小さなサロンの必勝パターンを全公開。

今、私達サロンオーナーは何をすべきなのか?

田村 聡
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
田村 聡
1980年11月10日生まれ 2009年、28歳で美容室を開業。2012年から、全国のサロンオーナー向けにセミナー活動を開始。 2013年から主催している私塾では、個人サロンを中心に、数多くのサロン売上UPに貢献。売上7ケタ達成・客単価3倍化に成功・前年比で売上が5倍・1ヶ月で50名集客など、メンバーは様々な結果を残している。 現在はサロンワークにも関わりながら、MacBook Airを片手に、全国に出向いたり、田舎に引きこもったりという日々。もうスグ2歳の愛娘と妻、3人で平和に暮らしています。^^
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!田村です。

今さら言うまでもないですが、今、世界中がコロナウイルスの影響を受けています。

では、今このような状況の中、「私達サロンオーナーは、何をすべきなのか?」僕なりの今後の展望も含めて、お伝えしていきます。

 

 

先日、定期開催のスクールミーティングでした。

べつにコロナ関係なく、以前からZOOMなので・・・いつも通りです。(笑)

(あ、シュノーケリング中なのが僕。笑)

 

今回は、

「今、私達はどう在るべきなのか?今何をすべきか?」

というテーマで、いつもより多めに喋ってしまいました。^^;

まずは、先日のスクールミーティング内容をシェアしていきます。

 

今、サロンオーナーがすべきこと

今、サロンオーナーがすべきことは、

(1)顧客フォロー
(2)オンラインでの顧客フォロー(時間あるなら)
(3)今後に向けた準備(時間あるから出来ること)

この3つ。

今は、新規集客を頑張っても「費用対効果・時間対効果」共に効率が悪すぎます。

このタイミングで集客コストかけるなら、もう少し待つべきです。

まずは、これらを優先的に行う。

その上で、「今だからこそ取り組む価値の高いもの」についても、お伝えしていきます。

 

 

(1)とにかく顧客フォロー

「じゃ、何するの?」って話ですが。結論、まずは「顧客フォローの徹底」です。

だって、この機会に顧客が「減らなければ」復活できますから。

 

具体的には、いつもお伝えする内容ですけど、

・お手紙
・ニュースレター
・LINE
・メルマガ

などを使って、お客さまとしっかり「接点」を保ちましょう!

 

これは平常時でも同じで、

「定期的にお客さまと(店の外でも)接点を持つ」

 

これは商売のキホンです。

さらに、今こういう状況下においては、必要不可欠なモノとなりましたね。

 

田村

「やった方がいい」じゃなくて、「やっぱ必須なんだね」ってなったハズです。

 

 

(2)オンラインでの顧客フォロー

 

上記は「平常時でも絶対やっとくべき事」で、こちらは少し「時事ネタ」寄りになります。

今まだやってない方も、このタミングで始めるといいですよね。

 

サロ美

でも、「オンラインでの顧客フォロー」って何やるの?

 

田村

ですよね。(笑)

分かりやすく、お伝えしていきます。

 

(1)動画配信

まずは、動画配信。どんなモノが喜ばれているかと言うと、キホン「お役立ち系」です。

例えばあなたが、エステサロンオーナーさんの場合。

・自粛中でも太りにくい食事の知識
・運動不足に負けない美肌をつくるフェイスマッサージ

など。他にも、「あなただからこそ」お役に立てる情報って、何かしら持ってるハズです。

こういった内容をスマホで撮影。

YouTubeにアップするなら、ものの30分ほどで一連の作業が完了します。

あとは、LINEやメルマガで配信すれば、OKです。

 

田村

あ、べつに「自粛」に絡めなくてもOKですからね。^^

 

(2)ZOOMで◯◯講座

内容によっては、ZOOMを使って講座などを行うのもいいですね。最近ですと、

・パーソナルトレーナーが提供する自宅トレーニング
・整体師が教える、自宅で出来る健康法
・美容師が教える、自分で出来る前髪カット
・リラクオーナーが教える、セルフヘッドスパ

