サロン売上アップに繋がるニュースレターの作り方

「口コミや紹介は、どうやったら増えるのか?」

この質問に対する答えの1つが、ニュースレターです。サロンでもニュースレターの活用により、広告宣伝が不要になったクライアント様はたくさんいます。

実はニュースレターの導入はカンタンです。慣れれば、作成も1時間ほどで作れるようになります。

では、具体的にどんな内容にすれば良いのか?必須ポイントなども交えてお伝えします。

ニュースレターとは?

ニュースレターとは、あなた自身が発行して顧客に届ける、「○○通信」といったモノです。

定期的に発行することで、あなたとお客さまの距離を近付ける、最適なツールと言えます。

 

どんな内容にすればいい?

内容は多岐に渡りますが、以下の中からいくつか選んで、毎回作成すると良いでしょう。

  • ホームケアの豆知識
  • お店のイベント情報
  • 新商品、新メニューの紹介
  • スタッフ出勤情報
  • 伝えたいメッセージ(手書き)
  • イベントのレポート
  • スタッフ日記

モチロン、毎回全てを書く必要はありません。

上記からいくつかピックアップすれば良いですし、特別伝えたい事があれば記載しましょう。

 

手書き VS PC作成

ニュースレターの作成は、ワードやパワーポイント。

Macユーザーならキーノート等を使えば、パソコン制作もカンタンです。

「パソコンは苦手で・・・」

という方は、全て手書きでもかまいません。

実際、全て手書きのニュースレターを地域に配布することで、集客に成功している居酒屋もあります。

どちらが有利というワケではありませんが、見やすさではパソコン。

人柄を伝える力としては、手書きに分があります。

両方を使い分けてみて、お客さまの様子を伺ってみるというのも良いでしょう。

また、パソコンで作成する場合も、一部にスペースを設けておいて、手書きの部分を作れば人柄も同時に伝えやすいですね。

 

ネット上でニュースレター?

ニュースレターは基本的に、紙で作成するリアルな媒体です。しかし、

  • LINE@で会員が集まっている。
  • メルマガ会員が沢山いる。
  • Facebookページのファンに顧客が沢山集まっている。

など、上記のいずれかに各当する場合は、ネット上でも届けることができます。

LINE@やメルマガであれば、直接メールで送ったり。

自店メディア上にニュースレター記事ページを作成して、誘導する事もできますね。

Facebookページであれば、その情報をシェアすることで、お客様の目に触れることもできます。

上記のいずれかにすでに各当する場合は、オンラインでも試してみると良いでしょう。

 

写真は使うべきか?

適度に写真を挿入することで、より魅力的なモノになるのは事実です。

  • イベントレポ
  • 商品紹介
  • 新メニューのビフォーアフター

などは、写真をい使う方がより効果的に伝わります。

とはいえ、全て手書きで作る場合、写真の挿入は面倒です。

モチロン、ある方がベターなのですが、そこがネックになって始められないよりも、まずは文章だけで作ってみましょう!

ニュースレターを集客ツールとして使っている居酒屋は、カンタンなイラストと文章のみで構成していましたが、上手くいっています。

 

どんな頻度で発行すべき?

発行頻度に関しては、できるなら1ヶ月に1回。

それが難しいようであれば、2〜3ヶ月に1回でもかまいません。

季節ごとに年4回だけ、発行しているお店もあります。

単純接触効果という面で言えば、2ヶ月に1回ほどは発行したいところです。

参考:「サロンのリピート90%超!「単純接触効果」とは?

 

ニュースレターに文章量は必要か?

これは一概に言えるモノではありませんが、無理にたくさんの文章を書く必要は、全くありません。

あくまで、お伝えしたい事が伝わる範囲でオッケー。

また、あまりに文章量が多くても、読む気になれないものです。

最適な文字数というものはありませんが、4コマ漫画を書く感覚でも十分と言えます。

ただし、あまりに貧相な内容になりますと、お客様もわざわざ見る気がしません。適度な情報量は意識するのが良いでしょう。

 

見やすい構成になっているか?

ニュースレターを始めたサロンが、よく間違いを犯すのがコレです。

とにかく見づらい・・・。

チラシなども同じですが、見づらいものは読まれません。

  • 適度に空白を保つ。
  • 文章の塊を作らない。

上記2点を守るだけでも、見やすくなります。

作成する時には、一度、第三者に意見をもらうなどすると良いですね。

当然、率直な意見をもらえる相手を選んで下さい。

第三者は、ニュースレターに精通している必要は全くありません。

 

ニュースレターの効果を下げる注意点

ニュースレターの効果は大きいものですが、反面、使い方を間違えればスグに効果は半減します。

注意すべきは、

「売込みをしない事。」

あくまで、ニュースレターはあなたと顧客のコミュニケーションツールです。

時にはお得な情報や新商品などを紹介しても良いですが、これが毎回続けば、売込み臭くなってしまいます。

売込み臭いニュースレターは、チラシと見なされ、読まれなくなってしまうので注意です。

 

読まれるよりも大切な事

ニュースレターのお話をすると、必ず開封率について聞かれます。

調べる方法としては、割引チケット等を同封すれば分かりますが、

そもそも開封率はさほど重要ではありません。

ニュースレターの主な目的は、単純接触効果を狙ったもの。

ある意味、あなたを思い出してもらえるだけでも、その効果は期待できます。

また、あなたのファン層は毎回開封するでしょうから、ファンサービスの一環とも言えるのです。

 

「こだわり」よりも「継続」

ニュースレターを作り始めると、何かとこだわり始めてしまうものです。

「もっとキレイに出来ないか?オシャレにならないか?」

など。こういう視点を持つことは良いのですが、

「毎回作るのがタイヘンで、継続できなくなった。」

などという結果になってしまっては、本末転倒です。

また、はじめから完璧に作る必要はありませんし、出来る人もいません。

まずは60点で構わないので、継続すること。こだわり過ぎてやめるくらいなら、軽い気持ちで継続できる方が遥かに良いのです。

 

まとめ

サロンにニュースレターを取り入れる事は、意外なほどカンタンです。

しかし、その結果として、

  • 来店周期が短くなる。
  • リピート率がアップする。
  • ご紹介や口コミが増える。
  • 新メニューや商品が売れやすくなる。

など。サロンにとって良い事づくめの効果が期待できます。

また、シンプルにファン客層にとっては、サービスの一環とも言えるでしょう。

まずは気軽に、ニュースレターの発行にトライしてみて下さい。

 

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA