広告の必要がなくなったリラクゼーションエステの事例

「広告で集客する必要がなくなる。」

理想的なサロン経営ですよね? 今回ご紹介するクライアント様は、そんな理想の状態を実現されています。

この記事を読み終わる頃には、あなたも同じ状態を作るための「全体像」がクッキリと見えてくるでしょう。

ホットペッパーは卒業しました。

実は6月に事情があってサロンを移転させました。

攻略塾のお陰で、ホットペッパーの新規集客は、口コミなどもたくさん頂いて順調でしたが(もちろん波はありましたが)

契約期限も来ていたので、娘と色々話し合い、更新をやめる決断をしました。今は、既存のお客さまとご紹介がほとんどです。

ホットペッパーでは、たくさんのお客さまに恵まれ本当にありがたかったのですが、新規さんがドンドンいらっしゃることで、それに甘えが出て、来られなくなったお客さまなどへのフォローなどが万全に出来ませんでした。

そんなサイクルに疑問を感じ自己反省し、移転に伴いホットペッパーを卒業してしまいました(^^;

今は、かつてのお客さまへ“攻略塾”で復習をしながら、ニュースレターやメルマガなどで、再度ご連絡をとりはじめています。

もちろん田村さんオススメのお手紙も書き始めました!

駅から遠くなり完全プライベートサロンになるなど、条件は以前に比べ決して良く無いのですが、早速それぞれに反応があって嬉しいです(#^.^#)

実は、密かに攻略塾の動画なども再度見て勉強しなおしてます(笑)ブログなどもほぼ放置状態なので、きちんと作りこもうと決心しました(^^;

攻略塾も、ホットペッパーも卒業してしまったのですが、今さらながら攻略塾の内容の濃さを思い知ってます(*´艸`*)これからもお世話になります。

本当にありがとうございました。

埼玉県「ヨサパークライネ」オーナー様

 

当初は、このサロン様もホットペッパービューティーで集客を行っていました。攻略塾で運用を覚えて、順調に集客を伸ばしていたのです。

 

ホットペッパーに依存していませんか?

ホットペッパービューティーは、確かにサロン集客において今も健在です。集客しやすい広告媒体と言えるでしょう。しかし、

「掲載をやめたいけど、怖くてやめられない。」

「プランを落としたいけど、集客の減速は不安。」

などの悩みを抱えているオーナー様が多いのも事実。その原因は明快で、ホットペッパーからの卒業を前提にしていなかったからです。

 

効率よく集客し、固定客で安定させる。

ホットペッパーでの集客に異論はありません。むしろサロン集客部でも推奨しています。ただし、その前提として、

  • リピーターの確保
  • 固定客に育てる対策
  • ファン客に育てる仕組み
  • 掲載をやめるメドを立てておく。

などの対策が、必要になってきます。これら無しでは、いつまでもホットペッパーの集客力に頼ってしまい、結果的に新規を追い求めるカタチとなり、苦しい経営となってしまうのです。

リピート対策に関しては、

美容室のDM反応率を2倍にする超カンタンなコツ

サロンのリピート90%超!「単純接触効果」とは?

を、読んでおきましょう。

 

ファン客が増えれば、広告は必要なくなる。

サロンの成長時期によって、新規集客はモチロン必要です。広告なども必要でしょう。まずは、新規集客を行う。そうして集まったお客様に、何が何でもリピートして頂く。

リピーターには固定客になってもらい、ファン客へと育てていく。一旦この流れができてしまえば、今日ご紹介したサロン様のように、いずれは広告から脱却することが出来ます。

特にホットペッパービューティーなど、広告費がかさむ媒体の運用は、1年〜3年といったスパンで卒業できるのが理想です。

すでに数年間、広告を行っている場合は、まずリピーターからファン客へ育てる対策を打つ。そして、さらに新規を増加できる運用の対策を打てば、これまでよりも短期間で成長させることが出来るでしょう。

また、集客の手段としてホットペッパービューティーを活用する際は、「ホットペッパービューティーでサロン集客するポイント」が、役立つハズです。しっかりと読み込んで実践して下さい。同じプランで運用しても、その結果は大きく変わるハズです。

【無料セミナー】個人サロンが、ゼロから月商100万をつくる・7つのコツ

個人サロンが、「ゼロから月商100万をつくる」ために必要なポイントを、無料メールセミナーとして、お届けします。

実際にクライアント様の中で、月商100万円を達成しているサロンは、何をしてきたのか?

事例を交えながら、分かりやすくお伝えします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA