サロン経営は、客単価よりも「時間単価」を考えると上手くいく!

こんにちは!田村です。一般的なイメージで、客単価って「高いほどいい」と思われがちですよね。

でも、ホントは少し違います。

サロン経営において大切なのは、客単価よりも「時間単価」です。

今回は、時間単価について。また、その「上げ方」についても、詳しくお話します!

これを知った上で経営を見直せば、あなたのサロンにも「収益を増やす余地があること」を発見するハズです。

時間単価を上げるには?

では、具体的に「時間単価アップ」の対策をお話していきますね。

パターンは、いくつかあります。

 

(対策1)タイムアップ

価格も何も変えなくても、

「ただ施術をタイムアップするだけで」

時間単価は上がります。これはイメージしやすいですよね。

特に、

「●●分  ○○円」

といったメニューがない、もしくは少ないサロンでは、最も有効な手段です。

 

ムダな時間を減らす

施術そのもの以外にも、

「滞在時間全体を見直す」

ことで、意外とムダな時間は削れるものです。

ぜひ1度、お客さまの来店から退店までの中でムダが潜んでないか?見直してみましょう!

田村

施術に限らず「滞在時間」を短縮できれば、時間単価は上がります。

 

 

(対策2)値上げ

他の何も変更しなくても、価格そのものを値上げすれば、時間単価は上がります。

これは特に、

「今の価格設定が安い場合」

検討の余地があるはずです。

 

 

(対策3)オプションの販売

メインのメニューで時間単価をアップできなくても、

「時間単価の高いオプションメニュー」

を一緒に販売することで、当然ながら時間単価も上がります。

たとえば僕の場合、「トリートメント」がその1つ。

価格3000円のもので、所用時間は5分ほどなので、時間単価の高いオプションと言えます。

田村

こういったオプションを販売できると、一気に時間単価は上がります。

「今、そういうオプションはない」

という場合も、新たに作れないか?考えてみましょう!どの業種でも、必ずあるハズです。

 

 

(対策4)物販の強化

サロンの物販というのは根本的に、時間単価の高いものになっています。

 

最初の購入時には、使い方のレクチャーやカウンセリングなど、逆に時間がかかる事が多いですが、

リピート購入時には、ほぼ所要時間がありません。

つまり、時間単価アップに大きく貢献してくれるのですね。

たとえば、1人サロンでも月間100万「物販だけで」売り上るサロンもあります。。^^;

田村

物販強化については、

「サロンの物販を今日から伸ばす|誰でも出来るポイント7選」

で、詳しくお話しています。ぜひ、あなたのサロンの物販に活かしてください!

 

 

(対策5)時間縛りの「ない」メニュー

よくエステやリラクゼーションでは、

「○○分  ●●円」

という形のメニューを見かけます。これ自体が悪いワケではありませんが、

「全てのメニューが ○○分  ●●円 になっている。」

という場合は、メニュー構造を見直したいところです。具体的には、

「時間縛りのないメニューを導入」

することで、時間単価のアップを計りたいですね。

 

田村

いきなり全て入れ替える必要はないので、少しずつ取り入れてみて下さい。

 

 

タイムアップの懸念

余談ですが、

「時間をかけないと、お客さまの満足度が下がる。」

と、お考えの方は少なくありません。ただ、これはほとんどの場合「幻想」です。

 

「早さ」もサービスの一環。僕たちは、お客さまの貴重な時間を使っているのですから。

(僕の言葉ではなく誰かが言ってた言葉なのですが、どなたか思い出せません。^^;)

たしかに一部には、

「ゆっくり時間をかけてやってほしい。」

というお客さまがいるのも事実ですが、これは少数派。

 

分かりやすいところで言うと、美容室のヘアカットですね。

さすがに1分で終わればそういう声も上がるでしょうが、僕の場合カットは10分〜15分ほど。

カットしてる時間そのものは、最大で20分。早ければ5分です。

これが、1時間くらいずーっとカットするスタイリストもいるワケです。(そのスタンスを意図的に作っているならアリですが。)

ところが多くのお客さまは、

「希望のスタイルになるなら、早く終わる方がいい。」

と思っています。

 

なお、施術そのものではなく、

  • ゆっくりお話したい。
  • 長時間接していたい。

といったお客さまであれば、(言い方は悪いですが)プラスメニューを受けて頂くようにしていけば良いのです。

田村

「お会計を終えた後も、なかなかお客さまが帰らない。」

というのは、実はすごく大きな問題です。早急に対応を考えましょう!

 

 

そもそも時間単価って?

