「人気サロン突撃レポ」第6弾|リラクゼーションで2店舗経営、スタッフ4名まで事業拡大

こんにちは!田村です。「人気サロン突撃レポ」。これは、田村のクライアントや卒業生さんのサロンを直撃インタビューし、「根掘り葉掘り」取材するという企画。

 
今回は、その第六弾となります。
 
 

 

今回は、京都府の体質改善サロン「DIETA」、中谷恵子オーナーのところにお邪魔しています。

中谷オーナー、よろしくお願いいたします。^^

 

中谷恵子オーナー

はい、よろしくお願いします。^^

 

どんなサロン?

まずはじめに、こちらのサロンは、どんなサロンさんですか?

2店舗経営されていますよね?

 

はい。今田村さんがいらっしゃる、こちらの店舗が、

「肩こり専門の、体質改善サロン」

で、アロマの店です。

もう1つの店舗が、

「ヘッドリンパ専門」

ですね。

 

なるほど。2店舗、コンセプトを変えて経営されているのは素晴らしいですよね。

 

もう1店舗は、通り目の前にあるんです。

 

え?そうなんですね。直ぐ近くなんですね〜。

 

そうなんです。^^

 

 

開業

ちなみに、開業されたのって、いつ頃なんですか?

 

たしか京都に帰ってきたのが、2012年なので。その年の12月からですね。

 

なるほど。

 

で、その前に東京で1年くらいやってました。

 

そっかそっか、東京帰りって、おっしゃってましたね。

 

そうなんです。こっちで、実質動き出したのは、2013年の11月ですね。

 

なるほど。そうなんですね。

地元は、京都なんですよね?

 

そう、京都です。東京で1年やって、こちらに戻って再び開業した感じですね。

 

なるほどです。

 

「まぁサロンなんて、東京でやるのも京都でやるのも、同じだろう。」

という感覚で、はじめましたね。^^;

 

東京でも、けっこう上手くいってたんですか?

 

はい、案外、普通にやれてはいました。(笑)

 

なるほどー。^^

 

 

開業のキッカケ

 

中谷さんが最初に、「開業しよう!」って思ったキッカケって何かありますか?

 

最初は、大学4回生の時に、「趣味がマッサージ」だったこともあって、大阪のスクールに技術を習いに行って。

その後、父親に介護が必要になったのがキッカケで、漢方についても学びました。

それから、東洋医学のアロマの学校にも通って。

それが7月だったんですけど、その年の12月にサロンを開業しました。(笑)

 

おおーーー。(笑)なるほど。

つまり、サロン勤務はほぼ、してないんですね?

 

そうですね〜。3、4ヶ月くらいかな。

今思うと、荒いですね〜。(笑)

 

今思うと、ね。(笑)

でも意外と、サロン勤務されてない方いますね。この「人気サロン突撃取材」を始めて、3人目です。

逆にスゴいですよ!

僕なんて、10年くらいサロン勤務してますからね。開業するまでに。(笑)

 

そうですよね。(笑)

 

ホント、スゴいと思います。

 

でも、大学4回生の時は、

「ほんと向いてないから、やめなさい。」

って言われてたんですけどね。(笑)

 

そうなんですか?(笑)

そんなこんなで、今に至るんですね〜。

 

そうなんです。^^

 

 

田村を知ったキッカケ

 

話変わりますけど、最初に「田村を知ったキッカケ」って覚えていらっしゃいますか?

 

はい。最初は、田村さんのDVDを知って購入したのが、キッカケですね。

「お手紙」とか出てくる、リピート強化のDVD、当時販売されていましたよね?

