リラクゼーションの集客は「広告ナシ」でも看板の工夫だけで「2倍に」なる!

こんにちは!田村です。リラクゼーションサロンって、増加傾向の中で「集客」や「差別化」 に悩むオーナーも増えていますね。

今回は、リラクサロンの集客について。看板を工夫して、集客を2倍にする方法について、お伝えします。

気持ちよさげ

まず結論から言いますと、リラクゼーションの集客には、

1)「気持ちよさそうな表情」を、

2)「写真」で、

3)「事前に」伝えると、

間違いなく伸びます。1つ1つ、見ていきましょう。

 

1)気持ちよさそうな表情

「気持ちよさそうな表情」というのは、「施術を受けている最中の」写真ですね。

集客に使うので、モデルさんにお願いするといいです。(プロのモデルである必要はありません。)

たとえば、こういったモノ。

 

リラクゼーションサロンの「ウリ」は主に、「癒し」です。この中には、「気持ちいい」「心地いい」という要素がありますよね。

ならば、

「いかにも、このサロンの施術は気持ち良さそう!」

と感じてもらう事ができれば、集客は伸びます。

 

写真で「しか」伝わらない!

ちなみに、

「気持ちよさそう・・・」

というのは、写真で伝えるのが基本です。文章でいくら書いても、写真の力が圧勝。

逆を言えば、写真の力を存分に使わないと、これを伝えるのは難しい。集客も、ままならないという事です。

 

サロン子

「無料素材」とかでもいいの??

 

田村

他店とかぶる可能性もありますし、商用利用の問題などもありますので、避けた方がいいですね。

 

サロン子

自分で撮るの、面倒なんだけど。

 

田村

今後の集客に「長期に渡って」影響する部分なので、できればプロにお願いするのがベターです。^^;

 

 

2)「事前に」伝える

あなたのサロンで施術を受けている人の「気持ちよさそうな写真」は、来店前に伝えない限り、集客には使えません。

そこで僕が強くオススメするのが、

「店舗の看板で、大きく写真を使って訴求する。」

という方法です。

大きな立て看板は高額になるので、外壁などを利用するのも良いですね。

 

サロン子

外壁看板も、デカいのは高いわよね?

 

田村

確かにソコソコしますが、長く使えるモノなので、費用対効果は高いですよ。

 

田村

通りがかっただけで、「業種」「気持ちよさそう・・・」の2つが伝われば、確実に「通りがかりの」来店が増えます。

予約電話番号も合わせて明記したり、店前にも「置きチラシ」を設置するなどすれば、その後の経費をかけなくても、さらに集客は加速するハズです!

↓↓↓

置きチラシに関しては、こちらの記事の「店前置き」の項で詳しくお伝えしています。

 

 

至ってシンプル

集客の方法は色々とありますが、「業種」と「サロン最大のウリ」を伝えるというのは、基本中の基本。

でも、そのシンプルさ故に、しっかり実践できていなサロンは多いです。特に「看板で」となると、その割合は1割以下ではないでしょうか?

僕がリラクゼーションサロンを開業するなら、間違いなく、

 

  • 大きめの写真入り立て看板(もしくは外壁看板)を作る。
  • その看板に、営業時間や予約番号、ホームページへの誘導(○○で検索)を明記する。
  • 店前には目を引くPOPボードと、店前置きのチラシボックスを設置する。

 

この3つは、確実にやります。

仮にこれで、月に数人でも新規が入るなら、長い目で見るとかなりの集客効果を見込めるからです。

逆に、

「Relaxation TamuTamu」

みたいな、横文字だけカッコよく書いた看板って、本当にモッタイナイとしか言えません。

田村

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!!

もしあなたが、

「リラク系サロンで集客に悩んでいる・・・」

という場合は、今回ご紹介した「看板の工夫」もぜひ検討してみてください。

 

 

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアントサロンの中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。