2ヶ月で50人?「僅かなコストで」美容室の集客数を伸ばした今日からできる対策

こんにちは、田村聡です。多くのサロンが重要課題の1つとして取り組んでいる「集客」。中でも今回は、ごく僅かなコストながら高確率で客数を伸ばす対策についてご紹介。実践したサロンの中には「2ヶ月で50名の来店増!」というサロンも。

 

集客・・・ではない?

最初に種明かしをしておきますが、今回ご紹介するのは「集客」の方法ではありません。モチロン、客数は伸びますが、いわゆる新規集客ではないのです。

では、何をするのか?

顧客リストの再利用です。

美容室に限らず多くのサロンには、顧客リストがありますね。いわゆる「カルテ」などの顧客情報。その中には、「しばらく来店されていないお客様」や「数回来店された後、失客しているお客様」がいるハズです。

サロンの規模や経営年数にもよりますが、場合によってはこれが数百、数千件にのぼります。

これらを上手く活用できれば、少ないコストで短期間のうちに客数を伸ばすことができます。

 

 

再来してない方へのアプローチ

カンタンに言ってしまえば(実際にカンタンなのですが。^^;)失客となっているお客様に再度アプローチをかけるのです。

「そんな事して意味あるの?」

と思われるかもしれませんが、やってみると驚くハズ。

「失客した」と思っていた方々が再来され始めます。

具体的には、

  • お手紙
  • メール、LINE@
  • ホットペッパーのメッセージ機能

などを使って、お客様にご連絡します。1番効果的なのはお手紙。続いてメールやLINE@。SNSなどで繋がりのある場合、それらのメッセージ機能でも構いません。

また、ホットペッパーのメッセージ機能などを使う場合は、限定クーポンなどを添付するのも良いですね。

 

 

何を書けばいいの?

「再度アプローチするって言われても、何を書けばいいの?」

という声が聞こえてきそうですね。(笑)難しく考える必要はありません。

ただし、売り込もうとしないで下さい。

売り込み臭が強すぎると、逆に引かれてしまいます。そうではなく、

「しばらく会っていない知人に連絡する。近況を伺ったり、伝えたりする。」

という感覚が理想的です。ここで、僕があなたをお客様と想定して、お手紙を書いてみます。ちょっと勝手にイメージして、

「5ヶ月前に来店されてから、お会いしていない。」

という事にしますので、お付き合い下さいね。^^

 

●●様

こんにちは。美容室バニラの田村聡です。

まだ5月というのに、何だjか夏のような日が続きますね。^^;

体調など崩されていませんでしょうか?

僕はすでに晩酌のビール量が増えています。●●さんは、ハイボールの量、増えていませんか?(笑)

気温差も激しい季節です。お身体には十分気をつけて下さいね。

 

そうそう。梅雨も間近ということで、5月末から縮毛矯正がお得なキャンペーンをしています。

またいつでも、お声がけ下さい。^^

 

こんな感じでOKです。たくさん書く必要はありません。

モチロン一斉配信ではない「お手紙」なんかの場合、距離感も大切です。親しい感じで会話していた方に、「やたら硬い文章のお手紙」は不自然ですし、逆もしかりです。

可能であれば「共通の話題」なんかも盛り込むと最高ですね。

「覚えてくれてるんだ。」

と、一発で感じてもらうことが出来ますから。

 

思い出してもらうだけ

ここで大事にしてほしいのが、

「思い出してもらうだけでいい。」

という感覚です。先ほどの例文では、

「そうそう。梅雨も間近ということで、5月末から縮毛矯正がお得なキャンペーンをしています。」

とサラッと入れましたが、ここは無くても構いません。

しかし、ここが「強すぎる」のはNGです。あくまで最大の目的は「思い出してもらう」こと。ここに重点を置いておくと失敗しませんからね。

 

 

 

失客原因は様々

なぜそんなに、

「思い出してもらえればいい。」

と言えるのか?これは、サロンの失客原因にあります。失客の原因というのは本当に様々です。モチロン中には、

  • 技術が気に入らなかった。
  • 何となく雰囲気が合わなかった。
  • 接客に不満があった。

などという場合もあるでしょう。(ちなみにこういう場合は対策しても再来に繋がりません。当然ですが。^^;)

しかし実際には、「不満が原因の失客」というのは一部です。

「何となく間が空いて、行きづらくなってしまった。」

「間で他のサロンに行って、行きづらくなった。」

「予約の都合が合わなかったので、他の店を利用した。」

「家庭や仕事の事情、環境が変わった。」

などなど。サロン側ではイメージしていないような失客のパターンも沢山あります。また、

「最大の失客理由は「何となく」である。」

というデータさえあるのです。

こういった方々には、再度アプローチをかけて「思い出してもらう。」ことで、一定数の再来へと繋がっていきます。

 

 

新規集客コストとの比較

ちなみに「新規集客コスト」は把握されていますか?つまり、

「新規1人に対して、いくらかかったのか?」

というコストです。一般的には数千円あたりが平均的なのですが、これに比べて今回の対策は格安です。これは本当に大事で、覚えておいてほしいのですが、

「1度でも来店したことがある人を呼び戻す方が、新規集客よりもはるかに低コストでカンタン。」

というのは事実。

モチロン新規集客も大切ですが、「失客した方への再アプローチ」は定期的に行っておきましょう。

 

 

商売とは・・・

最後に、ちょっと偉そうなことを言うようですが、

「顧客リストの活用が上手い人の商売は、必ず上手くいく。」

これは事実だと感じています。新規集客ばかりに目を向けるのではなく、

「1度来てくれた人に、また来てもらうには?」

という、ある意味当たり前の課題に向き合い続けることが出来れば、繁盛サロンへと育っていきます。

今回ご紹介したモノは、誰でも1度は聞いたことがあるような内容のハズです。しかし、実践しているサロンはどれくらいあるでしょうか?

まずは手をつけやすい方法からで構いません。ぜひ、実践してみて下さいね。

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!