1人美容室の開業資金はいくら?日本一わかりやすく解説するよ!!

こんにちは!個人サロン経営アドバイザー、田村聡です。美容師さんが独立を考えた時、まず気になるのは「開業資金」ではないでしょうか??

少なくとも、僕はそうでした。^^; いろんな人に話を聞いても、答えは様々・・・。そこで今回は、実際に美容室開業も経験してきた僕が、赤裸々に。

「正味、いくらあれば開業できるの??」

という【独自視点】で、わかりやすく解説していきます。

この記事を読み終わる頃には、あなたも「これくらい用意すればいいんだ」という目安が、見えてくるハズです。

 

1人美容室の開業資金はいくら??

サロン子

結局、いくらかかるの??

 

田村

ざっくり結論から言えば、

「300万〜500万」

が、1つの目安になるかと思います。

 

1人美容室といえど、開業資金については「いろんな意見・情報」があります。これは、

・運転資金の必要性の有無
・出店エリアによる物件取得費の差。
・改装費用のていどの差。
・設備(シャンプー台・チェアなど)の違い。
・販促物(カード類やチラシ、ホームページなど)をどこまで用意するのか?どこまで外注するか?

といった部分に、かなり違いがある為ですね。

それぞれ、詳しく見ていきましょう!

 

 

運転資金が必要かどうか?

運転資金って、そもそも必要??

 

必須ではないですが、「あれば精神的にラク」ですね。

基本的には、用意する方がオススメです。

 

美容室に限った話ではありませんが、ビジネスは資金が尽きれば、そこで終わってしまいます。

1人美容室はランニングコストが低い分、この点は少しラク。それでも、

「3ヶ月(できれば6ヶ月)利益ナシでも大丈夫」

というくらいの、資金の余裕は欲しいですね。

万一、赤字が出るようなら、その補填も必要になりますから。^^;

 

仮にあなたが生活していくのに、「毎月15万円必要」という場合は、最低でもその3ヶ月分。できれば6ヶ月分用意できるとベターです。

 

アンタは用意してたの??

 

実は僕、借入しなかったので、開業に貯金全てを突っ込んでしまって・・・。

ほぼ「運転資金0」でスタートしました。(笑)

ただ、既存顧客のおかげで、

「最低、これくらいは初月から売上があるだろう。」

という予測は立っていたので。そこは大きかったと思います。

 

既存顧客の来店が見込めない場合は、さらに運転資金に余裕を持たせた方が無難です。

一般的には、運転資金って、

「ランニングコスト合計の6ヶ月分は必須」

と言われています。

(ランニングコスト=必要経費すべて)

 

個人的には、そこまで必要ではないと感じていますが。

「完全にゼロからのスタート」

という場合、実質これくらいの運転資金があると、かなり気持ちの面でもラクですね。^^

 

 

出店エリアによる違い|物件取得費の差


出店エリアによって違うの??

 

極端な話、地方と都心の一等地では、文字どおり「一桁違う」なんてことが起こります。^^;

 

たとえば同じ東京都内でも、エリアや駅からの距離で、ずいぶん家賃が違ってきますよね??

物件取得費(保証金や礼金など)は、住居物件と同じで、「家賃に比例して高く」なります。

 

また、家賃は同じでも、物件によって大きく違いがあることも。

たとえば、家賃10万円の物件。

・物件A 敷金2ヶ月 礼金1ヶ月 仲介手数料1ヶ月 家賃1ヶ月分(前払い)=50万円

・物件B 保証金6ヶ月 礼金1ヶ月 仲介手数料1ヶ月 家賃2ヶ月分(前払い)=100万円

みたいな事も、珍しくないのです。

 

モチロンもっと安い場合もありますが、あくまで物件次第。

まずは出店希望エリアの不動産屋さんに、直接出向いてみるといいですね。(←ココ大事。)

 

 

改装費用の差

 

改装って、やっぱ必要??

 

こちらも必須とは言えませんが、必要な場合がほとんどです。

 

新しくキレイな物件であれば、

「水道工事だけで営業できる」

という場合も、中にはあります。でも多くの場合、何かと改装は必要ですね。

主な部分でいえば、

・床、壁紙
・電気工事(照明など含む)
・看板設置
・外装工事
・水道工事

といったコストがかかってきます。

それぞれ、少し詳しく見ていきましょう。

 

床・壁紙

特に「壁紙」は、安いコストでイメージを変えることができるので、オススメです。

10坪ていどのサロンであれば、10万円程、みておけば大丈夫でしょう。

壁紙は材質によって値段が分かれているので、予算とイメージに合わせて選ぶといいですね。

床材に関しては、若干高め。15万〜20万ていどみておくといいです。

こちらも材質によって、価格が大きく違ってきます。

 