 

おー。懐かしいDVDですね。^^

 

※現在は販売していませんが、当時、セミナーを収録したDVDを販売していました。

 

そうそう。^^

それを京都に戻ってから、スタッフ用に購入したんです。

東京にいた頃も、スタッフはいたんですけど。

当時のスタッフは、スクールで一緒だった子だったんですよね。

だから特に、接客やリピートの事って何も教えなくても問題なかったんです。

でも、京都に戻ってから雇用したスタッフは未経験者だったので、そういった部分も教える必要があって。

で、私面倒くさがりなので、

「このDVDを見といて。」

って。(笑)

 

なるほど、スタッフさん用の教材ですね。(笑)

 

そうなんです。^^

私自身は、「次回予約を頂く」という方法で、基本的にリピートを頂いています。

でもスタッフを雇用した時に、

「コレは、誰でも出来るんじゃないんだな。」

という事に、初めて気づいたんですね。^^;

 

私、大学生の頃に塾講師をしている時期があって。

その時、たとえば夏期講習の前なんかに、生徒に手書きでDM出したりするワケです。

それを思い出して、いろいろ調べているうちに、田村さんのDVDに行き着いた感じです。

 

えー。なるほど。そうだったんですね。^^

 

はい、当時まだ1店舗で、最初のスタッフを雇用したばかりの時期でしたね。

 

なるほどー。DVDはじまりだったんですね。

 

そうそう、もう、

「コレ見て、この通りやってね。」

みたいな。(笑)

 

なるほど、嬉しいです。(笑)

それでDVD見ただけで、スタッフさんは実践できましたか?

 

はい、普通に実践できてましたね〜。^^

 

ヨカッタです。^^

新しい使い方ですね。「スタッフ教材用」って。(笑)

 

そうなんですね、ぜひ、ススメてみてください。^^

あのDVD、スタッフに渡して、

「そのままやってね。」

で、ホントにリピート取れますから。^^

 

なるほど〜。実際、スタッフさんも、それでリピート上がったんですね?

 

はい、上がりましたよ〜。^^

やっぱ、「お手紙書こう」って意識すると、「情報を残そう」ってなりますし。

一生懸命、施術していると、会話の内容を覚えてないとか、あるんですよね。

でも、そういう「パーソナルな会話」なんかもお手紙に盛り込もうと思うと、覚えていたり。

実際、お手紙に書く時に、こちらも思い出しますし、お客さまにも読んだ時、思い出していただけますよね。

次に来店された時も、その会話になったりと、良い関係性が築きやすくなったように感じます。

 

おっしゃる通りですよね。

結果的に、あのDVDがスタッフ教材になり、リピートアップに繋がってよかったです。^^

素晴らしい!!

 

ありがとうございます。^^

その後、ホットペッパー攻略塾に参加したんですよね。

当時はまだ、掲載していない状態だったと思うんですけど。

 

そうでしたね。

 

 

 

東京にいた頃は、ポンパレとかグルーポンを使ったりして、集客してました。

「ホットペッパーは、集客できないだろう」

っていう考えだったんですよね。でも、営業の人が「出来ます」って言うから。

ひとまず、1万円のプランで掲載を始めたんです。

その時で月、3、4人の集客でしたね。

 

まぁ、1万プランでそれくらいなら、悪くはないですよね。

 

ですね。当時はスタッフ1人だけだったし、「まぁ、いいかな」という感じでしたね。

ただ、

「コレって、もうちょっと集客できないのかな?」

と思い始めまして。(笑)

 

なるほど。そこに、僕の「ホットペッパー攻略塾」の案内が届いたと?

 

そうですね。DVDも購入させてもらって、メルマガも登録していたので。

 

なるほどです。

 

で、最初は「予告」が続いたんですよ。

「こういう講座をやります。」

と。たしか、その期間が1ヶ月くらいあって。

「早くして!」

って思ってました。(笑)

 

そうだったんですね。それはお待たせして、すみません。(笑)

 

そうそう。(笑)

だから、募集が始まったら、スグに申し込みしましたね。^^

 

ありがとうございます。^^

じゃぁ、あまり「申し込み前の不安」とかはなく、

「早くリリースしなさい!」

って感じだったんですね?