など、いろんな企画が生まれていて、好評の様子です。

 

 

(3)ZOOMで◯◯会

ZOOM飲み会、ZOOMお茶会、ZOOMオフ会・・・etc

もう、「去年まではZOOMなんて知らなかった」という方でも、聞き慣れたコトバになってきましたよね。^^;

こういった、

「明確な目的はないんだけど、楽しくやりませんか?」

系の企画も、モチロンありです。

ただし、意外と「人を集める難易度」は高め。

サロンのお客さまって、ほとんど「知らない人同士」ですからね。けっこう参加側としては、ハードルが高くなりがちです。

 

 

【番外編】SNSでの交流

「SNSでの交流」って、ちょっとした顧客フォローを担っています。

ただしこれは、

「日頃からSNS上で、お客さまとのやり取りがある人」

にはオススメしますが、そうじゃない人には、オススメしません。^^;

 

田村

他にも、いろんな方法があります。あなたに合ったモノを、気軽に始めてみるといいですね。

 

 

(3)今後に向けた準備(時間あるから出来ること)

「今後に向けた準備」って言うと、何だか特別な事のようですが、そうじゃないです。

まず基本は「出来てないモノの見直し」。

 

例えばこの機会に、

・広告媒体の見直し
・ホームページを見直す
・ブログをしっかり整える
・次回のチラシ作成に取りかかる
・新たな売り出しメニューの準備をする
・顧客フォローの体制を見直す
・既存メニューの内容や価格、ネーミングなどの見直し

などなど。

「やらなきゃな〜。」

と思いながらも「出来てないこと」って沢山ありますよね。

 

こういう時って、やる気のある前向きな人ほど、

 

私も、◯◯始めなきゃ!!

ってなっちゃう場合も多いです。(モチロン、無気力に停滞してるより10,000倍くらい、素晴らしいワケですが。^^;)

でも、今だからこそ、本当に見直すべきは「足元」なんですよね。

その上で大事になってくるのが、「今後の集客計画」です。

 

現時点(4月28日)では、「本当にGW明けに緊急事態宣言が解除されるのか?」まだ不透明です。

ただ、

「あるていど状況が緩和し始めた時に、どんなプランを持っているか?」

は、間違いなく重要になってきます。

 

 
田村

その時に備えて、

・どんなタイミングで
・どんな手段(媒体)を使って
・どのように

集客を行っていくのか?

なるべく詳細に、今のタイミングで計画しておきたいですね。

 

 

「今だからこそ取り組む価値の高いもの」

まずは、ここまでお伝えした通り、

(1)顧客フォロー
(2)オンラインでの顧客フォロー(時間あるなら)
(3)今後に向けた準備(時間あるから出来ること)

を、徹底していきましょう。

その上でここでは、

「今だからこそ取り組む価値の高いもの」

について、お伝えしていきます。

(1)前売りチケット
(2)オンラインサービス

の、2つです。

それぞれ、見ていきましょう。^^

 

 

(1)前売りチケットは売れてます(条件付き)

まずは、最近他業種でも増えている「前売りチケット」です。

この記事を書いてる、2020年4月28日時点では、世の中の風潮として、

「お気に入りの店を応援したい!」

って空気感が、けっこう強く出ています。

会社員の方も、「どうやら個人のお店がヤバイらしい」って、感じてますからね。

 

前売りチケットの販売そのものは、そんなに難しいモノではありません。

HPやブログに販売ページを準備して、ネット決済できる形にすればOKです。

販売ページは「BASE」「STORES」などの通販サイト作成ツールを使ってもいいですし。

販売ページは自分で作って、「PayPal」で決済という形でもでもいいでしょう。

 

ちなみにウチのメンバーさんでも、「前売りチケット販売」を行ってるサロンはけっこうあって。

やってるところは、10万〜30万くらい、短期間で販売されてますね。

先日も、

前売りチケットも、今のところ5名ご購入になり、入金がこれからの方もいますが、180000円の売上になりました。

5名のうち1名は、新規の方で、47500円分買ってくださいましたよ。^^

まさか前売りチケットが、新規集客につながるとは思ってませんでした!

