サロンのギャンブル集客|失敗する理由は「3つの視点」にアリ?

こんにちは!田村です。今日は単刀直入に、「サロン集客が失敗する理由」についてお話します。これを知らずに集客をがんばるというのは、「ギャンブル集客」とも言えるでしょう。

 

3つの視点

集客が失敗する大きな原因として、「3つの視点」が欠けている場合が多々あります。この3つとは、

 

  1. 誰を?
  2. どこで?
  3. どんな?

 

です。コレ抜きで行う集客は、まさにギャンブル。逆を言えば、

「この3つが揃った時、集客の成功率はグッと上がる。」

という事です。1つずつ、詳しく見ていきましょう。

 

 

(1)誰を?

まずは、「誰」の部分です。これはサロン経営のキホンですが、

「あなたは、どんな人にサロンのお客さまになってほしいのか?」

最初に、ココを明確にしておきましょう。

「30代のOLです。」

では、「誰」とは言えません。曖昧すぎます。

 

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 家族構成
  • 休日(曜日)
  • 勤務時間
  • 余暇の過ごし方
  • 価値観
  • 悩みや解決したいこと。「こうなりたい」という希望

 

などなど。

「たった1人の人物像を具体的に」

イメージしてください。すでにあなたのサロンに通う、理想的なお客さまでも構いません。

ちなみに最後の項目、

「悩みや解決したいこと。「こうなりたい」という希望」

には、

「あなたがサロンで解決できること」

が、当てはまります。

 

 

(2)どこで?

次に、「どこで?」です。これは、

「あなたの理想のお客さまは、どこにいるのか?」

つまり、

「どんな媒体で広報すれば、1番見てもらえるのか?」

という事です。

 

極端な話、高齢者を集客したいのなら、ネット系よりもチラシなどの媒体でしょう。・・・(ネットにいない可能性が高い。)

23歳の1人暮らしOL女性を集めたいのに、新聞折込では見てもらえる確率が低いです。・・・(新聞をとってない可能性が高い。)

45歳のセレブな主婦の集客に、グ●ーポンなどの割引メイン広告では難しい。・・・(そもそも見ない可能性が高い。)

 

厳密にはもっと細かいですが、

「来てほしいお客さま」によって、「いる場所」が違うのです。

ここを間違うと、集客は上手くいきません。

 

 

(3)どんな?

仕上げは、「どんな?」です。これは、あなたの来て欲しいお客さまに対して、

「どんな言葉・写真を見せれば、振り向いてくれるのか?」

ということ。

「どんな言葉」とは、キャッチコピーやメニュー名が主になりますが、この他すべての文章も含みます。

たとえばチラシを作る時。「オーナーからのあいさつ」には、どんな言葉づかいで、何を伝えるのか?

こういった点も、実は重要です。「何となく」ではなく、「どう見せるのがベスト?」という視点で考え抜きましょう!

 

 

そして、どんな写真を見せるのか?ビフォーアフターが思いっきりメイン?店内のステキな雰囲気を前面に推し出す?

はたまた、素敵なヘアカタログ風に?ネイルカタログ風に?

などなど。

全く同じサロン、同じスタッフ、メニューの中でも、

「どんな人に向けるのか?」

によって、内容は変わってくるのです。

 

 

まとめ

今回は、集客の前段階として大事な3つの視点。

  1. 誰を?
  2. どこで?
  3. どんな?

についてお話しました。この3つが揃えば、少なくとも「ギャンブル集客」ではなくるでしょう。

この「3つの視点」について初めて考える方は、難しく感じるかもしれません。でも1つ1つ書き出していけば、数時間もあれば一通り、まとまるハズ。

それでもコレ抜きにして、ギャンブルを続けますか?

僕はオススメしません。^^;

 

四国は徳島より、あなたが「繁盛サロン」へと向かうこと・・・心より、応援しております!

 

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアントサロンの中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。