 

そう!(笑)

 

なるほどです。^^

 

 

不安というか・・・。

まぁ、何でも「やってみた方が」早いじゃないないですか?

例えばそれが、何十万ってなったら、慎重にはなりますけど。

数万円の投資ですし。

その前に購入したDVDも、価格以上だったので、

「ソンはない。」

って思ってましたね。

 

なるほど、ありがとうございます。^^

 

ましてや、東京でも大阪でもなく。四国の徳島で集客できるなら、京都でも出来るだろうと。

 

たしかに。^^;

「東京で出来た!」

ってだけだと、

「東京だからでしょう?」

って感じが、しないでもないですからね。

 

そうそう。

徳島でも出来て。

しかも、客単価がめっちゃ高かったんですよ。先生のサロン。

私、調べたんですよ。(笑)

きっと、それには「理由」が、あるだろうと。

 

なるほどなるほど。

 

そうそう。^^

 

結果的に、参加してみてヨカッタですか?

 

はい、ヨカッタです。

1万プランで、月20人くらい集客出来てましたからね。

 

ですよね。かなり集まってましたよね。^^;

 

おかげ様で、良い感じになりました。^^

 

 

現状

 

ちなみに、現状はどうですか?

売上的にも、伸びてます?

 

はい、伸びてますね。^^

 

今って結局、スタッフさん何人ですか??

 

今、スタッフ4人と私で、5人体制です。

 

え?そんな増えてるんですか?

 

はい。^^

最初、先生のところでお世話になった時は、スタッフ1人と私で、2人だったんですけどね。

 

ですよね。そんなに増えちゃったんですね〜。(笑)

 

そうですね。(笑)

このサロンが今、ベッド3台あるんですけど、足りないんですよね。^^;

 

そうなんですね〜。^^;

 

そんなつもりは最初なかったんで、レイアウトもかなり変えましたね。^^;

 

なるほど〜。スゴいですね!

スタッフ4名って、ほんとスゴいと思いますよ。

 

そうですか?

でも、少しずつ増えた感じですね。^^

 

まぁ、そうあるべきですし、素晴らしいです!

 

ありがとうございます。^^

 

 

 

今後の目標

 

中谷さんの、「今後の目標」って何かあったりしますか?

 

そうですね〜。今後は、サロンを「大きくしていく」というよりは、「密度」を上げていきたいですね。

「お客さまとの、より良い関係を築いていく」

という中で、客単価も上げていく、という感じです。

ですから当分は、「スタッフ教育」という事になりますね。

 

なるほど〜。素晴らしいです!

 

 

大切にしてる事

 

今、サロン経営もしくはサロンワークの中で、「1番大切にしてる事」って何ですか?

 

そうですね。

「お客さまが、何を求めてサロンにいらしているのか?」

という事を、私達が把握するのはモチロン、

「自分達が、どういったものを提供できるのか?」

という事も、お客さまにしっかりお伝え出来ているかどうか、という点ですね。

 

なるほど〜。

 

そこをしっかりお伝えする事が出来ていないと、どうしても「薄く」なってしまうんですよね。

「単なるリラクゼーション」

で来店される方が増えたりとか。

来店周期が、お客さま主導になったり。

だからやっぱり、自分達がまず「何を」していて、「なぜ」この手技が必要なのか?

スタッフが明確に理解して、伝える事が出来ているか?

ココが大事だと考えています。

 

それを、

「お客さまに伝えているか?」

という事ですか?

 

そうですね。

「全部言いなさい。」

というワケじゃないんですけど。

しっかり自分達が把握して、伝える事ができるっていう点は大切にしています。

 

なるほど。ありがとうございます。^^

 

 

何かアドバイスいただますか?

 

このインタビューって、はじめにお伝えした通り、僕のブログ記事になるんですけど。

ブログをご覧頂いている、まさに、

「これから頑張りたい!」

という方に、何かアドバイスいただけませんか?

