繁盛サロンへの道

山口|エステ&理容サロンで月商135万達成!

  
\ この記事を共有 /
山口|エステ&理容サロンで月商135万達成!

こんにちは!田村です。「人気サロン突撃レポ」第50弾。

今回ご紹介するのは、山口県のエステ&理容サロンオーナーさんです。

それでは、早速いってみましょう!

田村

「人気サロン突撃レポシリーズ」は、田村のクライアントや卒業生さんのサロンを直撃インタビューし、「根掘り葉掘り」聞いてみる、という企画。 今回は、その「第50弾」となります。

肌質改善とお顔そりのお店Bonheur

今回、取材させていただくのは、「肌質改善とお顔そりのお店Bonheur」玉野オーナーです。玉野さん、本日はよろしくお願いいたします。^^

田村

よろしくお願いいたします。^^

玉野オーナー

まずは100万達成、おめでとうございます!

田村

ありがとうございます。^^

玉野オーナー

素晴らしいです!

10月が62万、11月が75万、12月が100万達成というか、135万も上がってるんですね!スゴイ!^^

どうですか?実際に達成されてみて。

田村

そうですね〜。今回、物販にかなり力を入れたので、実際の利益としては100万あるワケじゃないんですけど。

でも、

「とりあえず、100万円という売上を達成してみたい!」

というのが目標だったので、それが達成できたことは嬉しかったです。^^

ただ、田村さんや他のメンバーさんもおっしゃるように、

「気がついたら」

という感じでしたね。

「あれ、(100万)超えてたんだ」

みたいな(笑)

玉野オーナー

ですよね(笑)

実際、

「いつの間にか」

って感じだとは思います。^^

田村

そうですね。^^

玉野オーナー

ともあれ、1回(100万)やると、その感覚もわかりますし。

それが「普通のこと」になるので。

これから、まだ今年始まって間もないので、

「今年は、100万超える月を増やしていく」

みたいな感覚でやっていくと、年商としては大きくなっていきますからね。

感覚として、ウチのスクールで1回100万超えると、大体、年商1000万くらになってくるんです。

なので、まずはその辺りを目指していきましょう!^^

田村

はい、ありがとうございます。^^

玉野オーナー

「単月だけ、ドカンと100万円→でも、後が続かない・・・」

みたいなやり方は、僕はお伝えしないようにしています。

なので、1回100万できたら、みなさん年商1000万あたりには、まず伸びてくるんですよね。^^

とはいえ、

「まずは一度、月商100万の感覚を掴む」

というのは、重要だと感じます。

どんなサロン?開業は?

玉野さんのお店って、「エステ&理容」とのことなんですけど。

実際、どういった感じのサロンになりますか?

田村

私、理容師なんですよね。^^

なので、お顔剃りと、肌質改善を主体とした、サロンになります。

玉野オーナー

なるほど、ありがとうございます。^^

開業そのものは、いつ頃だったんですか?

田村

今年の4月で、8年になります。

なので、今7年目ですね。^^

玉野オーナー

※取材当日2022年2月1日

なるほど。^^

開業される前とか、どんな感じだったんでしょう?

田村

経緯を話すと・・・。

いちばんはじめは、理容室で働いていて。

そのあと、エステサロンに勤めたんですね。

その次は、元主人が親の理容室を引き継いで経営していたので、「そこを手伝いながら」という感じでしたね。

ちょうど、その時期は子育て期で。

そこから、自分のサロンを出したというところです。^^

玉野オーナー

なるほど!そういう経緯だったんですね〜。

じゃ、最後は「お手伝いしてた」って感じだったんですね。

田村

そうですね。ずっと、

「人のフォローをしてた」

という感じでした。

玉野オーナー

そうだったんですね〜。

今でこそ、女性の理容師さんって増えてるように感じるんですけど。

最初に玉野さんが理容師になられた頃って、少なかったと思うんですよね。

(カリスマ美容師ブームの時代)

なぜ、「理容師免許」を取ろうと思ったんですか?