落ち着いたらお会いできるのが楽しみです。

 

と、現在は営業自粛されてるエステサロンオーナーさんから、ご報告がありました。

興味のある方は、取り組まれてはいかがでしょうか?

 

田村

ちなみに、物販も上記と同じ形でオンライン販売の形が作れます。

こちらは「今だから」というワケじゃなく、平常時にも活用しやすいので、やってみるといいですよね。^^

 

 

※前売りチケット販売の注意点

ただし、前売りチケット販売には注意点もあります。

まず、営業自粛されている場合は特に、「いつから使えるのか?」明記する。

もしくは、そこが不透明なら、「その点を確実に了承いただいた上で、購入してもらう」こと。

ここに抜けがあると、トラブルの原因となりかねません。

 

新規にドンドン売れるモノじゃない

考えてみれば当然ですが・・・。

前売りチケットは、まだあなたのサロンをよく知らない「新規客」が、ドンドン買うようなモノでは、ありません。

基本は、あくまで顧客向け。

 

だからこそ、日頃の顧客との関係づくりが大切になってくるんですね。

 

あくまで利益の先取りである

これも当然の話ではありますが。

「前売り」という段階で、利益の先取りであることに変わりありません。

ですから、

「全ての人が取り組むべき」

というワケではないのですね。

「そういう形も出来るなら、やってみようかな。」

という方のみ、始めてみることをオススメします。^^

 

田村

前売り販売は、色んな意味で勉強になりますし、今後オンラインで何かを販売していく上での、良い意味での「練習」にもなります。

 

 

(2)オンライン化できるモノも売れてます

ちなみに、サロンで提供するサービスを「オンライン化」できる場合は、こちらも売れてます。

先ほどお伝えしたように、まず物販なんかは、「オンライン購入」できる形を作り、ご案内しておくべきでしょう。

その上で例えば、

「自宅で出来る◯◯ダイエット」

のように、サロンで提供しているサービスを「オンラインでも提供可能」という場合は、それらをオンライン化して販売することも出来ます。

これはある程度、業種が限定されてきますが、該当する場合は進めてみてもいいでしょう。

 

田村

ちなみに「オンラインで提供できるサービス」を作ることが出来れば・・・。

あなたの商圏は一気に「全国」へと広がります。

その分ハードルは高めではありますが、

「私なら、これが商品化できるな」

というモノをお持ちなら、ぜひこの機会に取り組むべきです。

その価値は十分にあります!

 

 

コロナ今後の展望

ここまで、「今すべき事」について、お話してきました。

ここからは、今後の展望についてお伝えします。

 

田村

ただし、思いっきり「田村の主観」です。(笑)

 

 

緊急事態宣言はいつ解除?

まず、

「緊急事態宣言は、本当にGW明けに解除されるのか?」

ここは、不透明です。状況としては「ムリじゃね?」ですが、じゃぁこれが、

「7月まで延期します!」

と、なるでしょうか?僕は、「それはない」と踏んでいます。

緊急事態宣言そのものは、「GW明けかどうか?」は別にして、そう遠くない時期に一旦は解除されるハズです。

(ただし都市圏に関しては、何とも言い難いところ。)

 

※4月29日追記
「始業式9月案」が実現の方向で進めば、「ここに合わせて緊急事態宣言も延長」という可能性も見えてきましたね。ないことを祈りますが。^^;

 

 

いつから平常時に戻る?

では、いつから平常時に戻るのか?

コレですね、たぶん向こう1年以上、平常時には戻りません。

多くの専門家がいろんな見解を述べていますが、

「向こう1年〜2年くらい、コロナありきで世間は進む」

 

僕は、この見解と同じ考えです。つまり、もう平常時には戻りません。^^;

 

ただ、「今と全く同じ状況が1年、2年続く」というワケではないでしょう。

「第二波、第三波がくる」

とよく言われていますが、おそらくその通りで。

自粛(今)→ 緩和 → 自粛 → 緩和

といった、繰り返しになるんじゃないでしょうか?

