自宅サロンの開業資金はいくら?あなたに合わせた予算を知ろう!

こんにちは!個人サロン経営アドバイザー、田村聡です。

「自宅サロンはじめたいけど、資金はどれくらいかかるの?」

という、ご相談が増えています。

そこで今回は、「自宅サロンの開業資金」について。ズバリ、いくらかかるのか?

あなたに合わせた資金額がわかるように、お話していきましょう!

 

まず、一般論で。自宅サロン開業資金は?

あくまで一般論かつ、概算になりますが・・・。

結論から言いますと、

【初期の材料費】+【専用機材(必要なら)】+30万円ほど

田村

これが、1つの「目安」となります。

 

 

機材や商材については、業種やその内容によって、大きく変わってきますよね?

たとえば、

サロン子

ウチは「オールハンド」のエステメニューだけよ。 

 

という場合、機材は不要ですし。ネイルやリラクゼーションも、高額な機材は必要ありません。

また、機材を導入する場合も、リース契約という選択肢もあるワケです。

 

材料費に関しても、各業種、

「数万円ていど」

という場合が多いでしょう。

 

ポイント(1)自宅サロン開業資金/目安

ざっくり概算で、

材料費+機材(必要なら)+30万円 が目安。

 

 

内装工事は必要か?

 

金額の大きなところからいくと、まず「改装費」ですね。

 

そもそも、内装工事なんて予定してない!

 

という場合は、もちろんゼロですし。

 

壁紙と床、カーテンと照明は変えたい!

 

となると、数十万単位になる場合もあります。

田村

ちなみに、

「壁紙だけ変更」

するだけでも、室内の印象はガラッと変わります。

専門業者にお願いしても、自宅の一室であれば10万円以内に収まるかと。^^

とはいえ、

「選ぶ材質の価格」

にも大きく左右されるので、リフォーム店や工務店に、まずは見積を出してもらうといいですね。^^

 

個人的に・・・

田村

内装工事は、サロンのイメージアップに繋がりやすいポイントです。

たとえば、

・壁紙
・照明
・カーテン

これらを全て変更して、15万かかるとします。

「15万円」

という金額そのもは、決して安いものではない。

でも、「サロンのイメージが上がる」という意味では、決して高くない買い物です。

お客さまは、「施術にだけ」お金を支払っているワケではありません。

そういう意味では、

「安い投資」

という捉え方もできますね。

 

ポイント(2)自宅サロン開業資金/内装工事

内装工事はオススメ。

壁紙・照明の変更のみなら、10万円程度が目安。

 

 

自宅サロンの「販促物」にかかる費用

自宅サロンといえど、ある程度の「販促物」は揃えておく方がベターです。


ワタシは、月2,3万の小遣いになればいいのよ!

 

という場合は別として・・・。

「ある程度の利益は欲しい!」

と考えるなら、

 

・チラシ
・リーフレット(もしくは代わりになるカードなど)
・ホームページ(もしくは代わりになるブログなど)

 

田村

この辺りは、揃えておきたいところです。^^

 

チラシにかかる費用

まずチラシ作成のコストとしては、正直「ピンキリ」です。^^;

デザインから印刷まで、全て外注すれば10万円以上になる場合もあります。

コストを抑えるなら、

(1)自分で原稿データ作成
(2)ネットプリントにデータ入稿

という形が、最も安く仕上がります。部数にもよりますが、この場合なら2〜3万ていどから、作成が可能です。

 

「チラシ」は言うまでもなく、「集客」のために使います。

チラシなんて、時代遅れじゃない????

 

なんて声も聞こえますが。(笑)

チラシは昔も今も、

「存在を知ってもらうために超有効なツール」

です。

 

サロンのチラシ関連|参考記事

集客できないサロンのチラシは「導線」が欠けている!

エステサロンの「集客できる」チラシ|メニュー全部載せはアウト?

美容室のチラシ反応率が2倍になる|7つのポイント

サロンのチラシ「配り方」を選ぶ基準。配布方法だけで、こんなに違いが?

 

 

リーフレット(もしくはカード類)

こちらもコストとしては、チラシと同じくらいですね。

全て外注すれば10万ほどの場合もあり、自作できれば1万円以内で済む場合も。

チラシと違って、ポスティングなどの一般配布はしないので、部数としては少なめでもOKです。

 

リーフって、結局ナニ?

 

と問われますと、

「サロンの概要、大切な情報、基本のメニュー料金がわかる。」

つまり、サロンのパンフレットみたいなもの。

こういった物を用意しておけば、初来店の方にもお渡しできますよね。

次回の来店を促したり、他のメニューも知ってもらったりする機会になります。

リーフがあるだけでも、ご紹介に繋がりやすい。

 

田村

内容としては、

・業種とサロンの特徴
・メニュー料金
・スタッフ紹介
・アクセス地図
・予約方法、連絡先
・イメージ写真(店内や施術イメージ、仕上がりイメージなど)

あたりが入っていればバッチリです。

 

 

ちなみに、こういった内容を、

「カードっぽくまとめる」

ということも出来ますが、

「あるていどの情報量は欲しい」

といった事情で、カードよりは紙媒体にする方がベターです。

 

自宅サロンにメンバーズカードは必要か?

余談になりますが、

メンバーズカードっている??

 

の答えは現在、

「どちらでもいい。」

となります。^^;

 

田村

ただ、

「ポイントの還元」

などを行う場合は、1番カンタンな方法が「メンバーズカード」ではありますね。

 

 

 

ホームページ(もしくはブログ)

 

サロン子

ホームページって、あった方がいいの??