 

アドバイス・・・ですか・・・?

 

はい、急に振ってすいません。^^;

 

そうですね・・・。

正直、サロンの置かれてる状況って、厳しくなっていってると思うんですよ。

でも結局、

「いかにリピートして頂くか?」

という点が大切で。

 

ほんと、そこに尽きますよね。

 

この辺りも、すごくサロンが増えているんですよね。

ホットペッパー掲載店も、徒歩圏内で160店舗ありますし。

 

そんなに増えてるんですね。^^;

 

そうなんです。

だから単なる「普通のサロン」では、厳しいと思うんですよ。

尖らせていかないと。

「お客さまが何を求めているか?何を探しているか?」

というのを、もっと見つけてこないと。

 

おっしゃる通りですね。

「お客さまが何を求めているか?」

しっかり知った上で、尖っていく事は大切ですよね。

 

そうそう。^^

 

今から僕が新たに出店するなら、「地域にないモノ」を創りますね。

「コイツ、おかしんじゃないか?」

って言われるくらい。(笑)

 

でも、「尖る」ってほんと大事ですよね。(笑)

たとえば京都で、こんなにリラクゼーションはあるのに、「ヘッド専門」って、ウチと、もう1社だけなんです。

それが不思議。^^;

 

そうなんですね〜。かなりニーズあるのに。

 

そうそう、かなりニーズはあります。

ウチの店舗で「ヘッドだけ」で月30〜40人、集客できる月もあるので。

 

それはスゴいですね。^^;

 

そうそう、それくらいニーズはあるんです。

今はパソコン、スマホ社会なのに。

「なんで、こんなに増えないんだろう?」

って思いますね。

それもあって、今、ヘッドのスクールもやってます。^^

 

あ、そっか。中谷さんのところって、ヘッドのスクールがあるんですね。

 

そうなんです。だから、そろそろ、ちゃんとやろうかな?と。(笑)

 

いやソレ、ちゃんとやりましょうよ。(笑)

中谷さんが教えてくれるんですよね?

 

そうそう。教えますよ。^^

 

このサロンで、教えているんですか?

 

そうですね。この店か、もう1店舗の方、どちらかで教えてます。

そろそろ、東京なんかでもやろうかな?と思ってますけど。

京都だと、ちょっと不便ですしね。^^;

 

なるほど〜。東京とかもアリですね。

スクールも、広めていきましょうよ!

 

まぁ、そんな大々的に広めていくつもりでは、ないんですけど。^^;

ただ、

「きちんとしたヘッドメニューがあれば、売上は上がるよ。」

とは、思いますね。

 

なるほど〜。

僕がもし、美容師でもなく、何の手技も持ってなかったら、たぶん「ヘッドスパサロン」やりますよ。(笑)

 

あははは。(笑)

ニーズは今後、減らないと思うので。^^

ウチは女性専用でやってますけど、男性ニーズも多いんですよね。

人口がそこそこあるエリアで、男女できるサロンがあれば、かなり良いと思うんですよね。

 

確かに。^^

 

しかも今の肩こりの多くは、「首から頭」に原因がありますからね。

普通のマッサージに行って解消しないのは、やっぱり頭と首に原因があるからなんです。

ちなみに「左右同時」とかあり得ないですから。

左右で状態が違いますからね。

 

なるほど〜。「ヘッド」って深いんですね。^^

 

 
 

どんな人にオススメ

 

最後に、田村のコンサルやサポートって、どんな方にオススメですか?

 

いやもう、サロンやってる人は、絶対に受けた方がいいと思います。端的に言えば。^^

 

あはは。(笑)

ありがとうございます。^^

 

だって、先生のおっしゃる事って、すごく「真っ当」というか。

なんか、「唐突なこと」をおっしゃってるサロンコンサルさんもいるじゃないですか?

