自宅サロンVSマンションサロン|それぞれの開業「メリット・デメリット」儲かるのはどっち?

こんにちは!個人サロン経営アドバイザー、田村聡です。「自宅サロンとマンションサロン、どちらが有利か?」

また、「どちらで開業するか迷っている」というご相談をけっこういただきます。

そこで今回は、「自宅サロンVSマンションサロン」というテーマで、それぞれのメリット・デメリット。

また、「どちらが儲かる?」という視点も交えて、お伝えしていきましょう!

 

 

自宅サロンとマンションサロン「どっちが儲かる??」

もしアナタが今、

「自宅サロンで開業するか?マンションを借りるか?」

とか、

「今は自宅サロンだけど、マンションに移転しようか?」

と、お考えの場合。

 

サロン子

そもそもさ、どっちが儲かりやすいの?

 

 

というのは、気になるところですね。^^;

結論から言いますと、

「売上そのものは、マンションサロンが高い傾向。」

という事になります。

僕は、個人サロン向けの講座を4年ほど主催していますが、平均すると、そのような傾向が強いのです。

 

田村

ただ、これはオーナーさんの「ライフスタイルの違い」も、大きく反映されていると感じています。 

 

 

ライフスタイルの違いって?

カンタンに言うと、マンションサロンの方が、自宅サロンよりも、

・営業日数が多い
・営業時間が長い

という傾向にあります。

つまり、自宅サロンを運営されている方は、

「【家庭】があくまで主軸であり、その空き時間にサロン業務を行っている。」

対して、マンションサロンの場合、

「一般のテナントに出店している店舗のように、営業している。」

ということです。

モチロンどちらの場合も、「全てのサロンが」というワケではありません。あくまで、「そういう傾向が強い」という話です。

 

 

自宅サロン・マンションサロン、それぞれの「メリット・デメリット」

 

では、「メリット・デメリット」という視点で見ると、どう違うのか??

それぞれ詳しく見ていきましょう!

 

 

 

自宅サロンのメリット

まずは、自宅サロンのメリットから。

(1)家賃が発生しない

これは、自宅サロンの大きなメリットの1つですね。

人件費が発生しない1人サロンにおいて、ほとんどの場合、1番大きな固定費が「家賃」です。

ココが「実質0円」というのは、かなり運営リスクが下がることになります。

 

(2)家事の合間でも営業できる

「家事の合間」と言ってしまうと、語弊があるかもしれませんが。^^;

合間で家事はできてしまう。特にお子様のいらっしゃる方は、

「子供が学校や保育園に行ってる間に・・・」

ということが可能です。

店舗サロン、マンションサロンですと「自宅から至近距離」という場合を除いて、こういうスタイルは難しいですからね。

自宅サロンの「大きなメリットの1つ」と言えるでしょう。

 

(3)開業資金が低コスト

「サロン開業」と考えると、おそらく自宅サロンでの開業が、最も低コストな形態となります。

「開業資金が少なくて済む」

というのは、メリットとしか言いようがありません。^^

 

自宅サロンの開業資金に関しては、

自宅サロンをはじめるには「どれくらいの資金が必要」か?あなたに合わせた予算を知ろう!

を、参考にしてくださいね。^^

 

 

自宅サロンのデメリット

では続いて、自宅サロンのデメリットについて、見ていきましょう。

 

(1)住所公開の問題

「住所を公開するのはちょっと・・・」

というお声を、自宅サロンオーナーさんからよく伺います。

また、ご家族から「住所公開に反対」の声が上がることも・・・。

この点は、集客面において大きなデメリットと言わざるを得ません。

また、実際に居住する物件ですから、

「不特定の人が集まるのは・・・」

という抵抗感も、否めないという点が挙げられます。

 

(2)仕事とプライベートの境界線

これはサロンに限った話ではありませんが、同じ物件内で生活しながら仕事するため、

「仕事とプライベートの境界線が曖昧になる」

ということは、普通に起こります。

僕自身は「ボーダレスでOK派」ですが、この点が引っかかる方には、デメリットですね。

 

(3)集客活動への影響

集客活動をする時、マンションサロンであれば、何も気にせず広報できます(契約内容による)。

しかし自宅サロンの場合、たとえば「広告の使用」などに躊躇される方も、実際には多いでしょう。

気にならない方には関係ないですが、やはりこちらも、

「何かひっかかるな」

という方にとっては、デメリットとなります。

 

自宅サロンの「メリット・デメリット」をふまえて

総じて言いますと、

「ライフスタイル優先」

「ガッツリ働く感じではない」

という方には、自宅サロンのメリットが活きるという感じですね。

また、「実質家賃0円」というのは、大きな魅力です。

 

 

マンションサロンのメリット

では続いて、マンションサロンのメリットを見ていきましょう!