壁紙・床材ともに、材質によって価格が2倍〜3倍ほど違ってきます。

 

 

電気工事

特に美容室の場合、コンセントの設置が必要になる場合が多いですね。

他にも、天井照明の設置などがあります。

照明器具そのものは、さほど高価ではありません。(LEDは少し値がはりますが。^^;)

こちらは照明なども全て変更したとして、器具込で10万〜20万円ほどみておけば大丈夫でしょう。

 

屋外設置の照明は、少し高くなります。(1つ数万など)また、エアコン設置が必要な場合、業務用のエアコンは天井埋込み型だと40万ほどはします。

 


エアコンって、すでに備え付けがあったりもするよね。

 

おっしゃる通り、テナントならすでにある場合も多いですね。

ただ、前の家主が残していった物の場合がほとんどです。

故障した場合、高くつくことも多いので、そういった点は見越しておくといいですね。

「エアコン故障」

は、夏場など営業できなくなるので。^^;

 

看板

看板そのものの制作費が、ざっくり10万〜20万ほど。

モチロン、もっと高い看板はいくらでもありますが。^^;

目安として、この辺りと覚えておきましょう。

設置の難易度が高かったり、大きな看板になると、当然ながらそれ以上のコストがかかってきます。

上記はあくまで一般的な価格です。

 

外装工事

外装工事は、「塗装だけ」といったカンタンなモノなら、10万ほど。

ただしパーテーションなど造作をすれば、スグに2、30万の追加となります。

僕の場合、

「最低限でいいか。」

で、済ませましたが・・・。^^;

人通りが多いような物件なら、外装も「来店キッカケ」の1つ。

やはり、目を引くようなモノに出来れば、理想的ではありますね。

 

水道工事

これは、美容室にとっては避けて通れません。

居抜きでない限り、シャンプー台設置のために必要となります。

コレ、けっこう「クセモノ」で、

「給湯設備からシャンプー台までの距離」に比例して、工費が高くなる・・・。

とはいえ、10坪ほどのサロンであれば、さほど広さもないので。

おおよそ20万〜30万ほど

といったところでしょう。

 

余談ですが、給湯器からシャンプー台への距離が伸びるほど、

「お湯が出るまでにかかる時間」

が、長くなってしまいます。

 

 

改装費用のまとめ

ざっくり10坪サロンで、下記のようになります。

15万〜20万
壁紙 10万〜20万
電気工事(器具含) 10万〜20万
看板設置 10万〜20万
外装工事 10万〜
水道工事 20万〜30万

 

選ぶ材質や物件の現状、そして何より、

「あなたの希望をどこまで叶えるか?」

といった部分も大きいですが、

「おおよそ70万円〜100万円」

となります。

 

上記は、「構造の変更などがない」ことが前提です。

壁をこわしたり、天井を抜いたり。

また、壁の新設やドアの新設は見込んでいません。

ちなみに、こういう「構造変更」を行うと、上記の2倍ほどは予算が必要となるでしょう。

 

 

 

設備費の違い

設備にも、かなり個人差が出てくるかと思います。1つ1つ見ていきましょう!

 

シャンプー台

美容室の「設備」といえば、シャンプー台が代表的。

高いものは100万を超える一方、20万以下で買えるような物もあります。

予算とあなたの希望との兼ね合いになりますね。^^;

 

シャンプー台は、開業後に「買い替え」となるとタイヘンです。

ある程度、慎重に選びたいところですね。

 

 

ミスト、ウォーマー、パーマ機材

ここもかなり個人差がありますが、こういった「美容機材」は1つ最低10万〜ですよね。

モチロン、必要なものはしっかり準備しておきたいところです。

 

 

ボイラー(給湯器)の有無

シャンプー台と共に考えるべきは、ボイラー(給湯器)です。

美容室用の専用ボイラーなんかは、けっこう高額ですからね。

ただ、1人サロンで開業する場合、普通の家庭で使う「給湯器」で十分です。

もし、シャンプー台を2台設置する場合は、一般の給湯器ですと、

「片方でお湯を出すと、もう片方の温度が急に下がる」

といったことが起こります。

 

とはいえ、2台なら普通の給湯器で対応してるサロンがほとんどですね。

 

 

 

その他、家具・什器

「その他」と書きましたが、ここもバカにはできない部分。

たとえば最低限で考えても、

・カット用ドレッサー(もしくは壁がけの鏡)
・施術用のチェア
・待合のイス、テーブル
・物販棚

などなど。いろいろと必要になってきます。

 

1人サロンなのでさほど数は必要ないですが、ざっくり30万ほど は、予算として考えておくといいですね。

 

販促物に必要な費用


販促物ってナニがあるの??

 

けっこう色々ありますよー。(笑)

 

意外とココ、考えてない方も多いですが。販促物ってけっこう予算がかかります。

ざっくり挙げると、

 

・ホームページ作成
・チラシ
・リーフレット
・名刺、メンバーズカード等

 

といったところ。この辺りは、

「どこまで外注するか?」

で、かなり予算が変わってきます。

たとえばホームページ。普通に外注すると、20万〜30万くらい。でも自作できるなら、0円でも不可能ではありません。

 

とはいえ、開業前の時間は貴重ですので。

「そこそこ自分でやる」

と考えても、

30万ほど

は、用意しておくといいでしょう。

 

なお販促物については、

サロン開業に必要な販促物の準備とは?ハズしてはいけない3つのアイテム

で、詳しくお伝えしています。

 

 

広告費

まぁ、広告はね。おいおいで・・・。

 

と考える人も多いですが、

「新規オープン時期は、かなり集客しやすい時期」

でもあります。集客をかけるなら、この時期が費用対効果は高めです。

 

ココも、

「何をどのていどやるか?」

によって大きく違いが出てきますが。

30万ほど

は、1つの目安としてあると、ラクですね。^^

 

広告費に関しては、

美容室の集客に強い「広告」は、結局ナニを選べばいいのか?

で、さらに詳しくお話しています。

 

材料・その他

新規オープンですから、美容材料や商材も、ある程度は初期に仕入れておく必要があります。また、

・クロス類
・ロッド、カラーカップなど
・タオル

など。他にも細々と必要なものがありますね。物販商品なども含めると、おおよそ20万〜30万ほどは、みておくといいです。

 

「居抜き物件」って得なの??

ちょっと余談になりますが・・・。

 

ワタシ、居抜き物件で探すの!!

 

特に美容室において、そう考える方が多いように感じます。

結論から言いますと、

「居抜き物件にたいしたメリットは、ありません。」

たしかに、「そのまま営業できるような店舗」であれば、改装費などは格段におさえることも可能。

でも、「前のお店のイメージ」のままで、いいですか??^^;

あと、水回りなども「何年も使われた状態のモノ」ですので、どこにトラブルが起こるか?わかりません。

 

「設備もまるごと込で、300万でどう??」

みたいな話もよくありますが、

「だったら、居抜きの旨味なんて0じゃない??」

って、思ってしまいます。(笑)

 

 

早めに業者見積を

美容室の開業には、美容ディーラーはもちろん、不動産屋や工務店など。様々な業者さんが関係してきます。


予定とゼンゼン違う!!

 

といった事態を避けるために、とにかく「見積は早めに」とるようにしましょう。

 

特に改装費なんかは、「目安」はあれど、

「あなたが実現したい店のイメージ」

に、大きく左右されますからね。

 

 

まとめ|1人美容室の開業資金はいくら?

今回は、1人美容室の開業資金について。

10坪前後の店舗を前提として、お話してきました。ここまでの話を総合すると、

開業資金は300万〜500万

となります。

まぁ、1人サロンでも1千万以上の資金を使う場合もありますし、実際にそれくらいの借入をするオーナーは少なくありません。^^;

サロンは自分の「城」。

理想のサロンを創るのも、大切な事ですし。それ自体は何も悪くありません。

 

ただ、これだけは言っておきます。

はじめての開業に、お金をかけすぎない方が賢明です。

「何でも最低コストで・・・」

というのも問題アリですが、その真逆もちょっと・・・。^^;

総合するとやはり、

「300万〜500万以内」

この辺りに収めるのが、オススメですね。実際僕も、400万弱くらいで開業したと記憶しています。(延床面積20坪・サロン面積15坪)

 

それなりの覚悟はモチロン必要ですが、

「これで失敗したら死ぬ」

みたいなチャレンジは、個人的にオススメしません。

ただ、僕はそっちよりで歩んできたので、そこは何とも言い難いところですが。(笑)

この記事が、

「これから美容室を開業したい!」

というあなたにとって、少しでも役立てば嬉しく思います。^^

 

 

【無料セミナー】1日5分で学べる!月商100万サロンのつくり方

1日5分。10日間に分けて、「個人サロンが月商100万円をつくるコツ」を、お伝えします。

あのサロンは、なぜ人気店なのか?あなたは今、何に取り組むべきなのか?

何より、「あなたが何をどう改善すれば、売上が上がるのか?」この無料セミナーを通して、確実に見えてくるハズです。