読んで字の通りですが、時間単価って、

「時間あたりの単価」

の事です。客単価の場合、

【売上】÷【客数】

で算出できますが、時間単価の場合は、

【売上】÷【お客さまの滞在時間】

と、なります。

 

田村

ここでは話を分かりやすくするために、

【時間単価】=【1時間あたりの単価】

とします。

 

 

例えばある美容室で、1日の客数が5人。

5人の施術に、合計6時間かかったとします。

仮に5人分の売上合計が6万円の場合。間単価は、

【6万円】÷【6人】=【1万円】

つまり、「1万円/時間」となります。

平たく言ってしまえば、「時間単価」とは「あなたの時給そのもの」なのですね。

 

田村

もう少し細かいことを言うと、「1万円/1時間」ということは「10分/1666円」です。

 

 

あなたの時給は?

サロンに限らず全てのお仕事は、時給に換算することができます。

極端な話、

「私は月収100万円です。」

と言っても、1日20時間、月30日働いていれば、時給は1666円しかありません。

時給って「生産性」を分かりやすく数値化したものなのですね。

ですから常に、「あなたの時給」を上げる工夫や努力をしていきましょう。

たとえばコチラのエステサロンでは、自宅サロンながら「月11日休んで78万円」ほどの売上を出しています。

あなたも同じように「時給」を上げていくことで、

「時間と収益」

両方の選択肢を増やしていくことが可能です。

 

田村

「サロンオーナーはもっと豊かに!もっと自由になるべきだ!」

でもお話しましたが、収益を上げながら「より自由な選択肢」を増やすためには、この「時給意識」がとても大切です。

 

 

単価を「下げて」時間単価を「上げた」実例

たとえば、僕自身を振り返ってみます。

現状、僕はサロン経営には携わりつつも、自分自身がサロンに立つのは、月に数日。

過去3ヶ月ほどののデータを集計しますと、客単価そのものは「10500円」。

最も単価アップに注力した時期は16000円ほどでしたから、5500円も下がっています。

 

しかし時間単価で見ると、「1時間8500円」となっており、これは過去の「単価16000円」の時期と同じくらい。

さらに、「1日に対応できる客数」は増えています。

結果的に、「今の方が売上を最大化できている」と言えるのです。

 

サロン子

誰でもそうなるワケ?

 

田村

厳密には「誰でも」ではありませんし、サロンのスタンスにもよります。

より少ない客数で売上を立てる事を重視するなら、「客単価重視」の方が向いていますね。

 

 

1000円カットの経営

ちなみに世にある「1000円カット」の店。

一見格安ですが、「時間単価」という視点で見れば、決して安くありません。

おおよそ滞在時間が10分〜15分に設定されているので、スタイリスト1人で1時間あたり4人は担当できます。

つまり、カット4000円で滞在時間が1時間のサロンよりも、多くの収益が見込めるのです。

さらに価格訴求で集客には苦労しないので、いろんな意味で「賢い経営」と言えますね。

 

田村

多くの場合、「時間単価」を上げた方が、「客単価」を上げるよりも結果的に収益アップします。

 

サロン子

時間単価を上げりゃいいのは分かったわよ。でも、どうすりゃ上がるの??

 

田村

具体的に「上げる方法」についても、お話させてくださいね。

 

 

とはいえ・・・

誤解のないように言っておきますが、今回のお話は、

「客単価はどうでもいい。」

というモノではありません。ただ、時間単価をしっかり見直すことで、

「客単価アップ以上の収益増加を見込めるサロンが沢山ある。」

という話です。

 

例えば客単価を高めていけば、

「少ない客数で売上を作れる。」

という大きなメリットがあります。

時間単価を意識しすぎてヘンに値下げしたり、中途半端な価格帯に調整することはオススメできません。

また、1000円カットの例を前半で引き合いに出しましたが、あれは「最低価格だから」成り立っているのです。

一概に、「客単価は安くてもいいや。」というモノではないので、ご注意くださいね。

 

サロン子

なんか、ややこしいわね!結局、どっちなのよ!!

 

田村

す・すみません。(汗)
一概に「どっち」という話ではなくて。

ただ、時間単価を上げる「伸び代」は、どのサロンにも確実にあるんで。意識して改善しておかないとモッタイナイことに・・・。

 

サロン子

んじゃ、時間単価は「上げろ」ってことでいいのね!?

 

田村

は・はい。結論は、そうなりますね。

 

 

まとめ

時間単価アップの対策は、今スグ出来るモノもあれば、「時間と準備」が必要なモノもあります。

今の状況に合わせて、あなたが取り組みやすいものから始めてください。

まずは、

「自サロンの時間単価を知る。」

というだけでも、いろんな事に気づくハズ。そこから見えてくる改善点も、見逃せませんからね。

 

田村さとし

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ぜひ今日から、時間単価アップに取り組んでください。

四国は徳島より、応援していますよ!!

 

 

【無料セミナー】1日5分で学べる!月商100万サロンのつくり方

1日5分。10日間に分けて、「個人サロンが月商100万円をつくるコツ」を、お伝えします。

あのサロンは、なぜ人気店なのか?あなたは今、何に取り組むべきなのか?

何より、「あなたが何をどう改善すれば、売上が上がるのか?」この無料セミナーを通して、確実に見えてくるハズです。