サロン経営|あなたのライバルサロンを「9割減らす」ための具体策

こんにちは!田村です。「同業サロンが近所に出店してきた!」こんなことは、実際よく起こります。決して他人事ではありません・・・。

でも、ご安心ください。実は「ライバルを減らす」対策があるのです。今回は、その具体策をご紹介しますね。

 

「違い」を「見せる」

 ライバルを「減らす」方法・・・。結論から言うと、

「他店との違いを分かりやすく見せる。」

これが出来れば、ライバルは確実に減ります。上手くやれば、あなたのライバル店を、

「地域の同業の1割以下」

場合によっては、

「地域にライバル店が不在」

という状況を作ることも可能です。

逆にこれが出来ない場合。あなたのライバルは、

「地域の同業者すべて」

あなたは、どちらが良いですか?

 

 

「違いが分からない」=「みんな同じ」

たとえばアナタが、リラクゼーションサロンを経営しているとしますね。この時、

「非日常の癒しを提供いたします。」

と広報しても、何も伝わらない。お客さまから見れば、

「他との違いが分からない。」

という状態です。

違いが分からない時、お客さまは、

 

  • サロンの雰囲気
  • メニューと価格

 

で比較するしかありません。

極端な話、「あなたのサロンよりキレイなお店で、価格も安い」というサロンには、完敗。

負け続けるハメとなります。

 

サロン子

負け続けるなんてイヤよ!!

 


田村

ですよね。だからこそ、「違い」を「見せる」必要があります。小学生にも分かるように、です。

 

 

 

分かりやすい「違い」

大切なのは、その違いが「分かりやすい」ことです。説明が必要なようでは、ダメ。

「一言で、小学生にでも伝わる違い。」

を作りましょう!

例えばつい先日ご紹介した、急成長中のエステサロンも「特化型」ですね。

ジャンルで言えば「エステ」ですが、「バストアップ」に特化しています。

だからエステサロンが無数にある都内でも、「埋もれずに」成長しているのです。

 

サロン子

ワタシも埋もれたくないわぁ〜。

 


田村

大丈夫!「切り口」を変えてしまえばいいんです!

 

サロン子

切り口??

 

田村

そうそう。分かりやく説明しますね。

 

サロン子

ほうほう。一応聞いとくわ。

 

田村

・・・。

 

 

 

あなたの「切り口」

キャッチコピーの話にも通じるモノがありますが。

「同じサロン・同じメニュー」の中でも、切り口を変えることで、「それまでとは全く違ったサロン」に生まれ変わることも可能です。

 

たとえば先日見かけたヘアサロンの広告で、

「We Love 無造作!!」

というデカいキャッチコピーに、素敵なパーマスタイルの女性モデルを複数名、掲載していたサロンがありました。

写真でお見せできないのが残念ですが、これは上手い広告でしたね。

他のヘアサロンも掲載されている媒体なので、

 

  • パーマが自慢!
  • カラーが得意!
  • カットに定評アリ!

 

など、いろんなサロンが並んでいます。どれもそれなりに、良い感じのスタイル写真も使っているんです。でも、

「We Love 無造作!!」

のサロンが1番でしたね。

 

こういう女子が、たくさん集まっているハズです。

写真とキャッチコピーの統一感で、

このサロンに行けば、こういうパーマスタイルになれるんだ。

と、「1秒見ただけ」で伝わってきました。まぁ、僕なら、「無造作」の表現は変えますが。(笑)

でも、分かりやすい表現ではありますよね。

 

 

「普通」の切り口を変える

先ほどの例で言えば、「パーマ」そのものは、どこにでもある普通のメニュー。

しかし、写真とキャッチコピーで、「他と違う切り口」を作り、

「他と何が違うのか?」

上手く見せていたのですね。正確には、

「何が得意か?」

をメインにした切り口。これはヘアサロンに限らず、使える手法の1つです。

 

田村

言葉だけで切り口を考えず、

「写真とキャッチコピーのセットで、他との違いを見せる。」

というのは強力です。特にヘアサロンやネイルサロンは、挑戦しやすいですね。

 

 

 