田村

いきさつで言うと、当初は美容師になりたかったんですよ。

でも当時、公立の理美容学校が市内にあったんですけど。

美容科の倍率が、すごく高かったんですよね。公立は授業料が安いから。

玉野オーナー

じゃ、そこに入学希望が殺到してた感じなんですね。^^;

田村

※2000年当時、美容師は「なりたい職業」のトップランクでした。今は違いますけどね(笑)

そうなんです。で、私はあまり勉強するタイプじゃなかったので(笑)

そこで視点を変えて、

「私は将来、エステもしてみたいから、そのときに、お顔剃りもできた方がいいよな」

と思って、理容師の道に進んだ感じです。^^

玉野オーナー

その頃から、「エステも」という視野があったんですね。

田村

ですね。自分自身に肌の悩みがあったので、

「そこを仕事にした方がいいだろうな」

という感覚でしたね。^^

玉野オーナー

なるほどー。^^

田村

玉野オーナーの場合、かなり以前から「今のビジョン」が見えていたということなんですよね。

コレってすごいことで。

その選択がしっかり、今の結果に反映されているというのは、本当に素晴らしいですよね。^^

開業のキッカケ

開業のキッカケって、何かあったんですか?

田村

いい加減、人のフォローばかりするのは嫌だなと思って(笑)

もう、

「自分の店を出したい!」

と。^^

玉野オーナー

なるほど(笑)

まぁ、そういう人が経営者には向いてると思います。^^

人のフォローをし続けられるなら、べつに経営しなくても出来ますから。

ちなみに「開業そのもの」への不安って、なかったんですか?

田村

ん〜。まぁ、「上手くいく」としか思わないように、やろうという気持ちで、やり始めましたね。

その当時に、アメブロを書き始めていて、何となくの認知はされながら、という感じではあったので。

あと、田村さんのブログやメルマガにも出会って、

「出来ないことはないだろう」

という感じで。^^

玉野オーナー

なるほど〜、ありがとうございます。^^

田村

メニューは?

ちょっと話題は変わるんですけど。

現状って、メニュー展開はどんな感じなんでしょうか?

お顔剃りとエステが、セットになっているような感じですか?

田村

今は、単価の安いお顔剃り単品は、メインメニューから外したんですよね。

あくまで、セットメニューのオプションとして「お顔剃りがある」という感じに変えました。

玉野オーナー

たしかに、その方が良いですよね。^^

田村

ですね、メインメニューの単価が低くてオプションが高いと、やっぱり抵抗感が強くなってしまうので。

メインの単価が高くて、オプションでプラスしていく方が、ハードルが低くなったんですよね。

玉野オーナー

具体的には、今売れてるメニューって、どれくらいの価格なんですか?

田村

今、一番動いてるのが、お顔剃りと手技のマッサージで15000円のメニューですね。^^

玉野オーナー

なるほど。15000円がメインで動いてると、いいですよね。

田村

そうですね、(単価として)欲しかったラインなので。

田村さんがよく、「松竹梅」のお話しをされていたので、

「とにかく、真ん中のメニューが15000円ないと、話にならないな」

と思って。^^

そのようにしました。

玉野オーナー

なるほど。^^

当初は単価が低かったところから、メニューの組み方、見せ方を工夫されたんですね。

ちなみに、平均単価としてはかなり上がっていったと思うんですけど。

その切り替えって、単価が低かった頃の顧客もスムーズにできた感じですか?

田村

そうですね〜、半ば強引に変えていったところもあるので、当初のお客さまって、あまり残ってないと思います。

田村さんが、

「客層が変わるよ」

っていうお話もされていたので。

単純に、お顔剃りの店から、エステ中心の店に変わってきて。それに伴って、客層も変わっていったという流れですね。

玉野オーナー

なるほど、結果的によかったですね。^^

田村

そうですね。今はそう思います。^^

(切り替えの)当初は色々たいへんだったりもしたんですけど。

マシンも使わず「手技だけ」で、この単価って、私が住んでる山口市では、ホットペッパー上でもなかなか無いんですよね。

だから、その価値を伝え続けてきた結果、「今ようやくかな」という感じです。

玉野オーナー

なるほど〜、ありがとうございます。^^

田村

集客は?

具体的に、集客は何を中心にされてるんですか?

田村

今はあまり動かしてないんですけど、メインはアメブロで。

サロンが商店街にあるので、商店街全体のホームページがあって、というのが当初だったんです。

あとは紙媒体を使って集客していたんですけど。

現状で言うと、アメブロとホットペッパー、ホームページだけですね。^^

玉野オーナー

なるほど、現状はホットペッパーから、あるていど安定して入ってきてる感じですか?