その中でいい加減、多くの人はその状況に良くも悪くも「慣れてくる」と思うんです。

つまり、一定数は「動かないまま」だけど、その数は少数派。

多くの人は、「平常時と大きく変わらない行動様式に戻る」と考えています。

(※とはいえ、「戻る」部分もあれば「もう戻らない」部分もある。これも明らかです。)

 

田村

賛否あるのは分かります。

分かった上で、言ってますんで。

 

 

どこまで営業自粛すべき?

これは現時点でも、地方自治体によって対応に違いが出てきていますね。

小さい店舗にも、

「GW明けまで休業してもらえたら給付金を出します」

ってところもあるし。この場合、けっこう小さいサロンにも強めの休業要請が個別で届いてます。

一方で、「こういった対策を行った上で、お願いしますね」というスタンスの自治体も多い。

 

まぁ、

「休業要請を強めに出す」=「その分の補償を求められる」

って構図は明らかなので。

「そこまで強く出られない」というのが本音でしょう。

「どれが正しい」というワケじゃなく、バラツキは感じますね。

 

サロ美

じゃ、どこまで営業自粛すべき? 

 

って話になるんですが・・・。

結論、

「営業すればお客さまは来る」という状態で、かつ「あなたが営業したい」と考えているのであれば、緊急事態宣言が解除された時点で、再開してもいいのではないでしょうか?

 

「持続化給付金の活用も考えて、5月は自粛」

というのもモチロン間違いではないですし。

「緊急事態宣言は出てるけど、縮小と対策しながら営業する」

というのも、間違いではありません。

 

田村

これに関しては正解も不正解もありません。あなたの意思によって、決定すべきです。

ただし、「あなたの意思以外で」決定すべきではありません。だって、もし「自粛倒産」しても、誰も助けてくれませんから。

 

余裕がある場合はいいですが、余裕がない状態で、

「営業さえできれば何とかなるのに・・・」

日々感じながら自粛するっていうのは、どうかと思いますよ。

僕がその状況(余裕がなく営業さえ出来れば何とかなるという状態)なら、間違いなく営業を続けます。

どこの誰に、何を言われても、です。

 

中には、

「あなたは命よりも利益を優先するんですか?」

的な声もあるかもしれません。

でも、きっとその人には何を説明しても、僕たちの気持ちは分からないでしょう。

これは「その人が悪い」という話ではありません。

多くの人は「自分が正義」と思っていますからね。

正義って立場で変わってしまうものなので。仕方ないんです。^^;

 

 

持続化給付金

こちらは余談になりますが・・・。

今、僕たち個人事業主から注目度が高い給付金と言えば、この

「持続化給付金」

ではないでしょうか?

ようは、

「前年同月と比較して、50%以上、売上が減少してるなら、法人200万・個人事業100万(共に上限額)あげるよ」

というもの。

 

昨日(4月27日)、経産省が現時点での決定事項を速報として出していますので、興味のある方は経済産業省「持続化給付金」をチェックしておきましょう。

 

田村

数日内に詳細事項も決定し、受付開始となります。 

 

※5月1日追記:

持続化給付金の事務局ホームページ

が開設となりましたので、こちらをご覧ください。

 

※4月30日追記:持続化給付金に関して、5月1日より受付開始となりました。必要書類含め、上記経産省のサイトにアップされているので、早めに確認しておきましょう。

なお、

・税務署の受領印が入った確定申告書控え
・e-taxで申請の場合は受信記録(氏名や該当税務署名が入ったもの)

が必要となります。

また、白色申告の場合は「前年の事業売上の平均との比較」になりますので、注意が必要です。(青色申告の場合は「該当月のみの比較」。)

 

これから「得する人・損する人」

今日は、

「今、私達サロンオーナーは何をすべきなのか?」

というテーマで、お伝えしてきました。

(まず、今すべきこと)

(1)顧客フォロー
(2)オンラインでの顧客フォロー(時間あるなら)
(3)今後に向けた準備(時間あるから出来ること)

(今だからこそ取り組む価値の高いもの)

(1)前売りチケット
(2)オンラインサービス

整理してしまえば、たったコレだけです。

ただし、

今日お話した「たったコレだけ」に、今取り組むことが出来るかどうか?