メニューを「1つだけ」にする

基本的な切り口の作り方として、

「メニューを絞って見せることで、特別に見せる。」

という方法があります。

たとえばエステサロンを例に挙げましょう。

 

  • 痩身
  • ボディ
  • 脱毛
  • フェイシャル

 

など、いろんなメニューの取り扱いがある中で、

「フェイシャル専門店」

と絞る。これだけでも、だいぶライバルが減ります。

また、クライアントサロンでは、

「ニキビ肌フェイシャル」

と、さらにフェイシャルから絞り込んで、集客が伸びているサロンも。

これも、「切り口」の1つとして、どこのサロンでも使える手法です。

 

田村

「メニューを絞って見せる」というのは1番カンタンにできる差別化です。

 

 

 

僕は、こうやりました。

これは僕の話になりますが、独立準備を進めている時のこと。

「どんな切り口で見せるか?」

悩んでいました。そこで考えたのが、

「1席サロン」

です。

 

2009年当時、同県内の美容室で、

「セット面が1つしか置いてない。」

というサロンは聞いたことありませんでした。検索したりディーラーや業界内の友人・知人にもあたりましたが、全員、

「聞いたことないな。多分、ないんちゃうの?」

との返答。

「これはイケる!」

と踏んだ僕は、

「1席サロン バニラ」

というキャッチコピーで進めることに決定。

 

これは当時、すごく珍しがられ、お客さまにも驚かれましたね。

地域紙の取材なんかも、丸々1ページで掲載していただく事ができました。(有料広告出せば、15万〜20万がタダ!)

20坪ほどの店内に、セット面が1つだけ・・・。

我ながら、けっこう斬新なアイデアだったと思います。(笑)

 

メニューや他の何かが尖っていたワケじゃない。

「サロンのコンセプト自体で、切り口を作った」

という実例です。

 

田村

ちなみにその後、顧客が増えて「サロンワークが回らない」「二人組で来店された時、やりにくい」という理由で、1席サロンではなくなりましたが。(笑)

 

 

 

 

超ニッチは狙わない

こういう話をすると、超ニッチなメニューを売り出そうとする人が出てきます。

 

サロン子

んじゃ、ウチのサロンは「ウルトラポーション専門エステ」でいくわ!!

 

でも、これはオススメできません。

ニッチなメニューって、「伝わりにくい」場合が多いです。

【伝わりにくい】=【分からない】=【いらない】

これは、覚えておいて下さいね。

 

 

「ニッチなメニューで勝負!」

という考えではなく、

「どう見せたら、違いを伝えられるかな?」

と、考えてください。

 


田村

切り口に気をとられて、「小学生でも分かる」を、外さないように気をつけましょう!

 

 

業種で特化しない

余談ですが、差別化を考えるあまり僕でさえ、

「ソレ、何屋さんですか?」

と聞いてしまうサロンが意外とあります。

まず、売れません。

「一風変わった業種で勝負!」

というのは本当に難しいです。「よもぎ蒸し」くらいの知名度に育ってくると別ですが。

あなたの母親にその業種だけ伝えて、

「何屋さん?」

となった場合、その業種は「いばらの道」確定ですので、気をつけてください。

 

田村

業種そのものは、普通が1番です。確立された業種は、それだけ多くの人が求めているという事ですからね。

 

 

 

まとめ

サロンって、本当に沢山ありますよね。

あなたの地域にも、同業サロンが沢山あるでしょう。美容室なんて、「全てのコンビニを足した数の4倍」もあります。(笑)

そんな中、ごく普通にやっていれば当然、周りはライバルだらけです。

でも、

「切り口を変えて、他店との違いを分かりやすく伝える。」

コレだけで、ライバルは一気に減ります。

ぜひ「たった今から」あなたのサロンの「切り口」を考えてみてくださいね!

 

サロン子

言ってる事は分かるけど、けっこう難しいのよねー。

 

田村

「唯一無二」の切り口を考えようとしなくてOKです。他にあってもいいので、まずは「普通の●●サロン」から脱却してください。

 

 

サロン子

アンタ、やっぱ引っ張るわねー。

 


田村

ゆ・許してください・・・。

 

 

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアントサロンの中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。