でも、私はそれは「違う」って思うんです。

 

サロン集客って、「リピートを増やすための集客」だと思いますし。

それをしっかり伝えらえているのは、先生ぐらいかと。^^

 

おー!ありがとうございます。

そうそう、僕、「真っ当」なんですよ。(笑)

 

そう、「真っ当」ですよね!案外!(笑)

 

案外って!(笑)

でも僕、語弊を恐れず言うと、「普通のこと」を教えてるんですよね。

 

そうそう、でも、その普通が出来てないと、苦戦しますよね。

けっこう誤解されてる方も多いように感じるんです。

サロンの売上が上がらない原因が、

「何か目新しい集客を知らないこと」

だと思ったり。

手技が悪いとか。新しい手技が必要だとか。

そういう部分じゃなくて、もっと「基本」に原因があると思います。

 

確かに。

 

たとえば広告なんかでも、費用がかかりますよね。

その単月で見ると、安くはないんです。

でもサロンって、リピート売上が積み上がっていくじゃないですか?

仮に新規来店されたお客さまの単価が1万円で、その後毎月1年間、通っていただければ12万円ですから。

そう捉えると、広告の費用対効果に対する考えも、変わってきますよね。

 

本当におっしゃる通りですね。

 

だから本当に、突き詰めると、

「いかにリピートし続けて頂くか?」

だけですよね。

 

はい、ホントにそうです。^^

何年もお付き合いできるお客さま1人に出会うことが出来れば、それはスゴいことで。

だからその「キッカケ」は、ある意味何でもいいんですよね。

 

そうですよね。

だからサロン側も、1年・3年・5年っていうスパンでお客さまに接していきますし、そのためのプランも考えていきますね。

 

なるほど〜。さすがです!!

 

ありがとうございます。^^

 

本当に、そう考えるとサロン経営ってシンプルなんですよね。

 

ホントに、そう思います。

 

だから、その「シンプルな基本」を、僕は伝えているんです。^^

 

そうそう。

だから、「どんな人にオススメ」って、

「サロンやってる人全員」

ですね。

もしサロン経営に悩んでいて、その原因が分からない時は、絶対に「知ってる人」に、聞いた方が早いと思います。^^

 

ありがとうございます。

じゃ、

「サロン経営で悩んでる皆さん、一度、田村のとこに来てください。」

という事で。(笑)

 

いや、ホントそうです。

悩んでる方は、皆さん一度、行ってください。^^

 

ありがとうございます。^^

 

 

 

 
 

それでは、本日はお忙しい中、ありがとうございました!

京都府の体質改善サロン「DIETA」、ヘッドリンパ専門店「月〜Tsuki」の中谷恵子オーナーでした。

 

ありがとうございました。^^

 

 

 

新天地でゼロからのスタート

今回、取材させて頂いた中谷オーナーの場合。

地元とはいえ、東京からの移転なので、顧客ゼロからのスタートだったのですね。

そんな「ゼロスタート」から、現在は2店舗経営。スタッフ4名を雇用するまでに拡大されています。

売上はオフレコですが、当然ながら素晴らしい成果となっていますね。^^

 

逆に、下手に固定客を持って独立するよりも、

「きちんと集客し、経営しないとマズイ」

という、ある種のプレッシャーがある方が、良いのかもしれません。^^

 

コンセプトで「尖る」

中谷オーナーも、こうおっしゃっていました。

 


単なる「普通のサロン」では、厳しいと思うんですよ。

尖らせていかないと。

「お客さまが何を求めているか?何を探しているか?」

というのを、もっと見つけてこないと。

 

コレ、ほんとにその通りで。

しっかりとコンセプトを練り上げる事って、本当に大切なのですね。

ニーズがあり、さらに「空いてるポジション」を取れば、

 

ウチの店舗で「ヘッドだけ」で月30〜40人、集客できる月もあるので。

 

といった事になりますから。^^

 

ただし、いつも言いますが「唯一無二」になる必要ってないのです。あと、「マニアックになればいい。」というモノでも、ありませんので。ここには注意してください。「分からないモノ」って売れませんからね。^^;

 

 

「伝える」力

中谷オーナーのサロンでは、「伝える」という点を重要視されています。

飛躍の大きな要因は、ココにあるように感じました。

 


自分達がまず「何を」していて、「なぜ」この手技が必要なのか?