 

(1)自宅と比較すると、売上は最大化しやすい

モチロン運営によりますが、マンションサロンは自宅サロンよりも、売上が高い傾向にあります。

たとえば、こちらのサロンでは、年商1000万以上に成長していますね。

こういうレベルのマンションサロンが、うちの受講生さんにはけっこういます。^^

 

前述したように、「ライフスタイルによる違い」はモチロンありますが、やはり、

「年商1000万クラスがいくつも生まれている」

という事実から、売上面での優位性は高いと言えるでしょう。

広告費をかけやすいのも、その要因の1つとなっていますね。

 

 

 

(2)店舗感

自宅サロンと比較すると、「居住していない」マンションサロンは、やはり店舗感が高いと言えます。

モチロン、インテリアや内装の影響は大きいですが、「自宅に来た感」はないですよね。

サロンを利用する方は、やはり「施術を受けにきただけ」ではないので、

「生活感のない、サロンらしい空間演出」

は、作りやすいハズです。

デザイナーズのワンルームを借りて、隠れ家的に運営しているマンションサロンも、多いですよね。

 

(3)プライベートを守れる

これは、「自宅サロンと比較して」の話ですが。

当然ながら、居住している物件とは別に賃貸するワケですので、

「仕事とプライベートの仕切り」

は、ハッキリとしています。特に、

「自宅に人の出入りがあるのは、ちょっと・・・」

という方には、かなり大きなメリットではないでしょうか。

 

 

マンションサロンのデメリット

続いて、マンションサロンの「デメリット」も見ていきましょう。

 

(1)家賃が発生する

これも「自宅サロンと比較して」の話になりますが、トーゼンながら家賃が発生します。

また、「立地条件・好みの見栄え・間取り」などを見ていくと、理想的な物件ほど家賃も上がるハズです。

 

(2)商用利用可能な物件が少ない

マンションサロンと言っても、

「借りればどこでも営業できる」

というワケではありません。

実際、「サロンとして商用利用が可能な物件の方が少ない」でしょう。

契約内容を無視して、隠れて営業など行ってしまうと、後々大きなトラブルになりかねません。

こういった点には、十分注意しましょう。

 

マンションサロンのメリット・デメリットをふまえて

総じて言いますと、

「比較的、低コストで開業したい」

かつ、

「しっかりと収益を上げたい」

という方には、マンションサロンの方がオススメです。

ただしこの場合、

「賃貸テナント」

も視野に入ってくるので。そこが難しい判断とも言えます。^^;

とはいえ、一般的なテナントよりは、格段に開業コストは抑えられる場合が多いですね。

 

 

結論、どちらを選ぶべき??


結局、ワタシはどっちを選ぶべき??

 

 

という視点で言えば・・・。

「あくまで、サロンでの収益を大きくしていきたい!!」

という志向が強いなら、マンションサロン。

賃貸マンションの一室でも、年商1000万以上のサロンは結構あります。

たとえば、都内ではモチロン。(現在はテナントに出店されています)

地方でも、同じ規模の事例はありますね。

 

対して、

「あくまで家庭をメインに、最低限のリスクでサロン運営を行いたい。」

という方にとっては、やはり自宅サロンに軍配が上がるでしょう。

実働19日ほどで、月商78万円。日給換算で29383円というサロンさんもありますし。

自宅で仕事しつつ、家事もしながら「日給3万」と考えると、かなり良いお仕事と言えますからね。

 

今回は、

「自宅サロンVSマンションサロン」

というテーマで、お伝えしてきました。結論、

「求めるライフスタイルに合わせて選ぶのが吉」

と言えます。

どちらを選ぶにしても、「メリット・デメリット」を踏まえて。

あなたが欲しい成果、ライフスタイルに合う方を選択することが、幸せなサロン経営への道となりそうですね。^^

 

追伸・・・

「これから自宅サロンで開業したい!」

とお考えの方は、

自宅サロンの開業手順|失敗に終わらないためのポイント

を、必ずチェックしておいてくださいね!

自宅サロンの開業手順|失敗に終わらないためのポイント

【無料セミナー】1日5分で学べる!月商100万サロンのつくり方

1日5分。10日間に分けて、「個人サロンが月商100万円をつくるコツ」を、お伝えします。

あのサロンは、なぜ人気店なのか?あなたは今、何に取り組むべきなのか?

何より、「あなたが何をどう改善すれば、売上が上がるのか?」この無料セミナーを通して、確実に見えてくるハズです。