サロン開業「その前に!」必ずやるべき「競合リサーチ」の手順

こんにちは!個人サロン経営アドバイザー、田村聡です。「これからサロンを開業したい!」これは素晴らしいことですが、

「競合リサーチ」

を行わず(またはテキトーに済ませて)スタートを切ってしまうと、後悔します。^^;

そこで今回は、サロン開業「前に」やるべき、リサーチについて。

その手順をわかりやすく、お伝えしていきましょう!!

 

 

サロン開業「前に」必ずやるべき「競合リサーチ」とは?

 

「競合リサーチ」

は、そのコトバ通り、

「ライバル店のリサーチ」

を意味します。

事前にリサーチを行うことで、開業に向けて必要になる「あらゆる決定」がカンタンに。

たとえば「価格の決定」1つとってみても、「感覚」で決めるなんて、経営者のやることではありません。^^;

あなたがサロンを開業する予定のエリアには・・・、

 

・どんなサロンがある?
・同業サロンは、いくつある?
・どんなメニュー展開をしてる?
・どんな価格帯?
・どんな雰囲気?
・どんな強み、弱みがありそう?
・どんなお客さまがターゲット?
・実際に、どんなお客が集まってる?

 

こういった部分を、先に調べておくのです。

そうすれば、

「こういうサロンづくりをすれば、周りに埋もれないな。」

とか、

「周りはこういう強みがあるけど、こういう部分で勝負すれば・・・」

なんてことも、明確になってきます。

 

田村

たとえば僕は、はじめて開業した時、「1席サロン」というコンセプトで美容室をオープンしました。

これはリサーチの結果、そういったサロンが県内に見当たらなかったから。

結果、このコンセプトはウケて、タウン誌にも「見開き2ページ」にて無料掲載されるなんてことも。^^

 

実際、どうやって調べんの??

 

 

リサーチそのものはカンタンなので、いくつか方法をご紹介しておきますね。^^

 

 

競合リサーチの手順(1)ネットで検索

まずは、「ネットで検索」です。

「地名+あなたが開業予定の業種」

で、ネット検索してみましょう。おそらく、数多くのサロンが出てくるハズ。

ちなみに「地名」は、最初は範囲を狭く。徐々に広くしていくと、より多くのサロンが見つかります。

「●●町 エステ」

からはじめて、

→「●●市 エステ」
→「●●県 エステ」

といったイメージですね。

また、

「ホットペッパービューティー」などのクーポンサイト

も、同業のリサーチには適しています。

地域のクーポンサイトやクーポン誌、タウン誌なども、リサーチには有効な媒体と言えますね。

 

 

競合リサーチの手順(2)街を歩く

 

ネット検索にヒットしないサロンの中にも、流行っているサロンがあったりします。

また、ネット「だけで」調べるより、実際に街を歩いて確かめる方が、新たな発見もあるハズです。

立地ひとつでも、「ネットだけ」では見えづらいですからね。

 

競合リサーチの手順(3)聞き込み

 

わりと有効なリサーチの1つが、「聞き込み」です。

実際に知人や友人に、

「この辺りで、良い●●サロン知らない??」

といった感じで、聞き込みしてみましょう。少し手間ではありますが、

「実際にそこに通っている人の声」

なんかを聞くこともできる、かなり有効な手段です。

 

競合リサーチの手順(4)サロンに客として行く

リサーチの結果、「良さそう」と感じたサロンや、流行っているサロンでには、実際にお客として行ってみましょう。

実際、

「他のサロンに行ってこそ、学べること」

がありますし、そうして得たものは、他の手段では手に入らないモノばかりです。

僕自身、県内外問わず、いろんなサロンに行くようにしています。^^

 

田村

リサーチの結果を元に、「差別化」を考えていくこともできますし。

実際にサロンに行ってみたりして、

「コレはいいな」

という部分は、あなたのサロンにも取り入れていけばいいのです。^^

 

 

開業後も、リサーチは「生命線」

今回は、「競合リサーチ」についてお伝えしてきました。ちなみに、この記事のタイトルは、

「サロン開業その前に!」

となっていますが・・・。今回のリサーチ、

開業後も定期的にやるべきことの1つ

と言えます。なぜなら、周囲の状況はドンドン変化していくから。

 

たとえば、僕が最初に開業したエリアって、古い美容室はわりと近隣にあったけど、

「新しくてオシャレな美容室」

は、少なかったんです。

でも、5年後くらいには、「徒歩2分」くらいの距離に、新しい美容室の出店がありました。

たった5年で、「半径5キロで1番新しいサロン」から、「半径400メートルで、中堅の店」になったワケです。(笑)

 

また、競合の変化だけでなく、

お客さまニーズの変化

も、忘れてはいけません。近年ですと、「マツエク」なんかは急速に普及しましたよね?

僕もサロンで取り入れましたが、こういう「新しいニーズ」は「いち早く」掴むことで、いわゆる、

「先行者利益」

に繋がることも多々あります。(もちろんハズす可能性も。笑)

開業前はモチロン、開業後も慢心せずに、常に「周囲に目を光らせて」おきたいものです。

 

その為に、今回ご紹介した「リサーチ」は、あらゆる面で役立ちますからね。^^

 

 

 

追伸・・・自宅サロンの開業については、

自宅サロンの開業|失敗しない自宅サロンをつくる為に「おさえるべきポイント13選」

を参考にしながら進めていただければ、大きな失敗はありません。^^

【無料セミナー】1日5分で学べる!月商100万サロンのつくり方

1日5分。10日間に分けて、「個人サロンが月商100万円をつくるコツ」を、お伝えします。

あのサロンは、なぜ人気店なのか?あなたは今、何に取り組むべきなのか?

何より、「あなたが何をどう改善すれば、売上が上がるのか?」この無料セミナーを通して、確実に見えてくるハズです。