エステサロンの「売れるメニューづくり」3つのコツ|ネーミングと価格設定+1

こんにちは!田村です。エステサロンの集客を考える時。その手段ばかりに目が向いて、「メニューづくり」がお粗末になっている事があります。

集客を伸ばしたいなら、まず「売れるメニューづくり」から考えるべきです。

この記事をしっかり読んで実践すれば、場合によっては「何もせずに」集客が伸びる場合もあるでしょう。

 

(ポイント1)メニュー名

まずは、メニューづくりの基本。「メニュー名」です。ポイントは、

(1)メリットが分かる。
(2)違いが分かる。
(3)説明文を上手く使う。
(4)長すぎない。

の4点。

 

(1)メリットが分かる。

まず、

「メニュー名を見て、それがどんなメニューなのか?どう良いのか?」

伝わること。まずはここが、スタートライン。たとえば、

「フェイシャルエステ 60分 6000円」

フェイシャルエステである事は伝わりますが、全く特徴がありません。

これなら、「より安いサロン」に、お客さまは流れてしまいます。

 

そうではなく、たとえば、

「小鼻の毛穴エステ」

なら、どうでしょう?

「毛穴が消えるフェイシャル」

なんかも、良いかもしれません。^^

 

 

田村

現実には、表記法の問題などをクリアする必要はありますが。このように、

「特徴、違いが分かる。」

かつ、

「施術を受けると、どうなれるか?」

イメージできる。

これらが、メニュー名だけで伝わるのが理想的です。 

 

 

 

(2)「違い」が分かる

たとえば、

・痩身ボディトータルコース 21000円
・スペシャル痩身コース   18000円
・ベーシック痩身コース   12000円

こんなメニュー展開ですと、

「類似したメニュー内での、違い」

が、全く伝わりません。^^;

似たメニューがある場合は、「その違い」をしっかりと伝えましょう。

 

(3)説明文を上手く使う

これは、表記する媒体によっても違いがありますが、

「メニュー名を補足する、説明文を添える。」

というのも、時に効果的です。

ただし、この説明文も、あまり長いものは読まれません。

「最小限の文字数で、最大限、魅力が伝わるように」

心がけましょう!!

特に、

「あまり一般人に認知されていないようなメニュー」

には、説明文が必須です。

 

 

(4)長すぎない

ここで、注意点があります。

「メニュー名で、メリットが伝わるように。」

とお話すると、すごく長いメニュー名を考えてしまう事が、あります。

あまり長いメニュー名は、基本NGです。

なるべくコンパクトに。

出来れば、「一言で言える」くらいが、理想的です。^^

 

使いどころで、メニュー名を使い分ける

たとえばチラシなど、情報量が限られた媒体を使う場合。

あまり多くのメニューを並べると、見る方も分かりづらい。

掲載メニューは、数を絞った方が効果的です。

こういう時は、メニュー名が多少、長くてもOK。

しっかりとメリットや違いが伝わる方が、効果的でしょう。

 

逆に、ホームページの「メニュー 一覧」など、全てのメニューを表記する必要がある。

そんな場合は、なるべくコンパクトで分かりやすいメニュー名の表記を心がけましょう。

長いメニュー名がズラッと並んでいると、見る気も失せてしまいます。^^;

 

とはいえ、どんな場面でも、

「意図的にメニュー名を長くするメリット」

は、ありません。

短く、簡潔に伝わるものがベストと言えるでしょう。

 

 

(ポイント2)価格設定

メニューづくりに付いてまわる悩みと言えば、「価格設定」でしょう。

基本は、「原価と手間」の問題。

目標売上からの逆算し、10分単価から考えればOKです。

 

こんな事を言うと、根も葉もないですが・・・。

価格設定には、絶対の正解はありません。

究極的には、

価格<価値

と、感じて頂けるなら、OKです。

ただし、「集客」という意味では、「来店前から」この価値を感じてもらう必要があります。

 

田村

この、

「来店前から感じてもらう価値」

に関しては、この記事に必ず目を通しておきましょう!!

「もう集客に悩まない!小さなサロンの必勝法は「3つの価値」を磨くべし!」

ここをハズすと、集客は失敗します。

 

 

 

 

競合リサーチ

「価格設定に絶対の正解はない」

とはいえ、競合リサーチは行なっておきましょう!

同エリア同業で、似たメニュー展開の価格を、調べておくのです。

(地名)+(業種)

で検索すれば、出てきます。また、地域の情報誌やクーポン誌なども、チェックしておきましょう。

 

他店より、強気の価格設定をする場合、「違い」を見せる必要があります。

 

サロン子

あなたの店、ヨソより高いわよね。

その根拠はナニ?

何が、そんなにいいの?

その価値が、本当にあるの??

 

と、ここまで辛口ではないにしても・・・。

お客さまとは、そういう存在です。

あなただって、買う立場の時はそいうでしょう??(笑)

 

田村

ヨソとの違いが「客観的に」「素人目で」分からない場合、

お客は安いサロンに流れます。

「周りは安いサロンが多くて・・・」
「このあたりの客層は、安いサロンにしか行かない」

なんて声が聞こえますが、

「違いを伝えないサロンに責任がある」

と、僕は感じています。

あなただって、

「全く同じ商品」

なら、少しでも安い店を探しませんか?

 

 

(ポイント3)写真を使う

掲載する媒体によって、スペースの都合などもありますが、基本的には、

「施術のイメージ写真」

を添えると、グッとメニューの良さが伝わる場合が、よくあります。

オススメは、

(施術のイメージ写真)+(メニュー名)+(説明文)+(価格)

というセット表記。

 

 

こういう写真1枚が「ある・ない」で、随分とイメージが違うものです。

特に、視覚的な感覚が強い方には、より効果的と言えます。

 

 

 

「メニューづくり」は「お店づくり」

今日は、

「エステサロンの売れるメニューづくり」

というテーマでお伝えしてきました。

・メニュー名
・価格設定
・写真

特に、メニュー名や価格設定で悩んでおられる方、多いのではないでしょうか?

しかしメニューづくりには、「悩みに悩み抜く価値」があります。

サロンづくりと同じように、真剣に取り組んでください。

 

今回、お伝えしたポイントをしっかり守れば、

「売れないメニューづくり」

には、決してならないハズ。

ぜひ、あなたのサロンでも、メニューの見直しをはかって下さいね!!

最後に。

メニューづくりは「キャッチコピーづくり」に通じるところがあります。

「サロン集客が2倍になる!キャッチコピー作り8つのポイント」

も、あわせて読んでおくと、今後のメニューづくりに役立つハズ。

それでは、今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!!

 

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアントサロンの中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。