サロンの客単価を上げるには?3ヶ月で実現する具体的な対策

こんにちは!田村です。個人サロンにとって、客単価は生命線の1つ。

「モチロン、高い方がいいのは分かってるけど・・・」

と、具体策に悩んでいる方はホントに多いです。今回は、

3ヶ月で客単アップを実現する。

をテーマに、具体的な対策についてお話していきます。

コレを徹底するだけで、あなたの単価も変化するはずです。

 

実践1|まずは、自サロンの客単価を知る

個人サロンだと、そもそも客単価を把握していない場合も多いようです。

技術売上 ÷ 客数 = 客単価

という単純な計算ですから、さほど手間はかかりません。月次でいいので、毎月出しておきましょう。

しばらく続ければ、

「この時期に単価が落ちやすい。」

「この時期は単価が上がりやすい。」

といった、あなたのサロンの傾向も見えてくるハズです。

傾向を知らなければ、対策もできません。

これってホントに大切なポイントです。

田村

毎月の

・総客数
・新規客数
・客単価

は、必ず計算しておきましょう!

 

実践2|上位メニューを作る

客単価を把握したうえで、最初に行うべきは、

今よりも上位メニューをつくる

ということ。たとえば現状、

  • フェイシャル40分 6000円
  • フェイシャル60分 8000円

というメニューがあるのなら、

「フェイシャル90分 10000円」

という上位メニューを作る。

 

モチロン、実際はここまで単調なつくり方でなくてもオッケーです。

「○○分」

という、時間にしばられないメニューにするのもいいですね。

今よりも上位のメニューを見せることで、

  • 真ん中の価格帯が売れやすくなる。
  • 最上位メニューも、一定数売れていく。

ということが起こります。

田村

キホン的にメニューは、「松竹梅」で作りましょう。真ん中の「竹」が最も売れやすいので、ココを基準に考えるといいですね。

 

 

コースメニューをつくる

すべてのメニューが単品で構成されているなら、コースメニューも作りましょう。

セットメニューと言ってもいいですね。

組み合わせることで、少しだけお得にしてみたりするのもいいです。たとえば今まで、

  • カット 5000円
  • カラー 7000円
  • トリートメント 3000円

という売り方をしているなら、

「カット・カラーコース 14000円(クイックトリートメント付き)」

みたいなコースを作ります。注意点としては、

「組み合わせてバランスがおかしくならないメニューで、コースを作ること。」

ですね。不自然なセットメニューは、どのみち売れませんから。^^;

 

 

オプションメニューをつくる

これも王道ですが、オプションメニューは用意しておきましょう。

たとえば今、ボディトリートメントのメニューがあるなら、

「オプションで、○○パックもできます。全身がウットリするような手触りになりますよ。」

という売り方ですね。

これの注意点としては、

どのタイミングで声がけするのがベストか?

を、見極めていくこと。

これはサロンごとに違うと思うので、あなたなりのベストを探して探してみましょう。

田村

「このタイミングで、こういう声がけをすれば売れる!」

という、ある意味「テッパンパターン」を見つけましょう。売れてるサロンには、必ずコレがあります。

また、このパターンがあればスタッフとも共有できますしね。

 

 

どんなメニューも「知らないと」買えない

オプションメニューもコースメニューも、多くのサロンには「すでに」あります。

(ない場合は、早急に用意しておきましょう。)

ただ、どのサロンでも「お客さまが存在をしらない。」というパターンが多いのです。

知らないモノは選べませんので、当然ながら買えません。

  • 100%の方にお知らせできているか?
  • 声がけも100%できているか?

ここは、常にチェックしておきましょう!

 

ちなみにこれは、物販においても言えることです。

物販に弱いサロンは、ココができていません。物販に関しては、

サロンの物販を伸ばす|カンタンなポイント7選

も、参考にしてみてください。

ある意味では物販の強化も、サロンの客単価アップの1つと言えます。

 

告知に便利なPOPの活用

商品だけでなく、メニューに関してもPOPは活用できます。

ポイントは、商品用のPOPと同じです。

POPの役割は【購入される】ことではなく、【質問される】こと。」

つまり、たくさんの情報をつめ込まず、

誰にオススメで、どうなるのか?

にしぼって、伝えるPOPをつくりましょう!

POPに関していえば、キャッチコピーづくりとも言えます。

サロン集客が2倍になる!キャッチコピー作り8つのポイント

を読んで、キャッチコピーについても強くなっておきましょう!

 

値上げと客単アップのちがい

そもそも、値上げすれば単価は上がります。

しかし、ここでお話した客単アップは、「値上げ」とは全く別の話。

値上げに関しては、

サロンの「失敗しない」値上げ戦略とは?

で、詳しくお話しています。

ただ、多くの場合「まずは客単アップ」から考えていくのがベターです。値上げには、どうしても「リスク」が伴います。

対して「単価アップ」って、リスクはほとんどゼロですからね。

 

まとめ|あなたのサロンの単価は、もっと上がる!

僕もサロンを経営してきた中で、ずっと客単価を上げてきました。

勤務していた時代から考えると、6年で2度の値上げを行っています。

とはいえ、僕が単価を上げてきのも、今日お話したような「シンプルなやり方」です。

 

サロンの単価アップに、トリッキーなワザは必要ありません。

もし、あなたがまだ上記の内容を徹底していないのなら、やる価値は十分にあります。

そして、その効果は3ヶ月ほどで、数字となって表れるはずです。

ぜひ、客単アップにチャレンジしてください!

 

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアントサロンの中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。