小さなサロンを開業したい!失敗しない「テナント探し」のステップと重要ポイント

こんにちは!個人サロン経営アドバイザー、田村聡です。「サロンを開業したい!」と考えた時、「テナント探し」は、誰もが悩むポイントですよね?

そこで今回は、「小さなサロンを開業したい!」という方のために、

「テナント探し」

にフォーカスして、そのステップや重要ポイントをまとめました。

この記事を読み終えるころには、あなたも早速、「テナント探し」をスタートできるハズです。^^

 

田村

僕の独断と偏見(笑)そして何より経験を交えて、お伝えしていきますね。

田村聡って、こんな人

 

小さなサロンのテナントは、どう探す??

 

サロン子

どこから始めりゃいいか、わかんない・・・。

 

田村

ご安心ください。テナント探しには、決まった「ステップと重要ポイント」があります。

これらを押さえておけば、少なくとも大きな失敗はないハズです。

 

 

ステップ1|オープン日の決定

 

まずはザックリで構いません。オープン日を決めてしまいしょう!

 


まだ、そこまで決まってないんだけど・・・

 

お気持ちは分かります。

 

実際、そういった段階の方も多いかと。^^;

ただ、オープン日が「全く未定」という場合、不動産屋さんも親身になってくれません。(笑)

本当に「まぁ、2,3年以内に」なんて場合は仕方ないですが、

「今年中に」

みたいな場合。

まずはざっくりでいいので、オープン時期を決めておきましょう!

 

じゃないと、大半の不動産屋さんは真剣になってくれません。マジです。(笑)

 

 

ステップ2|物件の「譲れない条件」の決定

 

次に、テナント物件における「譲れない条件」を決定しておきましょう!

テナント探しも、住居物件を探すのと同じ。はじめに「条件」を決めておかないと、判断基準がブレます。ブレまくって悩みます。(笑)

結果、


なんか、いろいろ見たけど決めらんない・・・。

 

 

といった事態に。^^;

たとえば、

・家賃の上限
・必要な面積
・水まわりの現状
・エリアそのもの
・給湯設置の可、不可
・駅からの距離
・1階orその他

など。他にも、個人のこだわりで、色々あるかと思います。

こういった中で、「必須条件」というのは先に決めて、書き出しておきましょうね。

 

基本的には家賃を出せば出すほど、理想的な物件に近づきます。(笑)

そういった意味でも、

「家賃の上限は事前に決めておく」

というのも、大事なポイントですね。

 

 

ステップ3|エリアの決定&リサーチ

 

これは(ステップ2)にも内包されるものですが。やはりおおまかに、エリアは先に決めておく方がベターです。

さすがに、

「都内ならどこでもOK」

という方はいないでしょうが、地方でも「●●町or●●町」もしくは、「●●市内」といったように、あらかじめ「出店エリア」は絞っておくべきです。

 


でもさ、そもそも「どこに出せばいいか?」が、ピンとこないんだけど・・・。

 

そういった場合は、「人口推移」を検索してみるのも1つの手ですね。

「地名+人口推移」

で、平均年齢や人工の推移も出てきます。

また、

「地名+業種名(あなたの業種|例:エステ)」

と検索すれば、あるていど同業がどれくらいいるのか?ざっくりですが調べることもできますね。

このあたりは、ホットペッパービューティーなどを使ってリサーチするのもいいです。

実際に、候補地を歩いてみたりするのも、オススメですね。

 

ちなみに、「リサーチ」って、超重要です。

リサーチなんて、やったことない!!

 

って方は、

サロン開業「その前に!」必ずやるべき「競合リサーチ」の手順

を、チェックしておきましょう!^^

 

ステップ4|不動産情報サイトをチェック

 

次の段階です。不動産屋に出向く前に、不動産情報サイトはチェックしておきましょう!

その中に「いい物件」がある可能性もありますし、何より、

「出店希望エリアの家賃相場」

というのが、あるていど見えてきます。(←ココ大事)

 

「地名+賃貸テナント」

や、

「駅名+テナント」

といったキーワードでヒットするハズです。^^

 

 

ステップ5|不動産屋に出向く

 

ここまできたら、実際に不動産屋に出向きましょう!情報サイトを見て、

「ココ、よさそうだな。」

といった物件を扱っている会社でOKです。実際に行くと、

「ネットには出てない情報」

というのもあります。(特に、●ヶ月先に空く予定の物件など)

 

さらに、こちらの希望を伝えておけば、

「新しい物件情報があれば、お知らせしますよ。」

という対応をしてくれる会社もあるハズです。

 

気になる物件があれば、どんどん内覧をお願いしていきましょう。

特に不動産屋自体は、1つに絞る必要もありませんからね。^^

ただし、注意点もあります。

不動産屋さんは、多くの場合「家主さんと繋がっている存在」です。

時間や約束を守らないなど、ルーズな対応をしないように。^^;

また、良い不動産屋さんに出会って、物件契約が成立した場合は、その後もお付き合いが続きます。

ここで良い関係性を保っておくと、その後に、

「移転したい」

とか、

「2店舗目を」

なんてなった時、優先的に良い情報をもらえる場合がありますからね。

 

 

ステップ6|物件の決定→賃貸契約

 

おそらく、ここまでのステップ通りに進めても・・・。

実際に「テナント物件の決定」をするまでに、アナタは悩みに悩むでしょう。^^;

でも、それが普通ですし、みんなが通る道。

そして水を差すようで申し訳ないんですが・・・。

「理想どおり、100点満点の物件」って、そもそも存在しません。(笑)

 

【注意】物件契約の前に

ちなみに注意点を。

改装を行う場合、物件の契約前に、一度業者に見てもらっておきましょう!

あなたの「こうしたい」が、場合によっては「構造上ムリ」ということもあります。

また、特に水道工事などが必要な業種は、その工事そのものが出来るかどうか?事前チェックは必須です。

 

【注意2】契約書はよく読もう!

賃貸契約書というのは基本的に、

「家主の利益を守るように」

できています。それ自体は仕方ありませんが、契約書は熟読しておきましょう。分からないところは、不動産屋に質問。

また、事前の話と相違があるような場合は、契約書の修正や書き足しをお願いしてください。

 

「口約束」は絶対にダメ!!

僕は契約時に、

「退去の時は運び出せるモノだけ出してくれたら、あとは現状でいいから」

と不動産屋に言われましたが、実際退去の際には、

「水道設備(シャンプー台設置に必要だった部分)の撤去」

を言い渡されました。^^;

 

 

独立前の店舗との距離

 

余談になりますが・・・。

ぶっちゃけ、ある程度の売上を上げていたスタイリストなら、「独立前に勤めていた店舗」から、近いほど有利です。

実際、わりと近場で出店した人のサロンは、開業直後から流行っていたります。

ただし、ここは元オーナーとの話し合いなども関係してくるので・・・。

個人的には、

「飛ぶ鳥跡を濁さず」

で、済ませる方がオススメですね。^^;

 

まとめ|小さなサロンのテナント探し

 

ここまで、小さなサロンのテナント探しについて、僕の独断と偏見と経験をふまえながら、お伝えしてきました。(笑)

軽くおさらいすると、

(1)オープン日の決定
(2)物件の譲れない条件の決定
(3)エリアの決定&リサーチ
(4)不動産情報サイトのチェック
(5)不動産屋に出向く
(6)物件の決定→契約

という流れになります。

特に(5)から(6)に至るまでは、かなり手間や時間もかかるかと思いますが。

物件決定に関してだけは、

「あるていどの妥協点」

も持ちつつ、決定してください。繰り返しになりますが、

あなたにとって100点満点の物件はキホン、ありません。あったとしたら、家賃が高いですから。(笑)

 

家賃と立地ってさ、どっちが優先???????

 

家賃のていどにもよりますが、僕はキホン、立地優先で考えてます。

立地が良いってことは、後々、

「集客がラク」=「同じコストをかけても費用対効果が高い」

ってことなので。

結局、立地を優先しますね。

経験上、その方が商売がラクですから。^^

 

 

ビジネスのヒントや公式ブログの更新情報を配信中〜

友だち追加

【無料セミナー】1日5分で学べる!月商100万サロンのつくり方

1日5分。10日間に分けて、「個人サロンが月商100万円をつくるコツ」を、お伝えします。

あのサロンは、なぜ人気店なのか?あなたは今、何に取り組むべきなのか?

何より、「あなたが何をどう改善すれば、売上が上がるのか?」この無料セミナーを通して、確実に見えてくるハズです。