田村

そうですね、担当から言わせると、新規数が少ないって言われますけど。

「数が重要じゃないから」

って、ずっと反発してます(笑)

玉野オーナー

たしかに(笑)

あれ、(高単価サロンにとっては)そういう事じゃないですよね〜。

でも、伝わらないんですよね(笑)

田村

そうそう(笑)

「もうちょっと安いクーポン作りませんか?」

とか、ちょっと視点がズレてるんですよね。^^;

「べつに、新規数がたくさん欲しいワケじゃないのになー」

って。

「欲しい客層に、来てほしい」

ってだけなので。

玉野オーナー

そうですよね〜。^^

田村

ようは、

「欲しい単価で、長く通ってくださる方に来てほしい」

ってことなんです。

これは高単価サロンに見られるスタンスで、僕も全く同意見なんですが。

ホットペッパーの担当者には、なかなか理解してもらえないんですよね。^^;

リピート対策

リピート対策って、現状何か取り組まれてますか?

田村

色々やってるワケじゃないんですけど。

ウチは特にチケットとかもやってなくて、都度払いなので。

最近、

「2週間以内の来店で割引」

というのは、取り入れましたね。

そうすることで結局、来店頻度が上がるし、来店いただいてることで、商品の動きも良くなりますし。

施術の効率も上がりますから。^^

玉野オーナー

結局、

「来店頻度が上がる」

っていうのが、ベストですからね。^^

田村

そうだと思います。^^

玉野オーナー

「来店頻度が上がる工夫」

というのは、ぜひあなたも考えて、実践してみてください。^^

来店頻度が上がることで、同じ客数でも売上は伸び始めますからね。

良いことしか、ありません。」

キッカケ

話題は変わりますけど、最初に僕を知っていただいたキッカケって、何だったんですか?

田村

アメブロの杉浦さんキッカケで、知りました。^^

玉野オーナー

おー!杉浦さん!

そうだったんですね!

杉浦さんとは、今も仲良くさせていただいてます。^^

田村

杉浦さんは先輩でして。僕が駆け出しの頃から、たいへんお世話になっています。

「集客できるホームページ制作とメルマガ、ブログ集客方法」

ちなみに、僕のスクールに「入ってみよう!」と感じたのは、どんな経緯だったんですか?

田村

やっぱり、「何か行動しなければ、変わらない」と感じていたのと。

以前は、対価を支払うことへの抵抗感って大きかったんですよね。

でも、売上を伸ばしていくためには、ある程度の準備が必要で、

「何もできていないのに、売上だけ上がる」

って、やっぱりないな、と思って。

で、「自己流」って大体、ダイエットでも何でも失敗するじゃないですか?(笑)

玉野オーナー

たしかに(笑)

田村

一応、私もいろんな方のコンサルを受けてきたんですけど、同業(サロン系)のような方のお話を伺う機会って、ほとんどなかったので。

だから、「現実味を帯びてるな」とも感じて、

「田村さんにお願いしたいな」

と、思ったんですよね。^^

玉野オーナー

なるほどー。

自分で言うのもアレですけど、それは、ありますよねー。^^

田村

そうなんですよ。大きい会社の話とかされても、よく分からないし。

玉野オーナー

規模や業種が変わってくると、全く違ってきますからね。

田村

そうそう。

店舗で売上を作ったことがない人に、サロン売上のことを話されても、イマイチ腑に落ちないというか。^^;

玉野オーナー

たしかに、それもありますね。^^;

田村

田村さんは、ご自身がサロン経営されてきているので、親近感もあって。

メルマガもずーっと読ませてもらってました。

で、あるタイミングで、

「お願いしよう!」

という感じでしたね(笑)

玉野オーナー

「そのとき」が、来たんですね(笑)

田村

そうなんです。^^

昨年は特に、第三子を産んで、「一回止まったところ」をもう一回進めようと思ったときに、すごく馬力が必要だったので。

だからすごく、

「力を貸してほしい!」

という感じで、今回はお願いしました。^^

玉野オーナー

なるほど!

今、三人のお子さんがいらっしゃるんですね。

なかなかハードですね。^^;

田村

けっこうハードですね。^^;

ハードだけど、

「今しか、頑張れないな」

と。

「いつまでもコロナに甘んじてるのも、何か違うな」

とも思って。

玉野オーナー

ほんと、そうですよね。^^

色んなことが、タイヘンなのは事実なんですけど。

でも、「やるしかない」ですからね。

田村

ほんと、そうですよね。^^

玉野オーナー

僕自身、

「そういう姿勢を見せていかないといけないな」

ということで、今年4月にサロンをオープンします。^^

実際、スクールは入ってみてどうでしたか?

田村

以前は、

「何となく売上があって、何となく出費がある」

という状態で。

良い時はいいんですけど、悪いときに、何をどうしたら良いか分からなかったんですよね。^^;

まず田村さんのスクールに入会して、数字ベースで見ることが出来るようになりました。

自分の望む状態にする為に、必要なお客様の数と単価が分かるようになりましたね。

玉野オーナー

そこ、最重要です。^^

田村

ですよね。^^

それに加えて、やっぱり、

「稼ぎたいならプロを知る」

という事ですね。

行き先に早く到達したいなら、高速に乗るように。

そのチケットを手にする勇気は、必要だと改めて感じましたね。

玉野オーナー

たしかに、

「知ってる人に聞く」

って、何気に大事ですからね。^^

田村

ホント、そうですよね。^^

玉野オーナー

大切にしてること

玉野さんがサロンワークの中で、大切にしてる事って、どんなところでしょうか?

田村

「悩みだけ」に目を向けない事ですね。

お悩みだけ解決するのではなく、お悩みが生まれる「原因」を考えて、そこも含めた提案やお手入れを心がけています。

長くお付き合いをする為には、より長く元気に過ごしていただきたいので。^^

玉野オーナー

なるほど〜。「悩みの原因」にもしっかりフォーカスして、提案をされているんですね。

田村

ですね、その点は毎回、意識してますね。^^

玉野オーナー

目標とか

今後の目標とか、もしくは漠然とした夢って、あったりしますか?

田村

ひとまずは、今けっこう物販メインで動いているところがあって。

これまでは、ちょっと施術に固執しすぎていたと思うんですよね。

そこから卒業するために、今マシン導入の準備を進めているんですよ。

それにあたって、

「月収を100万円にするために、まずは動こう」

と思っていて。

とりあえず、そこが見込めるように動きながら、自分の身体もラクにできるように、していきたいですね。^^

玉野オーナー

なるほど〜。^^

「月収100万、年収1200万」

まずは、そこを目指して、頑張っていきましょう!

田村

はい、がんばります。^^

玉野オーナー

単価の重要性

今回の取材、いかがでしたでしょうか?

まず僕が最初に感じたのは、

「やっぱり、気づいたところから、工夫や改善をしているんだな」

ということです。

玉野オーナーも取材の中で、

「とにかく、真ん中のメニューが15000円ないと、話にならないな」

と、感じたそうです。(必要な単価は人によって違います)

ただ、そこから実際に単価を上げていくというのは、そんなにカンタンではありません。

やはり、サロンごとに工夫が必要です。

また、実質の時間単価を上げていくのは、勇気が必要な場合も、多いですよね。

そんな中、しっかりと「欲しいと思える単価」にフォーカスし、それ以上の価値を作っていった玉野オーナーは、「流石だな」と感じます。^^

「来てほしい人」

集客面で、ホットペッパー担当からは、なかなか理解を得られないようですが。^^;

「来てほしい客層に、フォーカスする」

って、やっぱり大事なんですよね。

もちろん、目先の新規数だけを追えば、また違うやり方もあるんですけど。

結局は、

「サロンに共感していただけて、通い続けて下さるお客さま」

が、集まらないことには、新規ばかりを追う形となってしまいます。

その点、やはり玉野オーナーは理解されていますし、

「あくまで、来てほしいお客さまにフォーカスする」

というスタイルは、素晴らしいなと感じました。

結果、それが売上という数字にも、現れていますね。^^

次なる目標を目指して

まだまだ、玉野オーナーは止まりません。

実際、これからさらに、売上を伸ばしていかれることでしょう。^^

「どこまで伸びていくのか?」

今後の展開が、とても楽しみです!

最後になりましたが、玉野オーナー。

お忙しい中、取材に快くご協力いただきまして、本当にありがとうございました!

また、新たな目標に向かって。

走っていきましょうね!

今後、益々の活躍を、楽しみにしています!

そして次は、アナタの番ですよ!!

「人気サロン突撃レポ」ほかの記事も読んでみる

個人サロンで月商100万、年商1000万オーバーのサロンを多数輩出!!そんなノウハウのコアな部分を、このeBookにまとめました!

Copyright©サロン集客部,2022All Rights Reserved.