サロンの超カンタン「単価アップ」|メニュー作りのキホンをお伝えします。

どの業種においても、「メニュー作り」に関するご相談は本当に多いです。メニューの構成が悪いと直接、客単価に影響します。今回はメニューを作る時の基本となる「松竹梅」について。コレを知らないだけで、ホントに損していますよ。^^;

超カンタンな単価アップ法

単価アップの方法はいくつかありますが、今回は「松竹梅のメニュー作り」について。もしコレが出来ていない場合、今すぐ取り入れましょう。

なぜなら、「ほぼ間違いなく単価アップ」できるから。

しかもカンタンなので、今スグあなたも取り入れることが出来ます。

「すでにメニューは豊富に揃ってるよー。」

という方も、今回の記事はチェックしておきましょう。「意外な落とし穴」もメニュー作りには存在しますからね。

 

松竹梅は、こう作る。

それでは早速ですが、一緒に「松竹梅」のメニュー作りをしていきましょう。今回は例題として、「フェイシャルエステサロン」を想定します。

現在のフェイシャルメニューが、

「フェイシャルエステ 6000円」

の1つしかない場合、この上に高いメニューを2つ設定します。

  • Aコース 12000円
  • Bコース  8000円
  • Cコース  6000円

といった感じですね。これで出来上がりです。カンタンでしょう?

このように「松竹梅」で3つのコースを作ると、真ん中のBコースがよく売れます。現在のメニューが、「フェイシャル 6000円」一択なら、上位コースを2つ作るだけで、間違いなく単価アップします。

 

価格バランスは?

ちなみに、この時の価格バランスは

6:4:3

が、効果的と言われています。先ほどの例も、このバランスで価格を作っているのですね。

ここはあくまで一般論なので、そこまで縛られる必要はないですが、参考にしてみてください。

ただし、「松竹梅」そのものは、今日からでも作ることをオススメします。

 

メニューの内容はどうする?

ここでよく出てくる質問が、

「それぞれメニューの内容は、どうすればいいのか?」

というものです。1番単純なのは、「時間で分ける」。リラクゼーション系のサロンによく見られるパターンですね。

  • Aコース 120分 12000円
  • Bコース  80分  8000円
  • Cコース  60分  6000円

のような考え方。これを適用してもいいのですが、出来るなら「時間以外の違い」でコースを分けることをオススメします。

オプションメニューをコースに組み込めないか?他の商材や機材を使用して、付加価値を高めることはできないか?と考えてほしいのです。(3つまでのコースならどの業種でもこれは可能なハズ。)

 

なぜなら、上記のような「時間を軸」にしたメニュー展開は、「結局、時間の切り売り」になるからです。

確かに客単価は上がりますが、「時間単価」は上がりません。時間単価とは、ようはあなたの「時給」のことです。

 

単価アップで目指すのは「時給アップ」?

ここは重要なので、少し脱線しますがお伝えしておきますね。客単価のアップを考える時、多くの方が、

「平均単価が上がればいいよね。」

と考えています。確かに平均単価は低いよりも高い方がいい。しかし、「時間あたりの単価」も同時に意識しておかないと、

「単価は上がったけど、月の売上は変わってないし、ラクにもなってない。」

という状況に陥ります。特に「●●分 ●千円」という形のメニューを中心にしているサロンほど、ここには注意すべきです。

「●●分 ●千円」というメニューをやめろという話ではありません。ただ、そこに慣れてしまうのではなく、

「時給アップするには?」

と考える方が得策なのですね。「時給」と言えば、パートやアルバイトをイメージしがちですが、サロンに限らず会社員だって、

「結局、時給換算するといくらなのか?」

と考えることは、本当に重要ではないかと考えています。あなたの時給は、いくらですか?

 

上位メニューほど「お得」に?

「高い方がお得感のあるコースに作っておく」

これは松竹梅の基本です。先ほどの例で言えば、

  • Aコース 120分 12000円
  • Bコース  80分  8000円
  • Cコース  60分  6000円

というのはダメな例。全て10分あたり1000円となっていて、Aコースを頼もうが、Cコースを2回頼もうが同じ価格なのです。

分かりやすくするために、このまま時間配分で分けると、

  • Aコース 120分 12000円
  • Bコース  60分  8000円
  • Cコース  40分  6000円

のように作るといいですね。この場合、

  • Aコース 120分 12000円 = 10分あたり1000円
  • Bコース  60分  8000円 = 10分あたり1333円
  • Cコース  40分  6000円 = 10分あたり1500円

となっており、上位コースほどお得になっています。

メニュー内容で付加価値をつける場合も、このように作るのがオススメです。

 

「見せ方の工夫」は必須

ここで注意点があります。「見せ方」を十分工夫することです。先ほどは分かりやすくするために

  • Aコース
  • Bコース
  • Cコース

と表記しましたが、「このまま」では上手く機能しません。時間で別れている場合はある意味分かりやすいですが、「A,B,C」といった表記では、

「何が違うのか?」

伝わらないからです。

コースのネーミングで、「違いを簡潔に表記」してください。

なるべく短い言葉で伝わることが重要なので、ネーミングそのものは出来る限り短めに。必要があれば、少し補足の説明文を加えるとよいでしょう。

 

意外な落とし穴|コースが多すぎる?

ここで、最後の注意点。「松竹梅でメニューを作る」これはつまり、「3つのコースを用意する」ということです。

そして、3つ以上増やしてはいけません。

人間って不思議なもので、選択肢が3つ以上になると「考えるのがイヤに」なってくるのです。

サロンで扱うメニューそのものは、3つ以上あっても構いません。例えばエステサロンで、

  • フェイシャル
  • 痩身
  • 脱毛
  • ボディ

他にもメニューがあってもOK。今回のように松竹梅を作る場合、上記のそれぞれに3つのコースを作ればいいのですね。

ただし、「フェイシャルのコースが5つある」みたいなのは避けてください。あくまでここは、3つまでです。

 

集客の時は「見せすぎない」が重要?

ちなみに集客の時。例えばチラシを作るとしましょう。この時、「アレもコレも」と考えないことです。先ほどの例で言えば、

  • フェイシャル
  • 痩身
  • 脱毛
  • ボディ

それぞれにコースを3つ用意。その上で、チラシにメインで掲載するのは、1つにしましょう。

例えばフェイシャルをメインにするなら、フェイシャルのコース3つを中心に見せて、フェイシャルのキャンペーンを行う。その他に、

  • 痩身
  • 脱毛
  • ボディ

が存在することは見せてもいいですが、あくまでオマケ的なポジションにしておきましょう。

全てがメインのように掲載すると、結局全てがボヤけてしまう。結果的に、反応率は落ちてしまいますからね。

 

超カンタン!でも威力は絶大!

今回ご紹介した「松竹梅」は昔からあらゆる所で使われ、今も様々な場面で活用されています。少し注意していれば、たくさんの「松竹梅」を日常で目にするハズです。

ポイントをおさらいしておくと、

 

  • 松竹梅3つのコースを作る。
  • 価格バランスは6:4:3が基本。
  • できれば時間「以外」の違いでコースを分ける。
  • 上位メニューほど「お得」に作る。
  • ネーミングで「違い」を伝える。
  • コースを3つ以上にしない。

 

上記6つのポイントに気をつけておけば大丈夫です。松竹梅はカンタンに作ることができますし、その効果は本当に大きいものです。

ぜひ、あなたのサロンでも取り入れてみてくださいね。

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!