいいですね。カンタンなもので言えば、ランチ会を主催してサロン側で支払うとか。

お得意様は、特別に扱いましょう!

 

またイベントでなくても、

 

  • 新メニュー導入時に、お得意様のみ無料でお試し。
  • 新商品導入時に、お得意様のみ無料サンプルのプレゼント。

 

なども効果的です。

無料サンプルなんて、メーカーに存在しなくても自分で作ればいいワケですし。

メニューのお試しだって、いきなり導入するよりも、予告しながら行った方が、結果的に売れますしね。^^

 

 

「自分も楽しむ!」が1番

イベント開催は何よりもまず、話題を生みます。さらに言えば、

「お客さまからのご縁が広がっていく可能性」

「お客さまとの距離が一気に近づく可能性」

も、持ってるのです。

今回ご紹介した、

  • 楽しい系
  • 役立つ系

まずはどちらでも良いので、あなたが「やりやすい」と感じる方から始めてみてくださいね。^^

 

最後に。

「あなた自身も、楽しめるイベントであること」

これも忘れないでください。

あなた自身が楽しめないなら、そのイベントは結局、長続きしないからです。

逆に楽しいモノなら、ニーズがあれば「ロングセラー」になる可能性も高いのですね。

ぜひ、あなたのサロンの口コミ集客強化に、今回のイベント開催も活かしてください。

 

四国は徳島県より、応援しております!! 田村さとし

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアントサロンの中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。