の違いによって、今後の結果も大きく変わってきます。

 

先日、メルマガでも書きましたが、今はこういう時です。言葉は悪いですが、「騒動の真っ只中」にあります。

こういう時、またこの後、どういう事が起きるか?

「得する人・損する人」

が、明確に別れていくんですね。

 

理由はカンタンです。

今、多くの人は、混乱しています。不安の最中にいます。そして、「停滞」しているんです。

95%の人は、

「どうしていいか、分からない」

「どうしようもない」

「これから、どうなるんだろう」

「国は何をやっているんだ!」

そんな感情に飲まれて、身動きがとれません。

 

では、残り5%の人は、何をしているか?

淡々と準備をしながら「その時」を待っています。

ちなみに、ここでいう「その時」は、人によって違います。

シンプルに「◯◯になったタイミングで」と考えている人もいるし、「こういう場面に変わったら・・・」という人もいる。

ようは、それぞれの「機会(チャンス)」を待ってるワケです。

 

多くの人と同じ態度で向き合い、同じように行動しようとしている人。

多くの人とは違う態度で向き合い、淡々と準備をしながら機会を狙っている人。

 

得するのは、どちらでしょう?損するのは、どちらでしょう?

あなたは、どちらに入りたいですか?

 

田村

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!!

1日も早い収束を、僕も心より願っています。

 

平たく言うと、

「こうなったモンはしゃーない」

って、僕は思ってます。(←不謹慎w)

ポジティブに考える必要は、ありません。今は誰でも不安ですし、みんなストレス溜まってます。^^;

 

でも、ネガティブに考える必要もなくて。

だっていつでも、

「やれる事をやる!」

コレしかないんですから。

モチロン「やれる事」はきちんと見極めた上で、適切なタイミングで実行していくべきですけど。

かと言って、

「コロナだしね・・・自粛だしね・・・」

って心まで萎縮してても、しゃーないじゃないですか!?(笑)

 

だから、今できる事に集中しましょう!

これはもう、思いっきり普段から言ってる事ですけどね。^^;

今できる事をキッチリやって、もしダメなら・・・

いーじゃん!べつに!!

そん時は僕も諦めますよ。(笑)

もしあなたが、そうなった時は・・・僕が電話して言ってあげます。

「いーじゃん、べつに!」

って。^^

 

大体、偉大な人って、1回や2回は事業潰してますし。

万一ですよ、万一、今年潰れるようなことになっても、

「あ〜、コロナの年ね」

って話じゃないですか??

平常時に潰すより、全然気まずくない!!!(笑)

 

で、また復活すればいい。

やりきってダメだったら、絶対次にも繋がっていきますから!

でも、

「やりきってないよね・・・」

でダメになったら、後悔しかないですよね。

「もっとやれたのに・・・」

って。

だから、そうならなければ、全然大丈夫!!

「今できること」

ホント今こそ、全力でやっていきましょう!!

徳島より、そんなアナタを応援してますよ!!!!!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
田村 聡
1980年11月10日生まれ 2009年、28歳で美容室を開業。2012年から、全国のサロンオーナー向けにセミナー活動を開始。 2013年から主催している私塾では、個人サロンを中心に、数多くのサロン売上UPに貢献。売上7ケタ達成・客単価3倍化に成功・前年比で売上が5倍・1ヶ月で50名集客など、メンバーは様々な結果を残している。 現在はサロンワークにも関わりながら、MacBook Airを片手に、全国に出向いたり、田舎に引きこもったりという日々。もうスグ2歳の愛娘と妻、3人で平和に暮らしています。^^
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© サロン集客部 , 2020 All Rights Reserved.