売れる!サロンメニューの作り方|4つのポイント

サロンのメニュー作り。ここを見直すだけで、売上って変化します。基本をおさえて、お客様に選ばれるメニューづくりをしていきましょう。

ポイントは4つ

サロンのメニュー作りにおいて、基本ポイントは4つ。

  • 上位メニューを作れないか?
  • コースメニューを作れないか?
  • オプションメニューを作れないか?
  • メニュー名でメリットは伝わるか?

基本は、この4点。1つ1つご紹介していきますね。

 

 

上位のメニューを作れないか?

たとえば今のメニューが、

  • カット 4000円
  • カラー 5000円
  • パーマ 6000円

の3つだったとします。シンプルで分かりやすいですが、このままだとモッタイナイ。

  • ベーシックカット 4000円
  • シャンプー付き  5000円
  • ヘアエステ付き  6000円

という感じで、今のメニューに上位プランを作る。これだけで、単価は上がります。

美容室なら、多くのサロンはこうなっています。でも、他の業種を見ると、まだまだモッタイナイ店も多いです。

 

関連記事|サロンの超カンタン「単価アップ」|メニュー作りのキホンをお伝えします。

 

 

コースメニューを作れないか?

上記の例でいいますと、

  • カット+カラーコース
  • カット+パーマコース
  • カット+カラー+パーマコース

といった感じ。ちょうど、飲食店にもよくあるパターンです。単品でもオーダーできるけど、コースもある。

これを準備しておくだけで、単品のメニューに変化がなくても、バリエーションが増えます。

 

 

オプションメニューを作れないか?

これも、ここまでの例でいえば、

  • プラス1000円でトリートメント
  • プラス3000円でヘッドスパ
  • プラス800円で、クイックマッサージ

といった感じですね。予定していたメニューに、

「こちらもご一緒にいかがですか?」

という形です。スーパーのレジ前に、ガムなどが並んでいるのと同じですね。

 

 

メニュー名で「メリット」は伝わるか?

ココ、すごく大切なのですが、意外と多くのサロンができてません。つまり、

  • カット 4000円
  • カラー 5000円
  • パーマ 6000円

のような表記なのですね。仮に、近所に上記より1000円安いサロンがあった場合。しかも、店内の雰囲気や立地も同じなら・・・お客様は、安い方を選びます。

なぜなら、違いが分からないから。違いを感じない時、人は価格でお得な方を選びますよね? 例えばカットの名前が、

「小顔になれるカット」

なら、どうでしょう? ちょっとした違いですが、「違い」が生まれます。

 

さらに大事なのは、

「お客様は、自分のメリットにしか興味がない。」

という事実です。例えば、

「よもぎ蒸し 40分 5000円」

というメニューがあっても、よもぎ蒸しを知らない人は、興味ありません。自分がどうなるか?イメージできないからです。これが、

「座ってるだけでウエスト−5センチ よもぎ蒸し 40分 5000円」

だったら、どうでしょう。分かりやすく極端な表現にしましたが、ウエストを絞りたい人は興味を持ちます。

 

 

究極的には「60分6000円」ではないメニューを。

ここで、いつも思うことがあります。僕は美容師出身で、美容室の経営をしていましたので感じるのですが、

「60分6000円」

みたいなメニューづくり、エステやリラクゼーション、整体でも一般的です。逆に、美容室やネイルサロンには、こういうメニューは少ない。

「●●分●●円」みたいな、時間縛りのあるメニューって、極力減らした方がいいです。

もちろん、その業界にいる方達は、

「そうは言っても田村さん・・・」

と言うでしょう。しかし、世の中を探せばそういうサロンも存在します。リサーチが足りないのです。たとえば同じエステでも、時間に関係なく価格設定してるサロンもありますし、整体もありますよね?

 

リラクゼーション系の場合、売りが「癒し」しかないなら難しいですが、何らかの効果を期待できる場合は時間に縛られなくてもいいハズです。お客さまが欲しいのは、

  • 自分がより良くなる。
  • 悩みやお困りごとが解消する。
  • 今よりもキレイに美しくなる。

といった、結果なのですから。もちろん中には、「60分ゆっくりマッサージして欲しい。」というニーズもありますが、そこにばかり意識を向けると、限界点が低くなってしまいますよ。

こういった事は、リサーチすれば見えてきます。これについては、「お客さまがドンドン集まるサロンになれる|お客さま目線の入手法」でも、詳しく書いていますので、ご参考に。

 

 

まとめ

今回、ご紹介した4つのポイントは、基本中のキホンです。でも、このキホンをしっかり見なおせば、あなたのサロンは変われます。

特に、何らかの集客を考える時。その違いは明らかです。

  • 上位メニューを作れないか?
  • コースメニューを作れないか?
  • オプションメニューを作れないか?
  • メニュー名でメリットは伝わるか?

ポイントはたった4つ。

この4つの視点で、ぜひあなたのサロンメニューも見直してみて下さい。今スグに!です。^^

 

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!