スタッフが明確に理解して、伝える事が出来ているか?

ココが大事だと考えています。

 

どんな施術を行っていて、なぜ、それがお客様にとって必要なのか?

これは、お客様に伝える事はモチロン、「発信する時」も重要ですよね。

コレがしっかり出来ていれば、

「来て欲しいお客様」

が、集まりますから・・・。

 


そこをしっかりお伝えする事が出来ていないと、どうしても「薄く」なってしまうんですよね。

「単なるリラクゼーション」

で来店される方が増えたりとか。

来店周期が、お客さま主導になったり。

 

と、中谷オーナーも、おっしゃっていた通りです。

 

サロン経営に悩む原因は・・・

取材中の会話にも、こんな内容がありましたね。

 


その普通が出来てないと、苦戦しますよね。

けっこう誤解されてる方も多いように感じるんです。

サロンの売上が上がらない原因が、

「何か目新しい集客を知らないこと」

だと思ったり。

手技が悪いとか。新しい手技が必要だとか。

そういう部分じゃなくて、もっと「基本」に原因があると思います。

 

コレって本当に「核心」だと僕は考えていて。

だから、誤解を恐れずに言うと・・・。

田村は「普通のこと」を、お伝えしています。(笑)

言い方を変えると、「基本」ですね。^^

 

基本を徹底するだけで、必ずサロン経営は変わります!

 

 

リピート命

僕も再三、お伝えしていますが。やはり中谷オーナーも、「リピート」を最重要視されています。

 

正直、サロンの置かれてる状況って、厳しくなっていってると思うんですよ。

でも結局、

「いかにリピートして頂くか?」

という点が大切で。

 

そう、本当に突き詰めて言えば、サロン経営って、

「目の前のお客さまに、いかに通い続けていただくか?」

に、尽きるのですね。

 

 

リピートするお客さまを、集める

コンセプトがしっかり固まっていないと、そもそも「リピートしないお客様」が集まってしまいます。

逆にコンセプトがしっかりしていれば、中谷オーナーのサロンのように、

「あなたのサロンを必要としている人」

が集まり、結果的に高いリピート率に繋がるのです。

 

価格で勝負しない

さらに言えば、コンセプトが固まってないサロンの場合、「価格で勝負」していかないと、思うように集客できません。

「違い」が伝わっていないので、お客さまが「価格で判断するしかない」状態なのですね。

一刻も早く、この状態は抜け出すべきです。

「忙しいけど、利益が残らない。」

なんて、笑えないですから。^^;

 

何を伝えるか?

結局は、中谷オーナーもおっしゃっていたように、

「お客さまの求めるもの」

をしっかりリサーチする事。その上で、

「自分達が提供できるモノは何か?」

しっかり見極めていく。

 

「それが、どのように役立つモノか?」

「なぜ、それが必要なのか?」

内外に伝えていく事で、あなたのサロンに共感して下さる、また「必要」として下さるお客様が、集まるのです。

当然ながら、そういったお客様はリピート率も高く、長く通ってくださりますよね?

そんなお客様で溢れるサロン・・・。

結果的に、「人気サロン」にならない、理由がない。

あなたも、そう感じませんか?

 

ぜひ、あなたのサロンにも、そうなって欲しいと願っています!

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!!

最後に、お忙しい中、貴重なお時間を割いて頂いた中谷オーナー。本当に感謝いたします。ありがとうございました!!^^

 

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアントサロンの中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。