 

これは最も多い質問の1つですが、

「ゼッタイにある方がいい!!」

です。

田村

単純に、

「ネット上にサロンの情報があるか、ないか?」

この差は本当に大きい。たとえば、顧客の紹介で、Aさんがあなたのサロンに興味を持った時。

何をすると思いますか??

多くの場合、まずは(スマホで)検索します。

・場所
・営業時間
・連絡先
・定休日
・料金
・雰囲気

ほとんどの人は、こういった「基礎情報」を事前に知りたいからです。

 

サロン子

でも、ホームページとか作ってもらうと、高いじゃない?

 

田村

普通に作ってもらうと、今も10万〜30万くらいしますね。

 

サロン子

「無料ホームページ作成」

みたいなので作ってもいいの?

あと、ブログとか使ってる人、多いじゃない?

友達も、アメブロやってんのよね。

 

田村

それもダメというワケではありません。

ただ、大事なポイントはおさえて下さい!

じゃないと、

「役立たずのホームページ」

どころか、

「マイナスイメージを生むホームページ」

になるので。^^;

 

サロンのホームページに関しては、

「サロンのホームページを「集客できない失敗作」にしない具体策」

を参考にすれば、

「せっかく作ったのに、何の役にも立たない・・・」

なんて事には、ならないハズです。

 

ポイント(3)自宅サロン開業資金/販促物

チラシは自作なら2,3万〜 外注すれば10万ほど

リーフ類は自作なら1万〜 外注すれば10万ほど

ホームページは外注すれば10〜30万ほど 自作なら無料の場合も

 

 

自宅サロンの家具

コストとしては、まさにピンキリなので、

「●●円くらい」

とは言い難いポイントですが。多くの場合、最低限の家具なんかは必要になりますよね。

たとえば商品を少し置くにも、テキトーに家にあった台に置くより・・・

↑こんな感じの

素敵なショーケースに置くだけで、「価値」が変わってきます。

僕もサロンを経営して痛感しましたが、

女性は家具の質・雰囲気にものすごく敏感。

そういう意味では、家賃や店舗取得の費用がかからない分。こういったところには、投資してもいいでしょう。

 

田村

たとえば僕は、高級路線に変えた時、

「一脚●十万」

みたいなソファーも用意しました。

そして、驚くほど多くのお客さまが、そこに気づきます。

何もそこまでする必要はありませんが、

サロンの価値と雰囲気をつくる

って、大事なポイントです。

 

ポイント(4)自宅サロン開業資金/家具

ごく一般的な目安としては10万円

家具はモノによってピンキリ。

予算に合わせて、まずは「必須のモノ」を用意しよう!

 

 

バカにできない「雑費」

 

自宅サロンも、いざ開業するとなると、

「雑費」

が発生します。

ここは少し多めに、10万円ほど

予算をとっておきましょう!

サロン子

10万も何に使うの?

 

田村

厳密には、半分くらいで済むことも多いです。

でも、

・ちょっとしたインテリア雑貨
・雑誌類
・お茶出しなどの食器
・タオルなどの備品類

なんかを合計すると、意外と高くなったりします。

「ケチればいい」

という問題ではないので、しっかり予算に組んでおきましょう!

 

 

ポイント(5)自宅サロン開業資金/雑費

余裕をもって10万円ほど。

 

自宅サロン開業資金|まとめ

今回は、自宅サロンの「開業資金」にフォーカスして、お話してきました。

何1つとして「全く同じ」というサロンはないので、全て目安にはなりますが。

まとめると、自宅サロンの開業にかかる費用としては、以下の通り。

 

(1)改装費用・・・10万

(2)販促物・・・チラシ(2,3万〜)リーフ、カード類(1万〜)ホームページ(0〜30万)

(3)家具・・・10万円

(4)雑費・・・10万円

(5)初期材料費、機材代

 

上記の中で、

ウチは新築したばかりだし、改装は必要なし!

とか、

家具は、今あるモノで十分。代用できそう。

 

など、個々に都合は違ってくるかと思います。その結果が、冒頭でお伝えした「一般論かつ概算」の、

【初期の材料費】+【専用機材(必要なら)】+30万円ほど

です。^^

 

ただ、

「自宅サロンの開業資金」

という観点でいいますと、上記(1)〜(5)は1つの目安となるハズです。

この中で、「必要なモノ・不要なモノ」を、あなたなりに振り分ければOKですね。

 

そして最後に・・・

あなたの脳裏に残るくらい、何度も言いたいのですが。

とにかく「憶測」ではなく「実際の見積」を早い段階でとってみましょう!

「憶測」の時間が長いほど、それは「思い込み」に変わっていくので、キケンです。

 

見積はタダですし。

家具や材料、機材なんかも、価格を実際に調べるのはタダですよね?

ですから、まずは行動!!

実際に足を運んだり、あなたの時間を使っていきましょう!!

でないと、文字通り「なにひとつ」始まりませんからね。

 

田村

最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございました!!

開業の準備をはじめてから、

 

こんなハズじゃ・・・・・・

 

みたいな事態にならないよう、開業は計画的に進めていきましょうね!^^

 

自宅サロンの開業に関しては、

自宅サロンの開業(準備編)を成功に導く「準備」

で、詳しくお伝えしています。これから開業を考えている方は、必読です!

自宅サロンの開業(準備編)を成功に導く「準備」

【無料セミナー】1日5分で学べる!月商100万サロンのつくり方

1日5分。10日間に分けて、「個人サロンが月商100万円をつくるコツ」を、お伝えします。

あのサロンは、なぜ人気店なのか?あなたは今、何に取り組むべきなのか?

何より、「あなたが何をどう改善すれば、売上が上がるのか?」この無料セミナーを通して、確実に見えてくるハズです。